押絵の奇蹟 (角川文庫)

  • 218人登録
  • 3.87評価
    • (10)
    • (21)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 夢野久作
制作 : 米倉 斎加年 
  • 角川書店 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010440

押絵の奇蹟 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 収録三作とも書簡形式の独り語りで
    延々と一方的に語りかけられると
    本来の受け手ではないであろう読み手は
    正直結構疲れる。

    『氷の涯』
    推理・逃亡劇で、複雑?に絡み合った
    謎を解き明かしてみたものの、
    複雑に多分だ~れも救われない話。

    『押絵の奇蹟』
    妖しい空気をまとって、幻想的に映るのは、
    遺伝、生殖ではなくて、一途で清らかな念が作り上げた
    奇蹟だったからか、それとも。

    『あやかしの鼓』
    過去の怨念に囚われて、今も断ち切れない不幸に
    足を踏み入れてしまった人間の不運。
    ブツに支配された人間の心と、それが呼び起こした
    事件の不運な適合。

  • 数年振り、夢野久作ワールドを堪能(?)いたしました。
    『氷の涯』『押絵の奇蹟』『あやかしの鼓』全3編。
    全て、遺書(『押絵の奇蹟』は微妙ではあるが)の体をした書簡体。論文、記事等引用形式もあり、後の『ドグラマグラ』の片鱗も見え隠れするのも…。
    個人的に気に入った順に、簡単に触れます。
    イヤミス的な読後感の『押絵の奇蹟』。でも、弱ってる時ほど、とりとめのない話しに没頭したり、誰かにしたくなったりする、っていうのはわからないでもない。
    ミステリー、ホラー、あやしさ(←あえて、平仮名で)、様々な要素二転三転する『あやかしの鼓』。解説にあるように、オーラス前が少し急ぎ足の感は確かに…。『瓶詰の地獄』を漫画化した、丸尾末広先生にコレも漫画化していただきたい。
    『氷の涯』は仕掛け自体は面白い。ただ、舞台が第一次対戦後の旧満州ということで、自分には、ちょっと映像喚起しにくい部分もあった。ラストは「そんな〇〇あり?」的な…。
    そして、同時期に文庫本の整理をしていたら、夢野久作作品は『少女地獄』しか手元になく、ガックリと肩を落とす自分がいた。

  • はったり小説。やっぱり期待を裏切らない。3つの中篇のなかでは『氷の涯』がいちばん好きです。ラストシーンがきれい。

  • 氷の涯は、最後がすごくいい。恐ろしいんだけど、幻想的で綺麗な最期。

    押絵の奇跡は純愛で、何がほんとかわからないけど、綺麗な愛だった。


    どの話も描写がおどろおどろしくて綺麗。

  • 「氷の涯」
    日本陸軍歩兵二等卒、上村作次郎がハルビンで起こした事件とは。舞台もわかるし話もドラマチック。だが、上村と一緒に逃げたニーナという娘の独白みたいなものが10数ページも切れ目なく。さすがに読み疲れた。

    「押絵の奇蹟」
    ピアニストの娘が自分の母と、ある歌舞伎役者にまつわる話を手紙に書き送る。なんという純愛、そう言ってもいいのかな。しかしこちらもかなり回りくどい。

    「あやかしの鼓」
    こちらも「あやかしの鼓」について書いた手紙。いわゆる呪われた鼓というものだろう。わかっているのにこの鼓に惹かれる周囲の人々とは。

  • また読むのに時間がかかってしまった。ふるい本だから今と言葉遣いもちがうし、漢字も難しい。でも内容は素晴らしい。今では書けない、言ってはいけない言葉をバンバン使うのも現代だからこそ楽しめる。

  • 夢野久作流大メロドラマ。病気のために余命僅かの少女の、遺書のような手記のみで構成されているため話の結末は不明。実は壮大な妄想だったというオチだったら、面白かったかもしれないけど。

  • 知らぬ間に角川文庫に追加されていたので読んでみた。短編3つでいずれも主人公の告白文のような形式で綴られている。
    蠱惑的な女性の存在感は他の作品の方が強い気もするが、主観で語られる故の真実か妄想かわからないまま進む物語はドグラ・マグラに通ずるようで面白い

  • 妄想なのか現実なのか、愛なのか幻なのか…想像せずにはいられなくなる究極の狂気とエロティシズムがそこにはある。

全14件中 1 - 10件を表示

夢野久作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

押絵の奇蹟 (角川文庫)に関連する談話室の質問

押絵の奇蹟 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

押絵の奇蹟 (角川文庫)の作品紹介

明治30年代、美貌のピアニスト・井ノ口トシ子が演奏中倒れる。死を悟った彼女が綴る手紙には出生の秘密が……。(「押絵の奇跡」)江戸川乱歩に激賞された表題作の他「氷の涯」「あやかしの鼓」を収録。

押絵の奇蹟 (角川文庫)のAudible版

押絵の奇蹟 (角川文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

押絵の奇蹟 (角川文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする