気分上々 (角川文庫)

  • 545人登録
  • 3.65評価
    • (23)
    • (35)
    • (43)
    • (8)
    • (1)
  • 48レビュー
著者 : 森絵都
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020616

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

気分上々 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森絵都さんの本は3冊目。
    これまで読んだのが【カラフル】と【風に舞い上がるビニールシート】
    どちらも大好きな本でした。

    この本は短編集。
    2000年から2012年の間に書かれた作品を順番通りに収録しているのだとか。
    だからなのだが、一編読むと、次はガラリと変わった作品になり…
    主人公が10代のというものから、40代もあり。
    舞台も日本やヨーロッパ等々。
    ちょっと不思議な感覚にとらわれつつ読み終えました。
    ただ、最後に収められているのが表題作である「気分上々」で良かった~!

  •  9編収録の短編集

     大人の恋愛に外国が舞台のもの、ヤングアダルトが主人公のものなどバリエーションが非常に豊かな短編集です。

     最も印象的な短編は「17レボリューション」自分革命を起こすべく親友と絶交する女子高生が主人公の話。

     主人公千春の行動の突飛さもさることながらその親友イヅモの毒舌っぷりや、鋭い主人公への観察がいちいち面白いとともに、彼女の言葉が心にしっかりと突き刺さります。

     表題作の「気分上々」の主人公は中学生。最近死んだ父の影響で寡黙がちになり…
    と書くと何とも重たそうな話ですが、その寡黙になった理由がまた何ともおかしい。話の展開も重さを感じさせないものながら、最終的にはきちんと主人公が自分があるべき姿というものを捉えるようになっているんですよね。そうしたユーモアとシリアスのバランスが本当に素晴らしい短編だったと思います。

     「彼女の彼の特別な日 彼の彼女の特別な日」も読み終えて”気分上々”になる短編でした。元彼の結婚式で彼に「結婚おめでとう」と言えなかったことを後悔する女性がバーで出会った男性に持ちかけたあるお願いとは?
    これもそうした暗さを感じさせない書きっぷりと結末の温かさがあります。彼が彼女からの頼まれごとを実行したあとをにやにやと想像してしまいます。

     「本物の恋」「ブレノワール」も好きでした。どちらも主人公の心理描写が鮮やかながら、読み終えると登場人物の見方変わっているという点でミステリ的でもあり、そして心の温かくなる短編です。

  • 読了感がいい本。
    笑顔で閉じられる本が好きだな。

  • 九つの話が入った短編集。
    どれもこれも、〈一筋縄ではいかない〉ストーリーばかりで、でも不快な感じがしない。

    特に「気分上々」と「17レボリューション」は中学生や高校生の、しょうもないあるある!が中心となっていて、笑いをこらえるのに必死。

    あとは左右対称の名前の呪縛がテーマの「東の果つる所」も、バカバカしくて面白い。
    上機嫌で読み終えることの出来る一冊。

  • 解説の一文「ああ、そうか、大人になったとしても、私たちは何度も間違えるし。見失う。だとしても、間違えて初めて見える景色がある。わかることがある。間違えてもいいから踏み出さずにいられなかった一歩があって、そのことがこれからも自分を支えてくれる。希望と言うなら、それこそ希望なのではないか。」

    一つ一つの短編を読みながら、声を出してわらったり、泣いたり、共感してた私は、最後にこの文章に出会ってまた泣いた。

    大人になると失敗を恐るし、みえてくることも増えて後悔も多くなる。ふりかえらなければいけない過去も増えて、辛い経験も増える。

    でも、それを選択せずにはいられなかった、経験せずにはいられなかった、だから今の私があるんだと読み終えた後は思える。

    みっともなくても、惨めでもいいじゃないか、生きていれば、希望はある。そんな風に思える作品集。

    ヨハネスブルグのマフィアで主人公は何年生きても、初めてのことにであって感動することに驚いていた。10年経っても、また新たなことが起こる、起こってもいいのだと。

    現在を見つめて苦しくなるのは辞めよう、過去を振り返って後悔するのはやめよう、今見えてるのは人生の影、一部分だけなのだ。

    なにがあるかわからない、人生いつも、気分上々。楽しんで生きよう。

  • こういう話が読みたいんだよなと思う。小説家というものは己の内側にあるものを書き出していく存在なのだろう。だから、内側にたくさんのものを持っている作家は世界が広がっていくし、ない作家は一時話題になっても消えていく。
    そんなことを思う。

  • 読んでないと思ってたら5年前に読んでた!そしてすごく面白かった!なのに登録するまで既読に気がつかなかった!

  • 森絵都の気分上々を読みました。
    日常に潜むとても恥ずかしい出来事や感動的な出来事を描いた短編集でした。

    17レボリューションと言う短編は、女子高校生の主人公が自分に革命を起こすために、親友に絶好を申し渡すと言う物語でした。
    その親友から「またなんか常人の及びもつかないような変なこと、考えているんだろうと思ってさ」と冷静に指摘されたとおりで、いろいろ苦闘した後、結局その親友に助けを求めることになるのでした。
    そして、その親友から聞くことになる話は...

    ひねりのきいた物語たちを楽しみました。

  • ぼちぼちですかね。
    まず、よみやすかったですけど、なんだか読後感、余韻のいい感じの作品がものたりなかったですね。「17レボリューション」「本物の恋」はよかったです。風に舞い上がるビニールシートをよんで期待値が大きすぎましたかね??

  • 様々な恋愛模様を描いたオムニバス。
    個人的には17レボリューションがお気に入り。

全48件中 1 - 10件を表示

気分上々 (角川文庫)に関連する談話室の質問

気分上々 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする