前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)

  • 43人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 大村友貴美
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013199

前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 連作短編集。
    前世が見えるというゲイバーのママが、その能力で相談者の悩みを解決するのかと思いきや、特に推理するわけでもなく、関係者が現地に行って調べてわかるという流れ。
    面白そうな設定なのに期待はずれ、残念。
    (電子書籍 Sony Reader)

  • 思っていたよりよかった。
    自分の前世がわかる、ゲイバーのママが親身に相談に乗ってくれるとう話の流れが自然で、話に溶け込みやすかった!
    最後のまた会う日までを読んで、
    最近祖母に連絡をしていないことに気がついた。
    元気だろうか?

    いま、この生きている間を公開しないように、
    自分の思っていることを素直に行動に移していきたい。

    自分の前世…。
    気になるけど、簡単にわかることではないなぁ。
    いつか、突然思い出す時がくるのかな?

  • ママが特殊な能力を発揮、と言うよりも
    地道に調べて助ける、と言う話だった。

全4件中 1 - 4件を表示

大村友貴美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
ロビン・スローン
有効な右矢印 無効な右矢印

前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)はこんな本です

前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)の作品紹介

繁華街の裏道にひっそりと建つ「カフェ・フロリアン」。古くみすぼらしい外見に反して、内装は豪華絢爛。昼はカフェ、夜はゲイバーとなるこの店のママは、縦ロールの茶色の巻き毛とほうきのように長いマツゲ、ロングドレスを纒ったオネエだが、前世が見えると評判だ。日々、脳みを抱える相談者が前世の記憶を探って解決して欲しいと訪れるが…。前世の因縁と現世の謎を解き明かす、ゴージャスな女装探偵の名推理。

前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)のKindle版

ツイートする