SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)

  • 61人登録
  • 4.36評価
    • (6)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 谷川 俊太郎 
  • KADOKAWA (2015年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018491

SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SNOOPY COMIC SELECTION#4

  • 「起承転結」という概念がないのか
    4コマでは時間の経過や間を表すだけ?の
    一コマが入ったりで、3コマの方がテンポよく
    オチにつながっているような気がする(素人感想)。
    「ますます生意気に」(帯より)とあるが
    人間のパートナーではなく、あくまで自分という姿は
    犬というより猫的なイメージ。

  • 80年代後半には4コママンガでなくなる、というところが興味深かった

全3件中 1 - 3件を表示

SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)のその他の作品

チャールズ・M・シュルツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
パトリシア ハイ...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)はこんな本です

SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SNOOPY COMIC SELECTION 80's (角川文庫)の作品紹介

世界中で大人気のスヌーピーは、作者チャールズ・M・シュルツさんが1950年から2000年の間、新聞に連載していた作品『ピーナッツ』のキャラクター。本書は、計17897回にも及んだ連載から172本を厳選した、よりぬきスヌーピーコミック。80年代で注目すべきポイントは、スヌーピーに無償の愛を捧げるチャーリー・ブラウンと、全く意に介さないマイペースなスヌーピーという2人の微妙な関係。なんとも切なくて面白い!

ツイートする