鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐

  • 3781人登録
  • 4.05評価
    • (481)
    • (575)
    • (319)
    • (35)
    • (8)
  • 493レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018897

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐の感想・レビュー・書評

  • いやぁ、すごかった…というのが読後の素直な感想。自分の体内にも一つの世界があり生きている細胞や生物がいて闘って勝ったり負けたり消えたり生まれたり、しながら未来や地球(宇宙)と繋っている。そう思うと自分の身体が光って輝いて見える。読み終わって振り返ると物語冒頭の鎖に繋がれた囚人の頃が懐かしく思う程かなり時間が経った感じ。ユナちゃの存在が物語全体を明るく照らす。

  • タイトルの意味を考える。
    文中で鹿の王について、主人公の父親の言葉と、主人公の思いが出てきたけれど
    再読したら、また違う印象をうけそうな。。

    バルサのように、外伝があると嬉しい終わり方。
    でも希望がありそうで良かった。
    独りになるかとハラハラしてたので。

    黒幕の若者の思惑が意外というか、思いつかなかったというか。
    それまで登場した人たちは王族だったり、頭だったりとトップの考え方をする人達が多かったので。。。

    それぞれの登場人物が主人公になり得るお話だったので、色々想像する。

    後書きで、上橋氏が本当に苦労して、辞めようと思った、とあったので、 ヨカッタ読めて!!!有難うございます完成させてくれて!!! と感謝。

  • 4.0 民族間の対立、宗教と医療、テロなどなど。いろんなものが描かれている話し。『鹿の王』の意味は深かった。

  • (上巻に同じ)
    ファンタジー、医療小説、政治社会小説
    賢くあるべき立場にある人が、ちゃんと深い思慮と賢い行動をとっており快い。

  • 上橋菜穂子さんが構想に3年かけ、出来上がった作品。
    ファンタジーで、時代も国も架空でありながら、テーマは、今の世界にも通じる普遍性が。

    絶大な力で統治したもの、されたもの。広い国土はそれぞれに生きる生き物も、人々の生活様式も、目には見えない微生物までも違う。累々と続いてきた文化の中には、本人たちが知らないでしてきた身を守る知恵の集積。

    あるものには敵が、別のものには味方。
    どれが悪人でどれが善人、そんなことは見方が変われば常に変わる。

    言語も文化も、価値観が違う人々が、平和に生きてゆくには。生と死、善と悪、表裏一体のその間には何が存在し、存在しないのか。

    物語が進むと、今の世の中にもある不条理、息苦しさの意味が同じだと感じる。そしてその解決策は何か?

    あなたは答えを読み解けるだろうか?

  • 図書館で。上下巻一気読み。
    助けられる人が助ければ良い、という台詞はすごいな。確かに自分の事で手一杯な人間が中途半端に溺れる者に手を出したら被害は増えるんだもんなぁ。そうやって考えると英雄なんて持ち上げる考え方を唾棄する主人公のお父さんはすごい。

    命というものは同じように見えても全てが特別で唯一の存在である、というのは知っていると今後の人生で不思議と何かの折に役に立ちそうな知識だなぁ。
    種族を越えても知識が伝わることにより仲間意識が芽生えるっていうのは素敵なことだなあとしみじみしながら読み終えました。

  • おもしろかった。
    上巻の最初らへんは話があっちいったりこっちいったりしたので、入り込むのに少し時間がかかったが、
    そのうち一気に読み進めることができた。
    比較的、登場人物の年齢が高い上に、
    それぞれの抱えている哀しみが大きいし、病というテーマが
    国の情勢やらもかかわってきて語られるために、
    全体として話が重い。
    あいかわらず、食べ物がおいしそうで、
    大御馳走じゃなくても、たべてみた~いっと思わせる。

    私の身体の中でも、
    いろんな国のいろんな兵士が闘ってる、
    変化したり、勝ったり、負けたりしてるのかもなあ、と思う。

  • 本屋大賞も取った有名なファンタジー小説。感想は上下あわせてのものです。
    面白かったんですけどね、、、でも思ってたほどでもなかったかな。舞台設定は確かにファンタジックではあるけども、内容は近代医学とバイオテロ的な話に他ならないわけで、別にファンタジー世界じゃなくても、と。むしろファンタジーな世界観でひたすら医学的な話や領土問題とかでてきてその違和感が通常よりもむしろ大きく感じてしまった。世界観取り払ったら別に凡作っぽいし、じゃあ世界観とマッチして・・ということもないし。。。うーん。

  • とてもよかった!
    哀しく切なくなる現実を突きつけつつ、
    どこか温かさが流れている、そんな印象。

    為政者、医術者、司祭医、
    原住民、移民、動物、病素。
    様々な視点の正義と意思があり、唯一の正解はない。
    むしろ、ある視点の正義は、別の視点では罪になる。
    神様次第、という諦観の中で、
    それでも自分の正義を信じてもがくことが、
    生きるということなのかもしれない。
    そして、死ぬことで生きる命もある。。。

    「多様性と共生」が一貫したテーマに感じた。
    体内の細胞と病素もそう。
    自然界の食物連鎖や環境変化に伴う変異もそう。
    群れや氏族の「王」の役割もそう。
    様々な氏族を束ねる国もそう。

    ちなみに、
    図書館では「児童書」扱いで驚いた!
    「大人も読めるファンタジー」というレベルではない。
    私は人に本を薦めることはあまりしないけど、
    この本なら自信を持って薦めることができます!

  • 生きることには、多分、意味なんぞないんだろうに。在るように在り、消えるように消えるだけなのだろうに。

  • 「鹿の王 下」

    すごいお話でした!
    ファンタジーなんだけどすごく現実的!
    最後は悲しくて切ないけど、なぜかこれでよかった!
    あれこれ絶対大丈夫!と思わせてくれるエンディングでした!

  • 面白かったです。

  • 疾走感のあるストーリー。
    自然と共に生きる人々を描くことで、自然の理不尽さ、生命の力強さが伝わってきた。
    もがき、苦しまなければ、「生きる意味」を見つけることができない

  • 図書館で借りたので、上巻と下巻の間に時間が空いてしまった。それゆえに下巻を読む時に細かい部分を思い出しながらとなってしまい、うまく感情移入できぬまま終わってしまった。それでも面白かったけど。最初から一気に読みたかったなー。

  • いろいろな人の思惑が、複雑に絡み合っている物語。
    下巻に入ってからは目線がちょくちょく変わるので読みにくいところもあったけれど、ヴァンとホッサルが出会ったところからは一気に読めた。
    巻頭に地図が欲しい。

  • ファンタジー
    書者の3つの理由が必要が良かった

  • 小説を読む醍醐味の一つは、感情移入し、憧れる登場人物に出会うことだと思います。
    そういう登場人物に出会い、愛情を抱くと、とたんに物語のリアリティが違ってきます。

    この「鹿の王」という本では、"サエ"という素晴らしい登場人物に出会いました。
    物語の本筋ともう一つ、"サエ"が幸せになれるといいなぁと願いながら読み進めました。

    物語は下巻に入って、緩く絡まりながら張り巡らされていた伏線がだんだんと一つの核心へと収束していきます。
    その様子はさながら推理小説を読んでいるかのようなスリリングな展開で、"読むのが楽しくて仕方ない"という喜びをもって読むことができました。

    とにかく壮大な物語で、読後には一つの大陸を踏破したような、大きな達成感を感じました。
    今更ですが、ずっと積ん読にしておいたのがもったいなかったと後悔するくらい面白い本です。

  • フォッサルが色々と調べていくうちに、パズルのピースが揃っていく。<火馬の民>が育てていた麦と東乎瑠の移住民が持ってきた麦が書け合わさると毒麦になった。それを食べた馬と羊が死んだ。生き残った馬と羊もいるのだが、弱って結局死んでいった。<火馬の民>は病で死んだ馬を犬に食べさせてその犬が産んだ子はとてつもなく強く生まれるという神話があった(キンマの神が力をくれた)。
    その犬がダニに噛まれ、そこから伝染したという可能性まで調べることができた。だが、これには裏で糸を引いている人間が居ることまで突き止めていく。
    ヴァンはその犬(黒狼と犬の子)に噛まれたことでその動物とシンクロして統制できるようになった。その力をすでに持っていた<火馬の民>の族長に見込まれたが断るヴァン。
    <火馬の民>はそこへアカファを視察に来る東乎瑠帝国を襲わせるという計画があると推測するのだが、その推測は外れ、賢者のリムエッル(フォッサルの祖父)でも思いもよらない<火馬の民>の行動に翻弄される。その犠牲になったのがモルファの一族だった。
    彼らを止められるのは不思議な動物とシンクロできるヴァンだけだった。
    そして、傷を負いながらもヴァンはその犬たちと…


    色々な民族が、民族という括りを超えて、仲良く暮らしているのだろうな~と匂わせて終わっているところがいい。
    それにしても医術師の好奇心というものはすごいもんだ。知りたい!と欲求ってすごいものなのだな。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    不思議な犬たちを出会ってから、その実に異変が起きていたヴァン。
    何者かに攫われたユナを王ヴァンは、謎の病の背後にいた思いがけない存在と向き合うころになる。
    同じころ、移住民だけが罹るとと噂される病が広がる王幡領では、医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。
    ヴァンとフォッサル。ふたりの男たちが、愛する人々を守るため、この地に生きる人々を救うために選んだ道は―――!?(見返し上のカバーより)

  • テーマは病と命かな。生き物の内側で何が起こっているのか。どうして助かる人と助からない人がいるのか。現代医学が扱うようなテーマを、異世界ファンタジーの中で語り尽くしている。
    しかも、説教臭くなくて面白いんだよね~。孤独な男と女が片割れを見つける話であり、親をなくした子が家族を取り戻す話であり、また人種の違う人々が血とは違う絆で結ばれる話でもあり...。
    お見事としか言いようがない。

  • 王ってなんでしょう?血族?仲間をまとめる力?
    それぞれの価値観の中に王がありますね。
    全体を通して、ファンタジーというよりミステリーのような印象が強かったです。
    世の中の不思議と科学が人々の中に共存(混在?)している感じが、中世の頃を思わせました。世界観をイメージしやすく、それが読みやすさに繋がっていたのかも。
    ユナの明るさが、物語全体に漂う重い雰囲気を一気に吹き飛ばしてくれました。

  • この壮大なストーリーはあとがきを読んで、作者のいろんな視点から生きる、ということを考えた故なんだと理解しました。
    良いもの、悪いもの、その存在の意味を考えつつ生きていく。苦しいけれど共存の道を探すのが人の使命なのかもしれません。

  • 攫われた子を追いかけた2人。
    その先で出会ったのは懐かしい人と、医師と
    驚きの真実だった。

    どんどんと人が繋がっていき、目的が見えてくる。
    と思ったのに、それがまた二転三転。
    どこまでも安息はなく、どこまでも疑っていく。
    気がつかれないよう、目的を果たせるよう
    用意周到に計画を立てる相手もすごい。

    医学もものすごく深くなっていきますし
    そこに対しての驚きの真実。
    思わぬ所からの野望が、うっかり手助けをした、と
    いう風にも見えます。
    ある意味、運が良かった?

    そして去って行った彼を追いかけて行った4人。
    彼らが彼と巡り合えたのか…想像力を
    描き立ててくれます。

全493件中 1 - 25件を表示

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐に関連する談話室の質問

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐に関連するまとめ

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐を本棚に登録しているひと

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐を本棚に「積読」で登録しているひと

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐の作品紹介

何者かに攫われたユナを追うヴァン。同じ頃、医術師ホッサルは移住民に広がる謎の病の治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが愛する人々、この地に生きる人々を守るため、選んだ道は――!?

ツイートする