いっぽん海まっぷたつ (角川文庫)

  • 30人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 椎名誠
制作 : 沢野 ひとし  國枝 達也 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012116

いっぽん海まっぷたつ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シーナさんの文庫を手にするたびに「きっと読んでいるよな」「なんかのタイトルが変わったやつだよな」と警戒はするのだが、どうせたいして内容は覚えていないし、ほぼ確実に面白いし、まあいいかと結局買ってしまう。
    そして、やっぱり読んでいた、あれの改題じゃないか!でもまあいいか、たいして覚えていなかったし、結局面白かったし…という繰り返し。
    この本もまた、まあいいか…。

  • 本の雑誌に連載された編集長ページの文庫化。こういうエッセイを読む理由は意外な出会いに尽きるな。ほとんどの部分に深い考察や意味はないのだかが,紹介される本やエピソードに触発されて自分の世界が広がるのだ。だから,もう買うの止めようかなと思っても買い続けてしまうんだな。

全3件中 1 - 3件を表示

椎名誠の作品

いっぽん海まっぷたつ (角川文庫)はこんな本です

いっぽん海まっぷたつ (角川文庫)の作品紹介

あるときは大アマゾン川における野獣的生活で、またあるときは新宿の居酒屋の酔眼的集団において……などなど、とにかく西へ東へ島から島へと走り回る怒濤の日常と熱烈読書生活をつづる軽妙無比なエッセイ!

いっぽん海まっぷたつ (角川文庫)のKindle版

ツイートする