深泥丘奇談・続 (角川文庫)

  • 160人登録
  • 3.54評価
    • (7)
    • (18)
    • (15)
    • (5)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 綾辻行人
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020623

深泥丘奇談・続 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 怪奇幻想譚。怪奇の色よりも幻想の色合いが濃い。
    幻想譚はそれでなくても曖昧模糊とした話が多い上に夢の話が描かれるのには興をそがれた。何でもありだとねぇ。
    もう少し土地にまつわる様な話、因習、因縁譚を読みたい。

    深泥丘三地蔵が好み。

  • 綾辻さん、楽しんで書いてるなぁ、という印象。

    猫とか犬、子供が何もない所をじっと見つめる・・・・あれほどぞわっとすることはない。

  • 1つの完結した世界の中を自由に探索しているような気分に浸れて、気づけば1冊読み終えてしまいます。
    何回読んでも新鮮に感じ飽きません。

  • 【図書館本】ややわかりにくい表現はありますが、この怪しい雰囲気は、好きです。続々編が出たら読むかな。

  • 安定のほのぼのホラー。ソウには笑っちゃった。

  • がん汁はモクズガニだと思います!(笑。
    あとがきではモズクガニになってましたが。
    ホラー映画テーマ2作、私は好きです。
    ソウは2くらいまでしか見てませんけどね~。
    猫もそうだけど、犬もあらぬ方向を見つめたり吠えたりしますよ。ふふ。

  • ホラー嫌いでも読めるホラーから最も遠いホラー。心理的にじわじわとくる。語り口が穏やかなのもすごく好き。

  • 一作目の方が訳わかんないなりにドグラ・マグラ風味とはいえ、それなりに独特の世界が確立してた気がする。ちょっと無理が過ぎる感じになった。基本的にオチがなさすぎできつい話が多いんだけど、狂い桜は逆にきっちりオチつけすぎで(しかもお約束な方向性で)前半の感じが良かっただけにもったいなかった。

  • 読了。

  •  <夢>シリーズが入ってきてから、なんでもあり感が増してちょっと興ざめ。著者も解説者もそこが気に入っているようだけれど…。<夢>なしで読みたいなぁ。

全16件中 1 - 10件を表示

深泥丘奇談・続 (角川文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ピエール ルメー...
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

深泥丘奇談・続 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

深泥丘奇談・続 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする