檸檬 (角川文庫)

  • 759人登録
  • 3.64評価
    • (27)
    • (34)
    • (43)
    • (10)
    • (2)
  • 41レビュー
著者 : 梶井基次郎
  • 角川書店 (2013年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008386

檸檬 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詩や散文の延長線上にあるような文章で、ひたすら表現が美しい短編集。
    濃かったり激しい波があるような物語はほとんどなくて、そうなると平坦になりがちなのに、表現だけで読ませるような感じ。
    そういうのを書くのはすごく難しいと思う。
    物語自体を波だらけにするのはそこまで難しくないけれど、何もないような物語を名作にするというのは。

    長らく肺結核を患い、31歳という若さで亡くなった著者なので、病を患った陰鬱な内容もけっこう多い。だけどその状態をシニカルな視点で見ているような感覚もある。
    その死後に認められ、稀有な作家だったと皆が口を揃えて言うようになった作家。
    ボードレールの詩に親しんでいた影響も随所に出ているらしい。
    映画の「小さな悪の華」を観た影響でボードレールの詩集を1冊持ってるんだけど、内容が暗く激しくてずっと読み続けることは出来なかった。ということを思い出しました。笑

    「Kの昇天」「桜の樹の下には」「冬の蠅」「ある崖上の感情」がとくに好き。

  • 病んで歪んだ世界。そこに突き刺さる孤独と、瀬戸際の美しさ。そして、彼岸に踏み入れた片足――。

    病んでいる人のみが見ることのできる世界、自分の中にある普通は他人に見せないような薄暗い感情を形にしたらこんな作品になるのかと思う。「冬の日」「冬の蠅」が特に良かった。気づけば梶井ワールドにはまって全作品を読みたくなった。

  • 痛烈な描写。それは現に檸檬を見て、匂いを嗅いでいるかのよう。そして思わず顔をしかめずにはいられないくらいの、吐かれた痰の色。それらは病に侵され、憂鬱が満ちた生活を送った作者だからこそ見えた世界であり、出来た描写だと思うのです。そんな作者の生活がリアルに写された、短篇集が詰まった本でした。この本、「桜の木の下には屍体が埋まっている!」の一文の原作を知りたくて購入しました。この短篇も痛烈な描写と、人間心理が描かれている印象深いものでした。どの短篇も言葉遣いが難しく、ページ数の割には個人的に読了に時間が掛かってしまいましたが、じっくりとものの描写や人間心理を感じながら読める1冊だと思います。

  • 凄く短いのね。檸檬って。

  • 京都の山善に行った記念に購入。梶井基次郎を読むのは初めてだったが、文章も難解でなく、とても読みやすかった。京都の町歩きの空いた時間にぜひ

  • 花火を星水母と喩えるうつくしさ

  • なんとなく暗い店内やカラダも心もちょっと病んでどんよりした作者とキリッと綺麗な黄色の檸檬の情景が浮かんできます。
    学生の頃この本を読んで丸善に憧れました。

  • 酒池肉林の男が書く退廃的な文章は心が腐るようで受け入れ難いが檸檬を置いてくる丸善もいい迷惑、置かれた檸檬もさぞ迷惑。しばらくカウンターで忘れ物として扱われその後処分され干からびてごみ箱の中

  • 梶井基次郎と言う人を知らなかった。淀野隆三氏の作品解説に、退廃を描いてしかも清澄であり、衰弱を描いてしかも健康、焦燥を描いてしかも自若たる梶井文学の云々と有るが、読んでみたがこの小説の良さがまるっきり分からない、もちろん私は文学音痴だけど!

  • 大好き。隅から隅まで鮮やかで息苦しいほどドキドキする。

全41件中 1 - 10件を表示

梶井基次郎の作品

檸檬 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

檸檬 (角川文庫)の作品紹介

私は体調の悪いときに美しいものを見るという贅沢をしたくなる。香りや色に刺激され、丸善の書棚に檸檬一つを置き−−。現実に傷つき病魔と闘いながら、繊細な感受性を表した代表作など14編を収録。

檸檬 (角川文庫)のKindle版

ツイートする