本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)

  • 1054人登録
  • 3.83評価
    • (77)
    • (139)
    • (94)
    • (18)
    • (1)
  • 120レビュー
著者 : 出口治明
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016497

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
J・モーティマー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

  • この本すごかった。普通「本の使い方」ってタイトルだったら、「効率よく」「簡単な」読書術が書かれてると思うでしょ?
    でもこの本は違う。なんてったってまず読むべき本が「分厚い古典」で、さらにそれを「一字一句、もらさないように」読まないといけないとのこと。

    この時点で気づくわけ、この本は、「読書好きのための本」だって。
    苦手なひとがいきなり難しそうな古典なんて、読めるわけ無いからね 笑
    実際、著者の出口さんも無類の本好き。週に1,2回は本読んでて電車を乗り過ごしてしまうらしい。

    で、そんなこと言ったら、本読むの苦手なひとはこの本を読んでも、対して役に立たないのでは、と思うでしょ?
    でも私はこの本を、本が苦手なひとにこそ読んでほしいと思ってる。

    なんでかって言うと、この本では本好きおじいちゃんの出口さんが、いかに本が素敵かについて延々と語っているから。
    確かに「本の使い方」というタイトルにあるように、読書術についても書かれてる。しかもすごく納得する内容で。

    でも、出口さんの本に対する姿勢は「本は著者との対話である」 「本を読むことは、著者の思考のプロセスを追体験することである」と真摯的。
    読書術はあくまで手段であって、目的は、どうやって本を愛するかについての本だと思うね。

    で、本がめちゃくちゃ好きなひとが、本の素晴らしさについて語ってるわけだから、当然、本が素敵なものに思えてくる。
    話の引き合いに出される本はなんと160冊以上。本好きすぎでしょ。
    これを読み終わるころには、図書館にでも行ってみようかなってなる。

    そんな、本が超大好きな出口さんが進める、本の読み方は
    「一所懸命おもしろい本を読んでいけばいい。それだけです。」

    本読むのは苦手だ、でも好きになってみたい。そんなひとにこの本はおすすめです。

  • 読みやすい本ばかり読んではいけない。私なら読んでて当たり前の本は何だろう。

  • 20150116 読了

    今年はしっかりと読書を習慣にしたい、とぼんやりと思っていた矢先に積ん読してした本書を思い出す。
    一万冊を血肉にした男、とのキャッチコピー通り読書に関する深い眼差しを持っている人物と感じた。

    一般の読書本はどことなくハウツー本のような雰囲気があって、読み終わった直後は実践しようと思うのだか、続かない。だが、本書は違う。例えば著者もさまざまな読書術を試してみたようで、速読などの方法も知っているが、その上で否定している。著者が提案するルールはいたってシンプル。「自分が面白いと思った本を読め」というもの。ただし、本を、読むことは著者との真剣勝負。そのため、本気で読むべきだという考え方には身が引き締まる。

    読書をすることにより、人間としての深みを目指すという気持ちになれた一冊。

    以下、印象に残ったキーワードなど

    ・学びには、人から、本から、旅からの三種類。そのバランスは人によって異なる。
    ・古典を読むべき。
    ・立ち読みをして、最初の5ページで決める
    ・数字、ファクト、ロジックを用いて自分の頭で考える。

    締めくくりのフレーズ
    今のあなたが、残りの人生で一番若い

  • 実は前に読んでいた。
    全く記憶にない。これじゃ血肉にならんわな

  •  稀代の読書家ライフネット生命CEO出口氏による、読書の意義、本との向き合い方、推薦書籍などを解説・紹介した新書。

     速読を推奨する書籍が多い中、速読など出来ない私にとっては著者の「速読よりも熟読」という言葉に励まされた。本との向き合い方も、著者との対談であり真剣勝負であるという考え方は新鮮だった。ただの情報の読み取りではなく、その本を書いた者と対話をするという感覚で読むことが大切なのだ。
     出口氏の推薦書籍も読んでみようと思う。ただし出口氏が良いと言うから良い、などと思わないようにしたい。他者が良いと言った書籍を読み、自分がそれに対して素直にどう思うか、それも自分を知る手段の一つなのだと思う。

  • 読書について参考になること多し。
    出口さんの読書歴、読書量に驚愕。
    でもサイエンス系はあまり読まれないのかな?という印象。歴史と美術関連がお好きのようですね。

  • ほんとにすごい読書家。読んできた本の質が違う。量も違うけど、そのリベラルアーツなどへの造形的の深さにも驚いた。今年は、軽いものだけだなく、読みごたえのあるものも読みたいと思う。分かりやすくて使い捨てのビジネス書だけでは、読書とは言えないと痛感した。

  • フォトリーディング
    本の活用

  • この本よりも後に出版された「人生を面白くする本物の教養」を先に読んで、出口さんの考え方にすごく感銘を受けたので他の本も読んでみようと思い、購入しました。
    出口さんの深い教養の源泉に触れたように思いました。

    本の選び方やたくさんのオススメ本が取り上げられているのでブックガイドとしても参考になると思います。
    早速この本で紹介されていた本で興味を持ったものを読み始めました。

    しかし「人生を面白くする本物の教養」と内容が重なる部分が多く、同じ話を繰り返し聞いているような感じも受けました。

    日常生活で今までだったら疑問にも思わないことを意識して考えるようになったり、ルール化を取り入れてみたりと、私は出口さんの本を読んでものすごく影響を受けました。
    引き続きほんの少しでも出口さんに追いつけるように読書を続けたいと思います。

  • 出口氏自身の本の読み方、向き合い方について書かれた本。
    さすが数千数万の書物を読んできただけあって、考え方の一つ一つが奥深く、本の節々から教養の高さがにじみ出ている。
    しかしながら、良くも悪くも出口氏の読み方をなぞっただけの内容に留まっており、「だから何?」と思わざるを得ない・・・

    ただ、1冊1冊の本に対する姿勢や向き合い方などはとても参考になった。
    人と会って話す時のように、襟を正して読書をするという姿勢もさることながら、「何冊読んだ」かよりも「どれだけの知識や情報が身についたか」、「大切なのは読んだ本数でなくて残存率」という事は本当に重視しないといけない。

    「納得いくまで読み込んで、分からなければ何ページか戻る。それを繰り返しながら1冊を食べきる」
    この考え方には非常に同意してしまった。

    読むスピードや本数ではなく、「理解度」や「残存率」を意識して、これからも読書して行こうと思いました。

  • 「本を読まないと、教養が身に付きません。教養が身に付かないと、自分の頭で考えることができなくなります。」「支配する側や、商品・サービスを一方的に供給する側にとっては、自分の頭で考える習慣のないリテラシーの低い人ほど扱いやすい。」(67頁)

    「ホウレンソウは部下に強いるものではなく、管理者自身に向けられた言葉である」。上司の方から部下に目を配り、気にかけ、報告・連絡・相談をしやすい雰囲気をつくることが上司の仕事です。」(138頁)

  • 本をじっくり読んでみよう。
    最初の5ページで決めてみよう。
    三角形が浮かび上がる感覚を味わってみたい。

    なんとなく、背筋がぴんと伸びました。

  • 素敵な本に出会うために読む本です。
    出口さんの本はいくつか読んでいて、いつも刺激をもらえるので、出口さんの紹介する本なら間違いないかなと。
    出口さんも言ってるとおり、面白くなかったら読まなきゃいいんですし。
    どの本にも書いてますが、やはり古典にハズレはないんですね。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #本の使い方
    #出口治明
    #ライフネット生命
    #2017年24冊目

  • 本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない。何かを学ぶなら、厚い本→薄い本の順。「自分の頭で考える力」をつけるための読書法を、稀代の読書家が具体的に説き明かす。

    本を読む上で参考になる。

  • さに読書家への本❗
    最近、古典の解説本なんかを読んでいて人間って昔から変わらないな~なんて思っていたところに本書を読んだんで著者の意見もすんなり入りました。
    ただ、著者のようには読めません。
    でも古典や本への興味や意味を求める最初には面白いと思います。
    自分もオーディオブックで聞いたのに書籍として欲しくなりました。
    この本を読むだけでもいくつかの古典に出会えるし読むきっかけにもなると思います。読んだ気にもなったりして。
    あとオススメなのは本の選び方や入手方法。なんか、興味があって買っては見たものの積ん読が多い人や読み続かない人にも

    「使い方」とはありますが、活字中毒患者の考えを良いとこ取りしてはいかがですか?

  • 教養に関して古典が良いと言われるが、具体的にどのように役立つのか、書籍名入りで紹介されているのがよい。

  • 先日の「乱読のセレンディピティ」が乱読の本なら、この本は精読。
    もともと、反対のことを話す本をセットで読んでみて、両社の考えをぶつけ自分にあったものを取り入れていくようにしている。けれども、この2冊は結局同じ「好きな本を読め」と言っている。ばっさりとした違いといえば、読みに対する姿勢だけだった。
    結果、自分には精読は向いてないと思い、この精読の本も興味の濃い前半を精読、後半は速読だった。
    余談ですが、この2冊も、以前読んだぼくの好きな言語学の本も「古典を軽視するな」と言っている。その理由をそれぞれが説いているけれど、どうも腑に落ちない。古典を読んでみよう。

  • 出口氏の本の読み方、めっちゃ真剣に読んでてすごいなと思った
    5ページ読んでつまらなかったら切るというのは、とりあえず読む派の自分には合わないなと思った。
    自分が本をどう読んでいるかを考えるきっかけになった

  • 著者の本を読むことについての姿勢やメリットについて記載された本。
    本は教養を得られるツールとしてとても良いことが丁寧に描かれている。
    後半には、著者おすすめの書籍も紹介されている。

  • 本の選び方や読み方について詳しく解説されている。

    また、著者のオススメする本が紹介されている点も嬉しい。

  • この手の本のサイエンス系書籍の紹介がどうしようもないレベルなのは、もう仕方がないのかなぁ…。ただ、自身選書の書評があるのは、凡百のビジネス書系読書術本よりはるかにマシ。古典以外の選書から見て西洋史学に強いのかなぁ、という印象も。もっとも、著者の特殊な選書とその書評を除けば、本書は速読レベルで十分な内容。

  • 筆者の主張は、カリッパリッとしていて、小気味好い。なので分かりやすいし読んでいて気持ちが良い。速読には否定的だけど、もともと読むのが早い(というか、集中力がぶれない、それは好きな本だけ選んでいるからということだけど・・・)だろうなぁ。社会人、子供もいるこの歳になって古典はなかなかハードルがキツイけれど、すこしずつ読んでいきたいなぁ。読むのが早い(というか、集中力がぶれない、それは好きな本だけ選んでいるからということだけど・・・)だろうなぁ。社会人、子供もいるこの歳になって古典はなかなかハードルがキツイけれど、すこしずつ読んでいきたいなぁ。

  • 本は楽しむもの、好きなものを読めば良い。速読、乱読より、精読に戻ってみようかと思った。

  • 面白かった。おおむね筆者の考え方には共感できるところが多く、参考になった。時間がないとどうしても古典や分厚い本を敬遠してしまいがちだが、一一文一句丁寧に読み込んで、深い教養を身につけていきたい。

全120件中 1 - 25件を表示

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)に関連するまとめ

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)の作品紹介

本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない――本を選び、読み、活かすにはどうすればいいか。「自分の頭で考える力」をつけるための要諦を、稀代の読書家が具体的に説き明かす。著者初の新書書き下ろし。

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)はこんな本です

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)のAudible版

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)のKindle版

ツイートする