チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦 (角川文庫)

  • 60人登録
  • 1.78評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (4)
  • 5レビュー
制作 : 三角 和代 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041017852

チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 降参。白旗です。「英国上流階級的教養に詳しくないと楽しめません」と帯にでも書いておいてほしいなあ。ストーリー展開がどうとかではなく、皮肉でスノッブな語り口を味わうものなんだろう、と思う。よくわからないけど。

    かつてサンリオSF文庫に入っていた「深き森は悪魔のにおい」がこのシリーズ三作目と知り、かねてから読みたかった作品だったのでこの一作目から手に取ったのだが、いやいやとてもたどり着けそうにない。タイトルも作者名もいかがわしくて心ひかれるんだけどなあ。

  • キツい。これはキツい本です。何が言いたいのやら、全然わかりませんでした。こういうテイストのブラックシニカルな物語ものは、①キャラクターが立っている、②筋書きが面白い、③テンポが良い、いずれかに当てはまるケースが多いのに、全部ダメ。
    というか、無茶苦茶読みにくい。殺意すら感じるレベル。途中でドロップしました…

  • 2015/06読了。ジョニー・デップ出演の映画の原作ということで読んでみたけれど、全体的に読みづらく、結局何がどうなっているのか分からず2回読んだけれどやっぱり良くわからなかった。映画よりもハードボイルドな雰囲気だった。映画ほど下ネタ連発でもないし、チャーリーが弱弱しくもなかった。まあ、ジョック依存症なのは同じだったかな。

  • 私に取っては、映画はしょうもなかったけど、原作もそれ以上の大外れでした。文章が実に読みにくい。きっと翻訳者のせいではないと思う。最後まで読むのがほぼ苦痛でした。2巻目以降はパスします。

  •  本作は副題通り名画盗難をめぐる話。チャーリー・モルデカイは旧友でイギリスの警視であるマートランドからマドリードで盗まれたゴヤの絵画の手掛かりについて訪問を受ける。主人公のチャーリーは貴族の息子で美術商を営む。美食家で下ネタが好きでちょいとばかし変態趣味のある人物だが、裏社会に通じ怪力の執事ジョックを従えるなかなか食えない男でもある。そこにアメリカの石油王クランプフやその妻が絡んで、チャーリーは命を狙われるわアメリカに渡るわとんだ大冒険かはたまた珍道中がオフビートに繰り広げられる。
     というあらすじは意味がある様な無い様な・・・。実はこうしたドタバタの間に登場人物はどんどん死ぬ陰惨さも全体に及んでいるし夥しい蘊蓄(当ブログ主などほとんど知らない作家などの引用ばかり)が挿入されるなど明るいんだか暗いんだか浅いんだか深いんだかさっぱり分からない混然一体となった感じがこの作家の持ち味だからである。
     読む人を選ぶ作品だと思うが、読了すると何だかもう一度頁をめくりたくなる癖のあるチーズの様な風味がある。

全5件中 1 - 5件を表示

チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦 (角川文庫)のその他の作品

キリル・ボンフィリオリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
宮下 奈都
ピエール ルメー...
森見 登美彦
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする