キマイラ 6 如来変 (角川文庫)

  • 37人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 夢枕獏
制作 : 三輪 士郎 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013168

キマイラ 6 如来変 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  幻獣キマイラを巡って男たちの闘いが描かれる物語の第6弾。

     この物語の面白さの一つに一人一人の登場人物にそれぞれの魅力があることが挙げられます。

     主人公側の人物に魅力があることはもちろんですが、この巻では敵側の人物にも新たな出会いがあり、さらに成長していくさまが描かれ、敵としての魅力に磨きがかかっていく感じがしました。

     それらの人物が主人公たちに今後どのように関わっていくのかを見ていくことも楽しみです。

  • 今回は特に誰かがフューチャーされてたわけでもなく、満遍なく登場したような。あ、深雪は出てなかったね。
    冒頭の木島さんがやられキャラなのに設定が作られてたから、実は生き延びてるフラグなんだろうか。密入国の何者かは巫炎じゃないかなーと予想。最後の龍王院弘の描写といい、キマイラ増殖な感じなんだろうか…。

全2件中 1 - 2件を表示

キマイラ 6 如来変 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キマイラ 6 如来変 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キマイラ 6 如来変 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キマイラ 6 如来変 (角川文庫)の作品紹介

自らの目的を明かし、久鬼玄造、宇奈月典善と手を組んだボック、典善のもと恐るべき進化を遂げた菊地、明かされた大鳳の出生の秘密…。そしてキマイラ化した大鳳はついに麗一のもとへ。急転直下の第六弾!

ツイートする