アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)

  • 54人登録
  • 3.54評価
    • (2)
    • (12)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 文野あかね
制作 : 天野 ちぎり 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018835

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/8/25読了。
    「女神と棺の手帳」シリーズにどっぷりとはまり「ワーズワースの秘薬」、そして「アドリア王国物語」と文野あかねさんの作品を読み続けています。今回も期待を裏切らず面白かったです。
    天野ちぎりさんのイラストもとても綺麗です。

  • オーソドックスなファンタジーでむかしのライトノベルを読んでいるような感じがしました。カバーイラストはエマのかわいらしさとバルトの重さを両立させていてよいイメージです。

    これからエマの特異な記憶力がどのように発揮され、その能力ゆえの苦しみがどう描かれていくのか注目したいです。

  • 悪くないんだけど、どこにでもあるようなファンタジーにも感じる。でも、こういうの嫌いじゃないです。イラストも好感で、面白かった。
    出会いの一巻といったところで、今後『聖杯』獲得の壮大な物語になるのか、こじんまりとこのまま地味なまま進むのか、続刊に注目。
    作者の焦れったく切ない恋愛風景は引き継いで欲しい所だナ。今後に期待かナ。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4139.html

  • 絶対記憶の主人公と主をなくした騎士の物語。やはり、がんばる女の子に男3人組。

  • 「女神と棺の手帳」の文野さんの新作。
    主人公は今まで見聞きしたことを忘れない絶対記憶の能力を持つ女の子。便利そうだけど辛い記憶とかもずっと鮮明に覚えてるってことだから大変そう。彼女はその絶対記憶の能力を駆使して父親の殺人疑惑の汚名を晴らしたり、各国が血眼になって探している「幻黒の書」にまつわる話を記憶したりするらしい。手帳の次は書物(笑)そんな幻黒の書を共に探すことになるのが個性的な3人の騎士。ビジュアル的にはバルトが好み。ストーリー的にもバルトと恋愛が進んでいく感じなのかな?物語はまだ序盤なので分からないことだらけですが、文章は読みやすく、萌えポイントもあったので次も読んでみようかと思う。2巻では王都へ行くらしい。2015年冬に発売予定。

  • 2巻まで読了。
    主人公は気は強いんだけどけして我儘では無く、素直な子なので好感が持てました。
    恋愛下手な2人なので、恋の進み方はとても遅いけど、キャラに合っていて可愛らしい。
    ルースの存在も良い感じ。

  • 「女神と棺の手帳」が面白かったので買ってみました。
    女の子1人に男3人と前作と同じく男性陣が多いのですが、3人とも系統が違う男前で、どれも魅力的。エマは「絶対記憶」という能力を持つ女の子で、こちらも前作と同様に嫌な感じはしない女の子で面白かったです。

    エマの相手はバルトだと思いますが、ちょっとだけイラストのバルトと話言葉が違和感があったかなぁ。

    キーは「聖杯」で、まだこの巻では謎のままです。
    次巻も楽しみです。

  • ラノベの王道という感じ。
    メイン、サブ共にキャラクターに好感が持てるし、ストーリー展開も飽きさせずなかなかおもしろかった。

    次巻以降に期待したい。

  • 新しいシリーズです。
    テイストは女神と棺の手帳となんとなく似ていそうで似ていない。
    今後が楽しみです。
    文章も本当に読みやすくて。

全10件中 1 - 10件を表示

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

文野あかねの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)に関連するまとめ

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする