F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)

  • 102人登録
  • 3.62評価
    • (10)
    • (16)
    • (15)
    • (5)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 糸森環
制作 : 鈴ノ助 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013137

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 糸森 環のネットで掲載されていたものの文庫化。冒頭や後半などかなり改稿しているようで、読みごたえありです。
    現在も書いているお話のようで、未知数なのは嬉しい。
    頭のおかしな神様に狙われ、色気のある神に力をさずけられ、絶望的な男に縋られ、異世界に飛ばされ戸惑う暇もないほど次々に迫る展開にワクワクし、リュイと響のキスシーンにドキドキ。
    世界観と物語の始まりの一巻で、今後どうなるのか期待したい。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3734.html

  • Web版でずっと読んでいた小説が書籍化してたので買ってみた。のに間違って2巻から読むという失態。

  • 春休みに突如異世界へと召還された三島響。
    フォーチューンと名乗る存在は、響を後継者候補に選んだと言い放ち、荒廃した世界エヴリールへと飛ばす。
    神々の加護を受けた響は、そこで騎士・リュイを助ける。彼は幽鬼が跋扈する世界で、ただ一人の生き残りだった。
    運命に選ばれし、世界を救う二人。孤高の異世界トリップファンタジー。

    She&Seaが面白かったので、こちらも手を出してみたけれど、うーんちょっとテンポが悪過ぎはしないかと思ったり。
    主人公は15歳で、こちらも異世界トリップ物。というか作者さんは異世界トリップ物が好きなのかな?
    もちろん異世界に飛ぶと言うことで、戸惑うのも無理はないと分かるのだけど、それにしても一巻まるごと費やして最初の目的地である村にすら到着出来ないと言うスローペースには先が思いやられる。
    神様二人は結構好みだったけど、肝心の相手役であろうリュイがあんまり好みでないので余計に。騎士キャラ故仕方ないのかもしれないけど、出会ったばかりの響に依存しすぎではないかと。
    響も悪気はないのだろうけど、ちょっと物事を楽観視しすぎだったり、軽率な部分が目立ってイライラしてしまう。何か役に立ちたいという気概は立派なんだけど、結果が足手まとい以外の何者でもないからなぁ…。
    ちょっと続きはいいかなという感じ。

  • もうちょっとヒロインは大人しくしてと思うが、実際にこうなったら役立たずのままでは居たくないだろうなとは思う。何も出来ないのに事態を悪化ばかりさせるヒロインは結構居るが、このヒロインはまだ悪化ばかりさせては居ないし何より一生懸命だから読んでいてストレスではなかった。
    ヒーローの騎士っぷりや聖獣の可愛さもいい。絶望的な話だがこれからとうなって行くのだろう。

  • 驚くほど面白くなかった…。

  • 初読みの作家さん。現代の中学生女子が異世界の神の思惑によって異世界に飛ばされる。“中学生”という若すぎる年齢設定に少々萎えるのと、異世界の神々の説明が冗長な気がしないでもないが、たった一人の生き残りである騎士リュイが響と出会い思わず泣きを見せる所、聖獣エルが嫉妬して拗ねる人っぽい所とかがツボ。まるっと一冊導入部分的なのでこれからの冒険に期待大。ところで『F』って何?フォーチュン?

  • リュイがかっこよすぎて心臓が痛い…先生の心理描写が最高です。

  • 設定や物語の進め方は悪くない。

    これがサイトで読めるというならば、
    文句はないし面白いなで終わったけれど
    本として出すならば、
    もう少し文章を整えて頂かないと厳しい。

    所々突っ込みたくなるキャラや展開はあるものの
    それが気にならないくらいの文章運び。
    これは作者より編集者達の問題だと思う。
    残念。

    さて、神様達よ娘に力を与えて
    罰を受けるくらいなら、最初から地上を、助けた方が
    早いのでは?と思ったのは初めからでした。

  • 最初からとばしてますね...(遠い目)
    キャラ増えたと思ったらすぐログアウトしちゃうし...
    ビーンズのもう一つの方もなかなかハードなトリップだけどこっちもなかなかな鬼畜仕様...
    私だったら耐えられない自信がある。
    次巻はエルのヴィジュアルが出るといいなーと思いながら待機してます。

    あと、Web版はまた微妙に違うようなのでそっちも読んでみたい。

全14件中 1 - 10件を表示

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

糸森環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

春休みに突如異世界に召喚された、三島響。"フォーチュン"と名乗る存在は、響を後継者候補に選んだと言い放ち、荒廃した世界エヴリールへとばす。神々の加護を受けた響は、そこで騎士・リュイを助ける。彼は、幽鬼が跋扈する世界で、ただ一人の生き残りだった。「あなたを必ず守る。俺は変わらぬ忠誠を捧げよう」運命に選ばれし、世界を救う二人-孤高の異世界トリップ・ファンタジー!大人気WEBサイト公開作、書籍化!!

ツイートする