表御番医師診療禄2 縫合 (角川文庫)

  • 102人登録
  • 3.28評価
    • (0)
    • (15)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 上田秀人
  • 角川書店 (2013年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009895

表御番医師診療禄2 縫合 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第二弾
    本当に厄介な設定、老中暗殺の背景にある、五代将軍擁立に宮将軍で動いた酒井、それを阻止した堀田、小田原の失地回復を召さす大久保、自分の立場の悪さに焦る因幡、家康の次男結城家の策謀、そして京では?
    厄介な設定

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    若くして表御番医師となった矢切良衛は、大老堀田筑前守正俊が殿中で斬殺された事件に不審を抱き、解明に乗り出していた。しかし義父の突然の訪問を受け、自身の言動を咎められてしまう。葛藤する良衛だったが、やがて一連の騒動の裏には、将軍綱吉を巡る男たちの様々な思惑が交錯していることが明らかになる。そして事件は意外な展開を迎えて―。時代小説の名手が剣豪医師を鮮やかに描いた、渾身の書き下ろしシリーズ、第2弾!

    平成29年8月17日~21日

  • お医師なのに、巻き込まれましたねぇ。

  • 登場人物の漢字の読みに苦労しています。
    説明部分が長く続くところも、少し苦手。

    でも、主人公の表御番医師 矢切良衛は、医師の知識も技術も高い上に、外科の知識に基づいた剣の腕も立つ所が良いです。やはり、主人公は強くないと!

    奥方の親戚筋が酷い人たちばかりの中、義兄の奈須玄竹が良い人で良かった。
    大目付からの扱いは酷い。。。もっと見方が欲しいところ。

  • 何回も味わえる歴史の謎
    そうか、堀田老中暗殺には
    そんな意味があったのか!

  • 外科医、矢切良衛の活躍を描く第二弾! 切開したら縫合しなきゃ、ということで(笑)、一巻で提示された謎が解明されるのですが、時代小説を読み慣れない私には、たくさん出てくる役職や、将軍家の系図などがいまひとつ理解できず…やや消化不良の感が拭えません。それでも、良衛が戦場剣術で刺客を退けるさまは、読んでいて痛快でした。次の巻も読もうと思います。

  • 126

全7件中 1 - 7件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

表御番医師診療禄2 縫合 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

表御番医師診療禄2 縫合 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

表御番医師診療禄2 縫合 (角川文庫)の作品紹介

表御番医師の矢切良衛は、大老堀田正俊が惨殺された事件に不審を抱き、真相追究に乗り出すも何者かに襲われてしまう。やがて事件の裏に隠された陰謀が明らかになり……。書き下ろし時代小説シリーズ第二弾!

表御番医師診療禄2 縫合 (角川文庫)のKindle版

ツイートする