四段式狂気 (角川ホラー文庫)

  • 36人登録
  • 2.79評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 二宮敦人
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019702

四段式狂気 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初の仕掛けが判明してからは、割と展開がわかりやすかった。

  • 一段目のオチはまあすぐわかったんだけど、だんだん狂気っぷり。
    結局まともな人ってだれも出てこやしない。

  • 展開の読めてしまう部分も多かったけど、ひっくり返る部分もあって楽しめた。
    トリックが多重化されてるけれど分量が少ないので読むのに負担は特に無い感じ。

  • 面白かったがありきたりというかこうゆう伏線の話はホラー系じゃよくあるしこれまでの二宮さんの小説読んでたらすぐ次の展開がわかる。

    本の裏の軽いあらすじや帯に書いてあるほど騙されるような内容じゃない、すぐ次どうゆう展開で騙すのか分かる。

    あまりお勧めしない。

  • ★ネタバレ注意★











    裏の説明文に4度騙されるとか書いてたから買って読んでみたけど、普通に読んでれば次の展開などわかってしまってたいした驚きはなかったな…
    期待しすぎたのもあるかもしれないけど、必ず4度騙されるってのは、ないなって思う。

    内容にもまぁ普通かなって感じで。ドキドキもワクワクも特になく、次の展開が気になることもなかった。

    で、これは自分の理解力の問題だったりするけど、最後のマユリは結局誰なのかがよくわからない。あえてあやふやに書いてるのかもしれないけども。
    スッキリしないまま終わった感じだなぁ。

全5件中 1 - 5件を表示

二宮敦人の作品

四段式狂気 (角川ホラー文庫)に関連する談話室の質問

四段式狂気 (角川ホラー文庫)はこんな本です

四段式狂気 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四段式狂気 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする