臓器賭博 (角川文庫)

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 両角長彦
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021712

臓器賭博 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自らの臓器を賭けた闇賭博の代打ちをする話。
    もろカ○ジなわけだが,ザワザワザワザワな緊迫感は良い。
    この作者の作品はハズレ無し。

全1件中 1 - 1件を表示

両角長彦の作品

臓器賭博 (角川文庫)はこんな本です

臓器賭博 (角川文庫)の作品紹介

負けがこんだ男の代打ちを頼まれたギャンブラーの古賀。ゲームは現金の代わりに自分の臓器を賭けることができ、依頼主はすでに4つの臓器をとられていた。自分の臓器をカタに勝負に望む古賀。勝負の行方は?

臓器賭博 (角川文庫)のKindle版

ツイートする