神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)

  • 168人登録
  • 3.29評価
    • (6)
    • (18)
    • (22)
    • (11)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 入江君人
制作 : isuZu 
  • 角川書店 (2013年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008416

神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これ、ラノベ?

    角川文庫で、表紙もなかなか可愛くて買ったのに、読んでいると昔読んだ「バッカーノ!」を思い出した。狂気の沙汰的なところ?
    死をテーマにしているからか、ところどころグロくて、眉をしかめるところも多々あり。男性作家だからなのかなぁ?

    それにしても、なぜ句点を多用するのだろうか?
    読点でない理由はなんなの?
    時折であれば、効果的であろうその文章もここまでやられると、いちいちブレーキをかけられているようで、ストレスに感じるだけ。
    読み始めた意地で全部読んだけど。
    句読点て大事だなぁ、と変なところを再確認した作品。

  • 主人公はかなり直感に頼ったような言動が多いため、
    初めは主人公がぶっとんでいるようにみえるが、後半意外に正確な判断カがあったことが判明して驚いた。
    ただ、それを割引いても周りの人もぶっとんでいるので、話が破綻せず、面白い位にバランスがとれているように思える。
    そういうぶっとんだ人が思う存分動きまわる世界は好き

  • 文章はとてもライトだけども。
    発想がいいというか……『不死』があることによって、初めて浮かび上がる『生』というもの にスポットをあてており、それがよかった。

  • アニメ視聴組ですが興味があって読んでみました。アニメ初見時は、特に序盤は、なんと荒唐無稽で説明不足な話なんだ……と思ったものでしたが、なんとそれはアニメ版の仕様というわけではなく、あくまで至極原作準拠なのだったということを痛感しました。いろいろと凄まじい小説です。つまり何が言いたいかというと、荒唐無稽で、無茶苦茶で、でもとてもとても面白かった。
    ■以下アニメ版との差異の話。いわゆる叙述トリックな面がある話なので、その辺はアニメだと再現は難しかったのだろうと思います。また、アニメだけを見てると初めは「なんだこの変な幼女は」という感じで中盤から「あれなんか変だぞこの娘」と訝しむ感じでしたが、この原作だと割と序盤から既に「この女頭狂っとるで!(歓喜」という印象で大変趣深い。まさしく信頼できない語り手ですね。

  • 登録しようと検索して、富士見版の表紙だったら読まなかったろうなと思った(笑)
    凄く綺麗で哀しくてパワフルな話。初めて死にたくないって思った瞬間に死んでしまう切なさ。ラストシーンが秀逸で、あああの下りはこのことを指していたのかってしんみりした。

  • ストーリーのテンポがよい。説明不足な点もある。最後のシメ方は好きだ。

  •  神様が捨ててしまった世界の物語。

     すごいなぁ、作家は『奇蹟のような物語』を書きたかったそうだが……。

     確かにここに一つの奇蹟のような物語がある。

     こうした物語に出会うたびに、幸福感でいっぱいになる。

     この私たちが生きている世界も幸福とは言えないけれど、生きる価値があると思わせてくれる。

     続きを早く読みたいのだが、このまま角川文庫版で集めるか、富士見ファンタジア文庫へ変更しようか、考え中である(笑)

  • 流れがよく、ハンプニーとの締めくくり方もきれいに終わっていてよかった。
    ただ、続刊を読む気にはなれず、これで完結でいいだろうというのが本当のところだ。

  • すごく独特の雰囲気のある世界。シリーズながいのね。どうしようかな。

  • 友人がアニメが面白かったですよ、と貸してくれました。とりあえず二巻まで貸してくれたのですが個人的にはダメでした。アニメの方が相性が良さそう。

    荒唐無稽なファンタジー世界という感覚が一目で見て取れるアニメ映像と違って文章だとそれなりにリアルな世界を無意識にイメージする為、最初の墓堀シーンと村人登場あたりのギャップで既にアウト気味。大体地面を掘って埋めるって相当な重労働。シャベルに重力転換装置とかついてないと12才だかの少女にはなかなか荷が重い労働だと思われますがとか考えちゃうからいけないんですよね。
    そしてラノベってどうしてこうステレオタイプなキャラクター設定なのかなあ~と不思議に思います。まあ不思議ちゃんでも良いですけどね。主人公に魅力は感じないしいきなり出てきた殺人鬼は無意味に暴力的だし突然の展開過ぎてついていけなかったです。
    アニメなら多分ふうん、と見られると思うんですけどね~。私、文章につくづく求める要素が大きいんだな、ということがよくわかりました。

全21件中 1 - 10件を表示

入江君人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)の作品紹介

生も死も無くなった世界で、死にながら生き続ける者たちに、本当の死を与えることができる「墓守」の少女アイ。終わりゆく世界でアイが経験する出会いと別れ――「世界の終わりを守る少女」の奇跡の物語。

ツイートする