マリアビートル (角川文庫)

  • 8132人登録
  • 4.06評価
    • (784)
    • (1067)
    • (484)
    • (64)
    • (12)
  • 705レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • KADOKAWA (2013年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009772

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

マリアビートル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グラスホッパーが面白かったので読んでみた一冊。
    グラスホッパーとつながっているということを知らずに読み始めたけど、知ってるキャラクターが登場して、さらに興味をひかれる。
    物語も新幹線という狭い空間でずっと展開するのに、テンポ良く飽きさせない流れで最後まで。少年があまりに"悪"すぎてもやもやした感覚をずっと抱えるけど、その流れからの終わり方も、いろいろ想像させて面白かった。

  • グラスホッパーから続けて読みました。
    2回目の読了です。

    やはり檸檬と蜜柑がかっこいい。
    時間制限と、ある種密室な空間。
    いろいろな登場人物と細かい伏線が散りばめられていて、ついつい読み進めてしまう。

    個人的にはグラスホッパーの登場人物たちの方が好きだったかな。
    このシリーズの続編をまた読みたい。

  • 知らずにグラスホッパーを読んでから読んだ。登場人物が再登場し、良い順番で読めた。危険な登場人物が多かったが、自分的には王子が最も危険に感じた。肉体的な力や銃などの武器に頼らず、人の心理を操り犯罪を犯すそのやり方は寒気がした。でも、最後は少しスカッとした感じがしてスッキリ読み終えれた。

  • 「グラスホッパー」に続く、殺し屋編の作品第二弾。「グラス~」同様に、会話のウイットさ、登場人物らの絶妙なやりとり、新幹線を舞台にしたように、ストーリーも高速な展開を見せ、分厚いながらも重厚感と軽妙さが混ざった面白さがあった。登場人物みんなのキャラクター性が発揮されていて、檸檬と蜜柑の存在感とキャラのスパイスがあり、王子の存在と彼らの行動が物語の鍵を握っている感じがあった。壮絶などろどろさ全開かと思ったが、事件解決とキャラの濃さと薄さの絶妙加減と後味の悪さを残さず幕を閉じた展開でストンとすっきりした感じ。

  • この新幹線、降車できない――。

    東京発盛岡行きの東北新幹線〈はやて〉。それぞれの目的を持ち乗り込む(元殺し屋)木村、二人組みの殺し屋、檸檬と蜜柑の果物コンビ。そして背中に七つの星……ではなく七つ以上の不運や悪運を背負っているような、気弱な殺し屋天道虫。さらにほかの業者までもが入り込み、天使的容姿を持つ悪魔的少年、王子が首を突っ込み、中学生ながら大の大人であるはずの業者たちを向こうにまわして事態をひっかきまわす。
    しかもこの中学生、殺し屋相手に「どうして人を殺してはいけないの?」と問いかける。その問いは、決して正義感や善悪からくるものではないところが憎たらしい。

    最高時速300キロで北へと疾走する密室のなか、一般の乗客の気づかぬ間合いで、業者同士お互いの思惑と隙とを探り合う思惑と殺気がぶつかり合う。

    乗客のなかには、なんと『グラスホッパー』の主人公であった鈴木もいた。前作からはや数年、妻を喪った痛手から立ち直りつつある様子。しかし巻き込まれ体質は相変わらずで、周辺には殺し屋業の面々が集ってしまう。

    禍福は糾える縄の如し、とはよく言ったもの。幸運も不運も、人生でのトータルは±0。不運が続いても嘆くことなかれ。幸運が続いても、驕ることなかれ。
    駆け引き、取り引き、殺し合い、騙し合い、運を味方に、運に見放され――盛岡に到着するまで、息をつかせぬ怒涛の展開、そこにどこかほのぼのとした幕間をはさみつつ疾走する、『グラスホッパー』に続く殺し屋シリーズ第2弾。
    この小説、一気に読んだほうがいい。

  • 伊坂さんの物語の魅力は何といっても登場人物の造形にある。
    独特の世界観に加え、登場するひとりひとりが本当に活かされてる。
    「グラスホッパー」の続編ということで、顔見知りの人物が出てくるのも嬉しかった。
    いったい何人の殺し屋が出てくるのか。
    早々に姿を消す狼。
    トーマス大好き人間の檸檬と相棒の蜜柑。
    あの「お前の捜し物は、鍵は、盛岡のコインロッカーにある」はよかった。
    何というかグッときた。
    小狡くて冷酷で俺様で頭でっかちの王子。
    世界中の運のなさを一手に引き受けているような天道虫。
    こっそりと背中を押し続けている槿。
    誰にも知られずに一刺しで相手を葬る蜂。
    そして伝説の寝起きの悪い最悪な殺し屋。
    鈴木に引き続き登場していて、彼特有の雰囲気が物語を転換していくきっかけにもなっていた。
    それにしても、本物を怒らしちゃダメだろ…と。
    どんなに優秀だろうと、頭の回転が速かろうと、王子は所詮子供だ。
    多くの経験を積み、あらゆる修羅場を生き抜いてきた者には叶わないのは当たり前だ。
    運の良さだけである程度のところまで来れたとしても、それは王子の実力ではない。
    殺し屋なんだけれど、ずっと前に引退した老兵なんだけれど、木村のおじいちゃんとおばあちゃん。
    半端なくカッコ良かった。

    閉ざされた空間でのやりとり。
    タイムリミットが迫る中、それぞれの事情を抱えた殺し屋たちが動き回るストーリーはスピード感もあって少しも飽きさせない。
    次にこの殺し屋たちに会えるのはいつになるだろうか。
    次回作でまた鈴木に会えるだろうか。それを楽しみに続編を待ちたいと思う。

  • 久々に伊坂作品。相変わらずテンポ良く話が進む。王子と城山は似ているなぁ…と感じた。グラスホッパーを読んだ人ならにやりとしてしまう発言が数多く出てきた。いつか東北新幹線乗りながら読むことを決意。

  • 久しぶりの伊坂幸太郎。安心の伊坂幸太郎。やっぱり面白い。

    ほぼほぼネタバレしてませんが、レビューの最後あたりにちらっとあります。ちっちゃすぎて読み逃すレベルでのネタバレです。

    この、読書の仕方をやや忘れている読者をがっつり最後まで安全に連れて行ってくれる。まるで新幹線みたい!…というわけで(?)新幹線が舞台です。全然安全じゃない新幹線の旅。

    木村。アル中のおっさんは酒をがんばって断ち、中学生を殺そうとしていた。自分の子供、渉をビルの屋上から落とした犯人だったから、それはもう昔していた裏のお仕事を復活させるのを躊躇しないぐらい殺したかった。しかしその中学生は優等生のような外見に悪魔のような心を宿していた。…この中学生は王子慧くん。王子、というのは苗字。この子が仲間にしていること(たとえば電気ショックを与えるとか)はほんとに…グロくて、正直読めなかった。辛すぎる。渉くんを王子がどうこうしたくだりも飛ばし飛ばし。
    王子は木村が自分を殺しに来ることを知っていた。自分で情報を流したから。そしてやってきた木村をスタンガンで痛めつけ、動けなくした上で盛岡に連れて行こうとする。木村は木村で、状況を打開したい。しかし王子に掛かってくる電話を10コール以内に王子が取らなければ、植物人間になってしまっている渉が王子に雇われた誰かに殺されてしまう。王子は自分を木村が殺せないようにするために伏線を張っているんですね。脅しているわけだ。
    この二人の話を軸に、暗殺二人組み「蜜柑」と「檸檬」、そして実は蜜柑檸檬のトランクと知らずに奪う仕事を請け負った何でも屋七尾こと「天道虫」がなんだかんだいろいろ…ほんとにいろいろとノンストップで、新幹線は駅で停まれども事件は起き続ける。

    あらすじだけ(途中で力尽きた)でこんな長い話を、すーっと理解させる伊坂幸太郎はやっぱりすごい。

    蜜柑と檸檬のコンビ、好きだな。
    七尾もいい。
    しかしやはり木村。
    伊坂幸太郎は弱いのに必死でがんばる、というキャラが好きなのかな?木村も、王子という悪魔(とあえて言おう)に、感情をミスリードされたり恐怖心を煽られたりしながらも、息子の命のために必死だ。なりふり構わない。彼は全然いい人物じゃないし、現実にいたらとても好感を持てるタイプじゃないけど、でもこれは、と思うものに必死になれる。王子はそれをバカにしてるけど。でも「なりふり構わず」がんばれるというのは、意外とできないもんだよね。
    小説のキャラとはいえ、王子の最期が分かったところでようやく人心地つけました。そのくらい胸糞悪いやつ…。最期、王子はなにを言ったのかな?何を考えたかな?反省しただろうか?木村は両親に助けを呼べた。王子には果たしてそんな相手がいたのかなあ?友達もいない。大人を信用していない。体がスライスされながら死ぬ間際…だれかに、助けてと一言言ったとすれば、彼は負けだね。うーん、久しぶりに「死ね!」と思った登場人物のラストにようやくすっきり。読了直後の今、それに尽きる。

    面白かったけど、怖い。
    七尾くんがまたいつかなにかで登場してくれることを祈る。

  • 「グラスホッパー」から立て続けに。同じ“殺し屋シリーズ”ですが、基本的にはまったく別物のお話。でも、登場人物が若干つながっているのは、伊坂作品ならでは。

    舞台は疾走する新幹線の車内。木村、王子、蜜柑&檸檬、そして天道虫(七尾)という4つの視点から紡がれていく物語。もちろん、実際にはもっとたくさんの人物たちが絡み合って、それぞれの利害がぶつかりながら、物語の終点に向かって怒涛に展開をみせてくれます。

    「どうして人を殺してはいけないんですか」

    事あるごとに王子が大人たちにぶつけるこの疑問。彼はこの問いに、世の誰もが明確な答えを出せないことを知っていて、そんな人間たちを嘲笑うためにあえてこの質問を投げかけるわけですが、それはつまり、彼自身もこの問いに対する答えを持ち合わせていないということ。それは、恐ろしいほどの賢さを持つ彼のほとんど唯一の弱点ともいうべきもので、だから彼は自分の弱みを相手に見つけられる前に、この問いを相手側にぶつけて自らを守っていたのではないかと思います。

    物語の中で王子がこの問いを投げる相手は、ほとんどが殺し屋たち。彼らもまた、自分たちの所業を白黒付けられない立場にいます。正義はときに悪となり、悪はふとした瞬間に正義になりうる。そんな世の中だからこそ、「人を殺してはいけない」という理に答えなど見つけられないのでしょう。

    「グラスホッパー」「マリアビートル」と、殺し屋シリーズ2作を読んで感じたのは、人のつよさというのは、力でも知識でもない部分で決まるのだということです。本当につよい人というのは、自らの弱さを認め、受け入れ、そんな自分でもって未来に立ち向かおうとする勇気を持っている人。この2作から私が読みとったのは、そんな人間の真理のような気がします。

    「『悪』に対抗出来るのは『正義』ではない。それは『勇気』である……。」

    解説で佐々木敦さんがこのように書かれていますが、私も全くその通りだと思います。そしてそれこそが、伊坂さんからの殺し屋たちを通じたメッセージなのだと感じています。

  • 今度こそは王子のヤツめに目に物見せてくれてやる!というチャンスが幾度となく訪れるのに、スルリとかわされてしまう強運に悔しくて大人気なくも『キーッ』っとなってしまいました。木村夫妻の敬老パワーに圧されている場面には溜飲が下がると言うものです。しかし王子のように人の心理や行動パターンを巧みに利用して人間を操る事の出来る才能を持った人物が、もしも権力を持ったとしたら非常に怖い。その警鐘ともなるストーリーでした。

全705件中 1 - 10件を表示

マリアビートル (角川文庫)に関連するまとめ

マリアビートル (角川文庫)を本棚に登録しているひと

マリアビートル (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マリアビートル (角川文庫)の作品紹介

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

マリアビートル (角川文庫)の単行本

マリアビートル (角川文庫)のAudible版

マリアビートル (角川文庫)のKindle版

ツイートする