ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)

  • 72人登録
  • 4.09評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小玉有起
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016763

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "「望むところだぜ…
    必ず俺が先にお前の気持ちを見極めてやる
    これはそのための修行だからな」
    「………」
    「ん?なんか俺おかしな事言ってるか」
    「…い…いえ スタズさんらしいです…」"

    恋愛ごとにひと段落入れつつ。
    今回冬実ちゃんちょっとぐいぐいで可愛い。

    "「何だよ不満なのかよ」
    「目が覚めたら突然お肉渡されてペット扱いって
    受け止められると思います?」
    「いいじゃねェかよ 可愛がってやるって言ってんだから
    いったんそこに落ち着こうぜ
    ほら 冬実 おすわり」
    「…いいですよ わかりました
    そのかわり超可愛がって下さいね」"[p.121]

  • ちょっと進展した!相変わらず、スタズと冬実のもだもだがたまらない。可愛いなー。

全2件中 1 - 2件を表示

小玉有起の作品

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)の作品紹介

ベルと冬実、それぞれの気持ちを少しだけ理解したスタズは、己の弱さは恐怖と向き合うことで次第に成長していた。その頃、ブラッズはアキム討伐に向けてある計画を実行に移していて…アキム包囲網、着々進行中…!?

ブラッドラッド (13) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする