怪しい店

  • 665人登録
  • 3.55評価
    • (21)
    • (102)
    • (109)
    • (6)
    • (3)
  • 104レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021415

怪しい店の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた本。

    理髪店の話がほのぼのしていて面白かった。

  •  店を題材にしたミステリ短編集。
     宿を舞台にした短編集「暗い宿」の姉妹編だとあとがきにあります。

     「ショーウィンドウを砕く」は、犯人視点のお話。
     第三者の目を通して描かれる火村&アリスの雰囲気がおもしろかった。

  • なご夢さんがそっくりなのと男性からの評価に笑ってしまった

  • アリスと火村の短編集。それなりに、面白くはあったが、ちょっと迫力に欠けた作品が多かった。短編だからかもしれないけど、やはり有栖川さんの小説は長編推理小説の方が面白い。特にアリスと火村の丁々発止の謎めいた駆け引きに興味がそそられる。
    今回の短編中では、皆さんも言っているようにラストの「怪しい店」が面白い。それこそ、商売自体も「みみや」という話を聞くだけの商売だし、そもそもこんな商売が成り立つのかもわからないだろうに・・・。ただ、こんな世知辛い世の中だからこそ、こういった、悩みや苦しみを聞いてくれる人がいるだけで、うさがはれるのかもしれないが、それをゆすりの種にしたのでは犯罪になってしまうのは当然だろう。
    全体的にもう一ひねりの作品が欲しかったきがするが、まあ、☆3つというところかもしれない。

  • 火村英生シリーズ。短編。
    「古物の間」
    「燈火堂の奇禍」
    「ショーウィンドウを砕く」
    「潮騒理髪店」…一番好き。田舎の海辺の町の床屋とう設定がいい。
    「怪しい店」…ただただ人の話を聞くという店

    シリーズの別作品でも思ったけど、京阪神の細かい地名や路地を舞台にしてることが多いのは珍しいし、面白い。アリスとのやりとりもシリーズが長いだけあって安定の掛け合い。

  • 火村シリーズの短編集。今回のテーマは「店」。一番最初の骨董品を舞台とした殺人事件は、本格さを少し感じたが、他は安楽椅子ものがあったり、最後の「潮騒理髪店」は推理と言うより、旅情を感じさせるものだったり、一言で「ミステリー」と言っても、いろいろあるものだと感じる1冊。全体的な感想は良くも悪くも、「いつもどおり」

  • 「骨董品店で起きた店主殺人事件、偏屈な古書店主を襲った思いがけない災難、芸能プロダクションの社長が挑んだ完全犯罪、火村が訪れた海辺の理髪店でのある出来事、悩みを聞いてくれる店“みみや”での殺人事件。「どうぞお入りください」と招かれて、時には悪意すら入り込む。日常の異空間「店」を舞台に、火村英生と有栖川有栖の最強バディの推理が冴える。極上ミステリ集。」


    『怪しい店』は、『暗い宿』の姉妹本。お店をテーマにした5作からなる短編集。「潮騒理髪店」が火村好きにはとても良かった。爽やかで、どこか懐古的で。そして少し、怖くって。
    「燈火堂の奇禍」は、いわゆるシャーロックホームズの安楽椅子方式で、アリスがであった謎を火村に話して、火村がおそらくはこうだ、という推理を披露するという形のお話。もーこのかけあいが。好きで好きで。ほんとう長年のファンとしてありがてえ…。
    帯の「最強バディ」という文句にええええそうですよねと強く頷いてしまった。

    どの作品も共通してどこかぞっとする人間の狂気を描いていて、ミステリって単純にトリックばかりでなく、こういう所も大事なんだよなあとかしみじみ。

  • 個人的に好きなのは「古物の魔」です。アリスがちょっとだけ活躍しました。謎を解き、独りで勝手に犯人の処に赴く姿は格好いいと思いました。まぁ、火村もすぐ来ちゃいましたが。
    店でくくられたミステリーでしたが、宿のと姉妹作品らしく丁寧に纏まっており読みやすかったです。

  • シリーズ作品の強みである安定感ある作品だったが、それ以上ではないのが残念。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14298557.html

  • いろいろな「店」にまつわるミステリー短篇集。
    火村シリーズ。
    “殺人事件”ばかりではなく、ちょっとした謎や、心に染みる話など、趣の違うものが取りそろえられて、良い品ぞろえの店…のような本である。
    どれも、店の様子が目に浮かぶよう。

    『古物の魔』
    古物を仕入れ、売る。
    目利きをするという事は、なかなかに本人の人間性が物を言うのではないかと思われる。
    悪い人は出てこないのだけれど。
    結びの雰囲気が良い。

    『燈火堂の奇禍』
    ちょっと楽しい趣向だった。
    しかし、現金書留以外の方法で現金を送ってはいけません。

    『ショーウィンドウを砕く』
    ドラマにあった話。
    なるほど、一番テレビ番組向きの筋立てだ。

    『潮騒理髪店』
    タイトルからして素敵。
    店の名前なのだからなお素敵。
    山が南側で、浜が東西に延びているのだから、能登半島以西の日本海側なのだろう。
    ロケーションも素晴らしい。
    岬に立ってハンカチを振る堀北真希。
    キャスティングも良い。
    古い理髪店の様子や、老店主の熟練の技など…ノスタルジック。
    短いけれど、こちらは映画向き。

    『怪しい店』
    本当に怪しい(笑)
    いろいろ考える読者(私)
    なんとなく、犯人っぽい人がいないのだけれど…
    (いつもは「全員がグル?」と、思いがち)

    アリスがコマチさんとコンビを組む一瞬もあったり、コーヒーを飲みながら長電話だったり、楽しかったです。

  • お店に絡んだ短編集。

    「古物の魔」が好きだったかな。
    余韻が良かった。

    「ショーウィンドウを砕く」も犯人側からの目線が新鮮でよかった。
    他にも犯人が語り部の作品は何篇かあったけど、
    犯人から見たら火村は恐ろしい存在でしょうねぇ。

  •  火村さんシリーズとして初めて読んだ本。いきなり、短編から読んでみた。難しいトリックではなく、雰囲気がわかって、しかも続きがよみたいと思えたので、選択としてはよかったのかも。ドラマから入ったから、登場人物はずっとドラマ配役で脳内変換されてた。

  • がっつりミステリってわけじゃないけど、バランスよくて読みやすい短編集。いずれも店が舞台になっているという趣向も面白い。

  • 火村英生のドラマが最終回を迎えたので借りてみた。火村英生シリーズ。5編の短編集。お店に関するもの。ひとつドラマでもやったやつが入ってた。小さな芸能プロの社長が年下の恋人を殺すやつ。潮騒理髪店が一番良かったかな。トリックうんぬんじゃなく、潮騒理髪店に行ってみたくなった。こういう職人さんが引退するのは寂しい。ほんと、生まれてから死ぬまで、いろいろなものとの別れがあるのだ。有栖川有栖、本格物すぎてあんまり読んでないけど、やっぱ短編だと読みやすい。また借りてみよう。ドラマの余韻が残ってるうちに。

  • 一推しは「ショーウインドウを砕く」。犯人視点の火村先生はアリスが見るよりずっと冷酷でどきっとする。優しい印象の日常の謎「潮騒理髪店」も好き。ちなみに私の脳内劇場でもリカちゃん役はほまきちゃんでした。

  • これも再読。

    そういえば火村先生ってドラマ化されて、今クールで放送されているのね・・・。勉強不足にして知りませんでした。(最近ネットニュース見ても芸能人ほとんどわからないから、当然と言えば当然か。)

    ネットで探せばどこかに落ちてるんだろうけど、ドラマでイメージを固定したくないので、ワタシはこのまま小説一本で行くつもり(マンガ化されたのも読んでないしね)。

    「店」を舞台にした短編集、とのことだけど、安定化したシリーズなので安心して読める。ただこのシリーズ、やっぱりEMCに比べるとトリックが小粒なんだよね・・・そこだけが残念。

  • 火村シリーズ短編集。読みやすくバランスのいい作品集だった。「ショーウインドウを砕く」ドラマも見たが犯人視点というのが良い。「潮騒理髪店」は主人にされるがまま気持ちよくなってる火村氏がかわいい。「怪しい店」は反省会と称して仲良くなってきてるアリスと小町にちょっとジェラシー(笑)。でも二人でずっと火村のこと喋ってる気がする。アリスが時絵さんを祝いに来る古書店の話が割りと好きだった。推理小説としてはどれも突出していないがアリス&火村の関係が好きなら普通に楽しめる。いえ、怪しい意味でなく。

  • 5つの短編集。

    一応聞きなじみのあるものが出てきたのが
    4話目と5話目。
    連続、というわけではなく、店が出てきただけ。

    骨董屋、古書店、プロダクション
    理髪店と悩みを聞くだけ、の店。
    きちんとした従業員がいるのは、3話目だけ、のようで。

    一番ありえそう、なのは、やはり最後の話。
    そういう事だと思った、というのはありましたが
    さすがに犯人は…。
    ものすごく、ヒントが散らばっていたのですけど
    まったく考え付きませんでした。
    言われれば納得、なのですが。

    2話目の古書店については、どうなのでしょう?
    代金はあるけれど…な状態。
    ルール違反、ではあるので、やはり罰金状態?w

  • 「店」にまつわる中短編を集めた作品。類型の「暗い宿」が大好きな私にとっては大満足の作品でした。
    話の種類やアプローチも様々で飽きさせません。
    表題作「怪しい店」に関して・・・・確かに何の店なの?と首を傾げたくなるような看板や、そもそも店なの?という建物、結構ありますよね。そういう店を探したり、勇気を持って飛び込んでみたりしたくなりました。

  • 燈火堂の奇禍みたいな、クスリと笑える話が有栖川作品の中では結構好きかも。

  • (収録作品)古物の魔/燈火堂の奇禍/ショーウィンドウを砕く/潮騒理髪店/怪しい店

  • 文庫化まで待ちたかったのに、ドラマ化に煽られ購入。
    〈店〉にまつわるミステリを編んだ短編集。
    「暗い宿」の姉妹編とも言えるかもしれないと作者本人が言うように、読んでいると「暗い宿」を思い起こさせる。

    ・古物の魔
    ・燈火堂の奇禍
    ・ショーウィンドウを砕く
    ・潮騒理髪店
    ・怪しい店

    5篇。
    短編はメリハリが効いていて読みやすく面白い。
    テーマが決まっているのも楽しみのひとつ。
    どれも面白かったが、物足りなさを感じるものもあったので、総評としては☆×3.8くらいか。

  • テレビドラマが面白かったので、原作に手を出してみた。
    でも、テレビドラマの斎藤工さん役の火村准教授と、原作の火村准教授は、ちょっとイメージと違った。
    まあ、どちらも個性があって面白いけど。

    ワトソン役が、有栖川有栖本人なので、内田康夫の浅見光彦シリーズを思い出す。

    この作品は、「店」の話を集めた短編集。
    古物の魔が、なんとなく読みづらく感じたが、あとは、スイスイ読めたかな。

    特に、潮騒理髪店が気に入った。
    別れについて、火村准教授が語る言葉は、心に響いた。そーだよな。。と、しんみり。
    そして、あんな技術の持ち主が、その技術を披露する場をなくしてしまうというのは、勿体無いと、読みながら思う。

    怪しい店は、自分がその手の勉強をしたので、その店の需要がわかっており、そこに通っていた人々の心情が理解できたが、被害者のやり方には、読みながら腹が立ってしまい、自業自得的な感情が生まれた。

    全体を通して、結構面白かった。

  • 火村シリーズの短篇は、「おっ」と思わせるひねりだけでなく、やっぱりキャラ勝利だよな~と……
    火村センセとアリスの二人がいれば、とりあえず喜んでしまうわ……

    女優さんの具体名、面白過ぎるからヤメテwww

  • おもしろかった! どれも読みやすい短編。アリスは最初からのような気もするけど、火村もだんだん人間味がよく見えるようになってきたなあ。店というテーマがあるからか、日常を描く部分も楽しい一冊。

全104件中 1 - 25件を表示

怪しい店に関連する談話室の質問

怪しい店を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怪しい店を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怪しい店の作品紹介

誰にも言えない悩みをただただ聞いてくれる不思議なお店「みみや」。その女性店主が殺された。犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖が謎に挑む表題作「怪しい店」ほか、様々な店を舞台にした傑作ミステリ!

ツイートする