切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)

  • 133人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (16)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 上田秀人
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • L 表御番医師診察録1

    表御番医師が主役。この作家で医師?と思いきや元々御家人で剣も凄腕。という裏切らない設定。娶った嫁が身分違いのイイとこ出で夫婦関係がイマイチなのもこの作家的な?
    やっぱり幕府中枢が関わってきて、こちらはまたか〜という感じ。新しいシリーズでも全く一新というのは難しいのかね?設定が新しくても似てるのは残念。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    5代将軍綱吉の治下、表御番医師として江戸城中の診療に努める矢切良衛。ある日、大老堀田筑前守正俊が若年寄の稲葉石見守に斬殺される事件が起こるが、良衛は様々な不審を抱き、真相追究に乗り出す。しかし、堀田家を訪れた良衛は、何者かの襲撃に遭ってしまう。果たして事件の裏に隠された陰謀とは―。剣術を備えた医師として、葛藤と苦悩を抱えながらも果敢に立ち向かう男の生き様を描いた、時代小説シリーズ、第1弾。

    平成29年8月12日~17日

  • 新しいシリーズ楽しみ。お医者様で剣術も使えるなんて無敵ですね。

  • 28年9月13日読了。主人公、表御番医師 矢切良衛。江戸城内にて診療を勤める。ちょっと、主人公にしては、魅力に欠けるかな。しかし江戸時代の身分制度や この時代の医師の生活、医学界の内部関係など 知らない事がてんこ盛りだった。そういう意味では、面白かった。

  • 江戸時代の医師についての本は、先日、朝井まかて氏の「藪医ふらここ」を読んだばっかり。
    それまでは、和田はつ子氏のお医者同心シリーズとか、佐藤雅美氏の町医北村宗哲シリーズ等の女性作家を読んでいたが、この本は、奥が深い!

    江戸時代のお城への登城から、法外と呼ばれる官職(医師、絵師など)の階級。
    僧侶と同じ様に、法印、法橋、などで、格が、違うと、出世も出来ない事など、今まで、知らなかった事が、描かれている。

    表御番医者として、江戸城のの診察をする矢切良衛が、主人公であるが、大老の斬殺で、不信を抱き、大目付松平対馬守と、関わってしまう。
    「権と剣」が、同じ音なのか?――不要の時は、仕舞っておく。急迫の時にはためらわずに抜き、遠慮無く振るうと、、、

    御家人から医師になり、入り婿になった良衛が、剣術も披露しながら、次々と、展開して、魑魅魍魎の中をどう切りぬいて行くか、、、、今、「切開」が、始まったばかり、この手術の行方が、楽しみ。

  • 面白かった。
    腕を買われ、意に染まぬ結婚をさせられた主人公。
    お城勤めも楽じゃないよねー。
    陰謀のなかにあって若者はうまくくぐり抜けられるのか。

  • キャラの魅力に少々欠けるが、先行きは気になる。

  • 江戸時代、外科医は内科医より低く見られていたとは知らなかった。
    当時手術とかできないからかなぁ。
    傷は縫って自然治癒に任せるしかない。
    名医でも家格が低ければ大名の怪我も診れない。

    実戦剣法の使い手で名医の良衛が巻き込まれた大老殺害事件。
    裏で手を引く大きな陰謀が見えてきたとこで続くのね。
    血なまぐさいのはあまり好きじゃないけど、次も読まなくちゃ。

  • 上田先生の手慣れた江戸時代歴史謎を
    メインの世界
    大好き!

  • 面白かったです! 江戸時代、綱吉が将軍になって間もないころの話。矢切良衛という、今で言う外科医が主人公です。先祖は足軽で戦場剣術に秀で、矢傷の手当てをしていたということ。良衛自身は外科と内科双方を学び、町医を開業するかたわら江戸城へ登城し、医師溜で待機する日々を送っています。表御番医師、というそうですが、奥医師以外にお城に医者がいたと初めて知りました。その良衛がある日、大目付の腰痛の手当をしたことがきっかけで、とんでもない事件に巻き込まれることに…。医師であり、きわめて実践的な剣の使い手でもある良衛の活躍に引き込まれ、一気に読み終えました。

  • 表御番医師として江戸城に勤める矢切良衛。大老 堀田筑前守が若年寄 稲葉石見守に斬殺される事件が起こるが、良衛は不審を抱き真相を追う。珍しく医者が主人公の新シリーズ。でも剣術は一流というところが上田作品らしい。賢く世慣れているため、従来の主人公像とはかなり違う感じで、巻き込まれ型というより自ら渦中に飛び込んでいったのがちょっと違うところ。でも、江戸城中の陰謀が舞台となり重臣に走狗に仕立てられ命を狙われるパターンも奥さんに頭が上がらないのも一緒。もう少し医者らしい特色が欲しいな。今後に期待したい。

  • 新シリーズ
    表御番医師矢切良衛の活躍?
    大老堀田が若年寄稲葉に斬殺された件を疑問に感じた所からきな臭い陰謀に?
    結構厄介な幕府内の構造に?
    今後どのように展開していくのか

全14件中 1 - 14件を表示

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)の作品紹介

5代将軍綱吉の治下、表御番医師として江戸城中の診療に努める矢切良衛。ある日、大老堀田筑前守正俊が若年寄の稲葉石見守に斬殺される事件が起こるが、良衛は様々な不審を抱き、真相追究に乗り出す。しかし、堀田家を訪れた良衛は、何者かの襲撃に遭ってしまう。果たして事件の裏に隠された陰謀とは-。剣術を備えた医師として、葛藤と苦悩を抱えながらも果敢に立ち向かう男の生き様を描いた、時代小説シリーズ、第1弾。

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)のKindle版

ツイートする