モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)

  • 49人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 結城光流
制作 : 甘塩 コメコ 
  • 角川書店 (2013年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009420

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤバイよー
    記憶なくしてる人が多すぎだよー
    カールーー
    なんと危険な状態!!

  • 確認先:品川区立品川図書館(KK03)

    シリーズ第6巻。展開が即急との評は免れないものの、とりなしていつもの展開なのだろうと推察する。その為、そうした事態についていけない読者のために短編をさしはさむことで救済の意図を見せてはいるものの、むしろこれが事態の混乱に拍車をかけているのである。
    一見したところ、山崎豊子の『華麗なる一族』もかくやのドロドロとした親族・近親者関係が描かれながらも、その対極としての「家族の愛」なるもの(これ自体も結構虚構の概念に等しい)を提示することで、極端に引き裂かれた主人公の境地をより立体的に描こうとする結城の試みは、他方では引き裂かれたものの往復運動に終始する危うさを含んでいる。そしてそのたびに、そうした危うさを隠蔽すべく「ドンパチ(結城の表現になぞらえるならば)」をねじ込むという多動性に満ちた内容になっているのは惜しい限りである。

    すべてを過去形にすることはその人ひとりひとりの個人的経験の中で形成されるが、そのリズムは一定ではない。当初段階ではわかっていたはずのこの部分が徐々に失われてしまったことに評者としては、嘆くほかない。

  • 本編プラス短編です。
    本編がはらはらなので短編には癒されました。
    解けた謎もありますが、増えた謎もあり、次巻がとても待ち遠しいです。

全3件中 1 - 3件を表示

結城光流の作品

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

敵の凶弾を受けて、傷が一向に塞がらないカール。為す術がない咲夜の前に現れたのは、クライスのドクトア・ジーンだった。警戒する咲夜だったが、カールの治療のため、仕方なくジーンについていくことになり!?

モンスター・クラーン 別離の嵐 (角川ビーンズ文庫)のKindle版

ツイートする