人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森村誠一
  • 角川書店 (2013年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009819

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もと山瀬組の組長である主人公は、かつての組の幹部たちを、34年ぶりに召集さすた。まだまだ若い連中には負けぬ!一人の少女を守るため、山瀬たちは、たった七人で、大きな「般若組」に立ち向かう。
    いやぁ、痛快!あっぱれである。敵がまんまと罠にはまり、あたふたしているところは、「ざまあみろ」といったところか(笑)また、山瀬組が、必要以上に敵を痛め付けないところが、引き際がよくていい。般若組もしつこいが、山瀬たちも、粘り強い。知恵と正義は、悪に勝る、と信じたいものだ。

全1件中 1 - 1件を表示

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)はこんな本です

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌 下 (角川文庫)の作品紹介

かつて殺し屋集団として名を馳せた”山瀬組”のメンバーが集結した。般若組に追われる少女を守るため戦いに身を投じるうち、再び彼らの血が騒ぎはじめる。たった七人で暴力団に挑む、熱き男たちの物語。

ツイートする