新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)

  • 62人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (10)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 水野良
制作 : BronzeEYE STUDIO  出渕 裕 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011515

新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そして伝説になる王道ファンタジー完結編。最終巻だけあってキャラ総出演です。
    エピローグでそれぞれのその後まで描かれているのはうれしい限り。
    パーンとディードの終わらない旅に思いを馳せながら、小ニースやスパーク、セシルの若い世代のこれからにも期待しています。

  • 漂流伝説へ繫がる要素をちりばめながら、ロードス島は大団円。満足…

  • 昔の記憶では、アシュラムとパーンの一騎打ちは互角だったと思ってたのだけれど、 パーンはまた負けたと言っている。うーん。

  • 見事完結。
    小ニースの戦いとか、パーンとアシュラムの一騎打ちとか、カーラ絡みのレイリアとウッド・チャックとか・・・
    色々名場面は多いんだけど、個人的にはアシュラムとバグナートが玉座の両脇に立つシーンがすごく好き。
    敵には敵の理由や信念があって。そうした敵キャラの存在がこのロードス島戦記の魅力の一つなんだな。

    この後は新ロードスやクリスタニアに続くわけだけど、時代を遡って6英雄の話である伝説をまた読みたい。

  • 完結

  • マーモの地に侵攻した五カ国連合軍。将軍アシュラムは民を率いて旅立つ決意をする。バクナードのもとを訪れた灰色の魔女カーラはカーディスの力で連合軍を滅ぼし、ロードスの均衡を守ろうとする。小さなニースはカーディスの依代となる寸前、自らの身に大地母神マーファを降ろし対抗する。全ての戦いが終わった後、五カ国の王は国の利害を超えてロードスのために戦うパーンに、ロードスの騎士の称号を与える。そして、パーンとディードリットは二人でロードス島を巡る旅に出る。

全6件中 1 - 6件を表示

水野良の作品

新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)はこんな本です

新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)の作品紹介

邪神復活の扉たるニースは、黒の導師との対決を決意する。彼女を過酷な運命から救うべく、スパークは仲間とともに同行を申し出る。その頃、ロードス全土を揺るがす大戦も決着を迎えようとしていた――

新装版 ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下) (角川スニーカー文庫)のKindle版

ツイートする