早雲立志伝 (角川文庫)

  • 37人登録
  • 3.85評価
    • (1)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 海道龍一朗
  • 角川書店 (2013年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (589ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009147

早雲立志伝 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後に小田原北条氏の初代・北条早雲となる伊勢盛時の若き日の失敗と苦悩を描く!!

  •  戦国時代の幕開けを担った戦国大名伊勢盛時(後の北条早雲)が大名になるまでを描いた歴史小説。

     北条早雲は、その知名度や重要性に対して、まだかなりの部分が定かになっていない人物であり、かなりの部分が創作ですが、なかなかに意欲的に描かれており、こうだったら面白いなと思うところも多いです。
     しかし、通説から外れているような内容も少なからずあり、そこをどう感じるかというところはあります。

     海道氏は、後北条氏を舞台とした小説を他にも描いており、それらの作品ともリンクしていくようなので、今後の続編に期待です。

全3件中 1 - 3件を表示

早雲立志伝 (角川文庫)のその他の作品

早雲立志伝 単行本 早雲立志伝 海道龍一朗

海道龍一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

早雲立志伝 (角川文庫)に関連するまとめ

早雲立志伝 (角川文庫)はこんな本です

早雲立志伝 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

早雲立志伝 (角川文庫)の作品紹介

清冽にして剛健。「戦国の梟雄」の定説をくつがえす、まったく新しい北条早雲、ここに見参。弱冠21歳での駿河下向から小田原城の奪取まで──。波瀾万丈な青春の日々をえがいた、怒濤の傑作歴史長編。

ツイートする