最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)

  • 667人登録
  • 3.53評価
    • (30)
    • (68)
    • (110)
    • (10)
    • (1)
  • 60レビュー
著者 : 椹野道流
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020579

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『最後の晩ごはん』続編。というか次も出てるのでシリーズ第2弾。
    前作でチラッと出てきた淡海先生の過去にまつわるお話。今回も店に現れた幽霊の願いを叶えるために、海里と夏神(+ロイド)が腕をふるう。
    最初チャラいだけに見えた海里が、過去の事件と真正面から向き合い、成長していく姿がすがすがしい。夏神さんの無骨な優しさもいいし。ロイドはだんだん何でもありな感じになってきたけど。
    何より地元出身者としては、ローカルな話題が楽しい。まさか芦屋のルナ・ホールまで登場するとは。それだけで2割増ぐらいの楽しさがあるかも。
    結局夏神さんの過去は持ち越しの形。次作では語られるかな。

  • 今作もほっこり.そしてつくづく思う,故 香月日輪さんの作風にそっくり.これからも長く読み続けることになりそうだ.楽しみ.
    以下あらすじ(裏表紙より)
    兵庫県芦屋市。この街に、定食屋「ばんめし屋」はある。夜のみ営業、メニューは日替わり一種のみ、幽霊すらも常連客…。この不思議な店で、元イケメン俳優の五十嵐海里は、ただいま料理修業中。芸能人としての挫折を乗り越え、常連客で小説家の淡海とも仲良くなり、順風満帆、と思いきや、後輩の若手俳優・里中李英が店を訪れたことで、再び嵐に巻き込まれ…。人の優しさと美味しいごはんに癒される、泣けるお料理青春小説。

  • 1冊目で雰囲気に慣れたからか、
    よりスルスルさくさくと読めました。
    そして読み途中で本を置くのを渋りたくなる。
    続きが気になる!

    主人公が男前すぎました。

  • 後輩が訪れた事で、居場所が知れてしまった。
    最後までしつこかった記者は、常連が追い払ったが…。

    今回は幽霊なし? と思ったら、やってきました。
    いや、見つけた、というべきでしょうか?
    常連・小説家の背景がちらり、の前に
    店主の過去もちらちら。
    一体何があったのか気になりますが、それに対して
    男前な発言。
    外見と内面にぎゃっぷがありすぎます、本当に。

    ある意味、全員の過去がちらり、という状態でした。

  • 1巻読んでからすぐに続きを読んでるはずなのに
    ちょっと話が飛んでる感が…
    間に読者には知り得ない時間の積み重ねがあったんだなぁ、ということで。

    相変わらずごはんが美味しそうです。
    今回の幽霊は怖くなかったです。
    記者とか生きてる人間のほうがどうしようもなくて
    怖いというか嫌だというか…
    夏神さんの過去がすこーしだけ触れられました。
    次巻で明らかにされるかな?
    続きも楽しく読みたいです。

  • 芸能界から干され「ばんめし屋」で住み込み店員をしているカイリの元に後輩里中李英があらわれたことによりカメラが取り囲む。取材後もしつこい記者を撃退した常連客の作家・淡海五郎のため淡海の教え子、おばあちゃん達の朗読劇団発表会を手伝うことになったカイリは女子高生を見かけ―

    ◆1巻の幽霊話はエピソード的に「キャラクターと能力の紹介」みたいな感じであんまりたいしたことなかったけど、今回は淡海先生の過去もヘビーだし夏神にもなにかありそう、な。メガネにメガネ…うちわそよぐ田舎のおばあちゃんウケルww

  • 師弟の絆が深まった2冊目。
    夏神さんに何があったのか気になるが・・・。
    ロイドが良い感じに鬱陶しくて良い(笑)。

  • 【借り物】基本3人の間に穏やかな時間が流れててほんわかします。けど夏神さんにも何か過去があるんですね~。海里の再出発もしっかり世間に伝わって一段落。次巻以降も楽しみです。

  • 軽くて読みやすく雰囲気も好き。
    楽しみが増えた。

  • 世間から身を隠したまま…
    ずっとこのまま行けるはずないよね?
    と思っていたところにやはり事件発生!
    よくやった!よくがんばった!と、主人公をほめてあげたい、もはや息子感覚。
    彼はこのまま、料理人として生きて行くつもりなのでしょうか。
    なんとなく、演じることへの熱意も捨てきれていない気もしますが…
    この作品、出来上がった料理というより、調理している描写が生き生きとしてて良いというか、美味しそうです。
    熱した鍋に、じゅわっとタレを入れるとか、中華鍋とお玉の動き、立ち上る湯気とか炎とか、目の前に浮かんできますね!
    主人公の成長も楽しみ!
    ばーさんずの気分です。
    あのエピソード、良かった。

全60件中 1 - 10件を表示

椹野道流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)に関連する談話室の質問

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)はこんな本です

最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華 (角川文庫)のKindle版

ツイートする