本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)

  • 687人登録
  • 3.30評価
    • (7)
    • (57)
    • (89)
    • (12)
    • (4)
  • 85レビュー
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012581

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本をめぐる物語…書き手であったり、読み手であったり、編集校閲であったり、様々な立場からの本をめぐる物語。前回読んだ「栞は夢を見る」よりも、こちらの作家陣の方が興味があった。
    私的に原田マハさんの話が飛び抜けて良かった。泣いてしまった。この話だけだったら間違いなく★5!他の話もそれぞれ勢いがあって面白く、短編だが大変読み応えがあった。

  • 8人の語り手による短編集。
    本を通して見た世界はこんなにも多く、こんなにも刺激的。
    広がる世界の面白さを、あなたに。

    『メアリー・スーを殺して』
    メアリー・スーとは聞きなれない言葉だった。
    一体それは誰?
    この人物は、二次創作における、書き手の願望を一身に背負った自己愛の塊というべき人物。
    つまり、イタいキャラクターであり、ご都合主義的な登場人物ということらしい。
    ありがちな設定だ。
    プロの作家なら、それらを上手く操れるのだろうが、残念ながら多くの書き手はそうではない。
    自分の妄想とありがちな設定と底の浅さが露見する、書いている本人だけが満足できるという代物。
    このことに気づいた主人公、如月ルカは彼女を徹底的に排除すべく努力を開始する。
    それが彼女の扉を開けた瞬間だった。
    好きなことをもっと上手くなりたいと熱望し、自らを客観的に眺め、己と戦った。
    そして彼女はメアリー・スーと再会する。
    その再会は、きっと彼女にとって、大切な瞬間だったことだろう。

    『校閲ガール』
    出版社の校閲部に配属された悦子は、この仕事が好きではなかった。
    好きではなかったが、雑誌編集部に行くために彼女は真面目に、完璧に仕事をしていた。

    今や、素人が好き勝手に情報を配信できる時代。
    しかもその垂れ流す情報の多くはたった一人で書き、他人の目を通さぬまま世界中に発信される。
    だから、変換ミスもおおいし、誤用も多い。
    私も自分の文章を読み直しているかと問われたら、毎回はやっていない、というか、ざっと目を通すだけできっちり訂正をかけてはいない。
    だが、出版物はそうはいかない。
    一応、他人の目が入っているはずなのだ。
    さて、嫌だけど、嫌だから、悦子はきっちり仕事をこなす。
    言葉遣いはなってない、かもしれないが、意味もなく人を批判してくるわけではない。
    ゆとりと言われようが、商売女っぽいと言われようが、その相手にあるだろう思い込みを壊す感じが好きだ。
    実際にこんな人が後輩にいたら面倒だろうが、それはそれで面白いかもしれない。
    ただ、私のような大雑把な人間に校閲が務まるかはかなり怪しげなところだが。

  • ⚫メアリー・スーを殺して/中田永一
    ⚫旅立ちの日に/宮下奈都
    ⚫砂に埋もれたル・コルビュジェ/原田マハ
    ⚫ページの角の折れた本/小手鞠るい
    ⚫初めて本をつくるあなたがすべきこと/朱野帰子
    ⚫時田風音の受難/沢木まひろ
    ⚫ラバーズブック/小路幸也
    ⚫校閲ガール/宮木あや子

    こういった本を読んでいつも思うのは、自分にとって新しい作家に出会える嬉しさ。
    といっても、今までは目当ての作家以外に1人2人いれば当たりだったが、今回は4人もいる。
    誰から手を出そうか。

  •  短編集。どれも面白く、さらりと読めた。

     作者・読者・装幀家・校閲者など、色々な立場から本と関わる主人公たちの、本に纏わる物語。

    「メアリー・スーを殺して」を特に気に入った。

  • 中田永一目当てで借りた。

    メアリー・スーを殺して/中田永一
    二次創作してるんで「やめてー」「もうやめてー!!」って思いながら読んだw

    あと良かったのは原田マハさんと沢木まひろさん
    砂に埋もれたル・コルビュジェ/原田マハ
    本能とわずかな大切な思い出とともに生きるお父さんが
    いつまでも砂を掘る姿は悲しくもあり美しくもある。

    時田風音の受難/沢木まひろ
    百山さんが隠れドSみたいなキャラで良かった。
    私も彼女に人生の駄目出しされたい。

  • 小路さんがいらっしゃるので購入。
    電車移動時間等におすすめな読みきりサイズの短編集。
    宮下さんはスコーレNo.4のみ読んだことがあり、他の方々の作品は初めて読みました。
    本というキーワードを多角的な視点でピックアップして物語が展開しています。

    「メアリー・スーを殺して」は、二次創作の畑を通ってきた身としては、お、俺を殺してくれ、と思うような暗黒時代を思い出させるような、そんなリアリティのある空気にえぐられました。面白かった。

    やっぱり大好きな作家さんということで贔屓目もりもりな気もしますが、「ラバーズブック」がとても好きです。読み返したい短編。短絡的じゃなくて完結していてなおかつ重量がある文章。すきです。

  • 本をめぐる物語というか、本に係わる物語って感じ。
    色んなかかわり方があるとは思うけれど、それだけでなく、
    本が出来上がるまでに、色んな人が関わっているんだと思ったら
    ますます本が愛おしくなります。

    アンソロジーは新しい作家さんとの出会いの場である。
    ましてや本関連のアンソロジーときたら、期待度大である。

    好きなのは、「メアリー・スーを殺して」
    話の流れから、どんな結末になるかと思ったら
    さすがの乙一氏ですね。
    ある意味、予想外で中田氏らしい終わらせ方でした。
    ちょっとしたきっかけで、人って変われるんだって思わせる。
    これは読後感がよいです(p^_^q)

    「砂に埋もれたル・コルビュジエ」
    最後に一気にこみ上げてきます。ブワーって来ます。

    「ラバーズブック」
    ステキ過ぎるお話。周りの人の優しさが素晴らしい(*´◇`*)

    原田マハさんと、小路幸也氏の本は、他の作品も読んでみたい。
    短編集なのに、大いに楽しませていただきました。

  • おもしろかった作品

    「初めて本をつくるあなたがすべきこと」朱野帰子
    夫のキャラクターがめんどくさくておもしろい。現実にもいる
    「時田風音の受難」沢木まひろ
    こんな優秀な編集者がいたら書けないものも書ける。でも心を蝕まれる・・・

  • 古書店と同じにおいの高校の部室、好きなキャラの二次創作小説に没頭しているときだけ、私は自由だった。けれど先輩からある耳慣れない指摘を受けて、自分の作品の弱さを知る。小説をうまくなりたい、そのためには…(「メアリー・スーを殺して」)。ほか、遺作の装幀を託された“あなた”、出版社の校閲部で働く女性などを描く、人気作家たちが紡ぐ様々な「本をめぐる物語」。

  • 「メアリー・スーを殺して」中田永一
    「初めて本をつくるあなたがすべきこと」朱野帰子
    「時田風音の受難」沢木まひろ
    「ラバーズブック」小路幸也
    「校閲ガール」宮木あや子

    この5篇が好きだったな
    1作目の「メアリー〜」が面白かったので、一気に読み切れた。

    小路さん以外は初めて読む作家さんなので、他のも読んでみたい。

全85件中 1 - 10件を表示

中田永一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮木 あや子
宮下 奈都
柴崎 竜人
有効な右矢印 無効な右矢印

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)の作品紹介

旬の作家の「本の物語」。新たな一歩を踏み出す8編。新しい扉を開くとき、本があなたのそばにいます。執筆陣は、中田永一、宮下奈都、原田マハ、小手鞠るい、朱野帰子、沢木まひろ、小路幸也、宮木あや子。

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)のKindle版

ツイートする