ワン・モア (角川文庫)

  • 230人登録
  • 3.99評価
    • (24)
    • (44)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023846

ワン・モア (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 連作短篇集。「十六夜」と「ワンダフル・ライフ」が好き。犬じゃない方のすばるは結局みつからないままだろうか?どうなったか気になる。短編を読み進めるごとに、美和の人物像がどんどん人間臭くなっている気がする。
    余命が短いとわかった時側にいて欲しい誰かがいることだけでも幸せだと思う。生まれた子犬を託すことで託した相手に幸せでいることを約束させる行為はエゴなんだけど、愛を感じる。

  • 一匹狼な生き方の強い女性が主人公。心情描写も素敵だし、作品全体に漂う静かで切ない雰囲気がさすがです!登場人物全ての人に幸せになってもらいたいと思うくらい、人物も魅力的です。超おすすめ。

  • 暗い印象から始まり、また暗い話かと思いきや最後は良かったと思える本だった。少し泣けた。

  • しみじみと素敵な小説です。そこそこ色んな経験を積んだ30過ぎ男女が主人公の連作短編集。それぞれの気持ちが丁寧に書かれてる。どの短編も心に沁みたけど、末期がんを宣告され、もう一度別れた夫と残された時間を過ごしたいと願う女性の「ワンダフル・ライフ」、看護師と患者で知り合い「5年経ったら迎えに来る」と約束した男性を待つ「ラッキーカラー」が印象に残りました。短編の結末がはっきりとわからないものが多かったんですが、それは最後に収録されてる「ワン・モア」でわかる仕組みになっているのが、ドラマ仕立てで面白い。

  • みんなワンモアな人たち。
    踏み出すことで、変化が生まれる。

  • 出だしはそろってドロドロなのに、最後には希望が見えてくる。
    読後感、意外にも爽快。

  • ふわふわした甘さのない大人の恋愛小説。
    浦田さんと赤沢さんのお話が一番好きでした。

  • めずらしく、希望を湛えたハッピーエンドw

  • 登場人物それぞれの物語が少しずつ繋がっていく連作。それぞれが幸せになっていくのを素直に喜んで読める。作者の技量が上がったと感じる。

  • 桜木紫乃って最初はそんなに好きじゃないと思ってたけど だんだん好きになるかも。この人って文章がうまいだけじゃなくて ひとの造形がうまいっていうか。これはこの人のなかでも1番のハッピーエンドって感じだけど そこがすき。

  • 桜木紫乃さんの本はこれで7冊目。
    これまで読んだ6冊の中では【蛇行する月】に☆5つをつけていて、そのレビューにも”この本が一番好み”とかいています。
    が~!
    訂正です。
    この【ワン・モア】が一番好きです。

    医師の柿崎美和は安楽死事件を起こしたため、離島に左遷される。
    高校時代から問題児の美和は離島でも、自分の生き方を変えようとせず、元競泳選手の昴と不倫関係になる。
    そんな美和のものに、高校時代からの同級生で医師の滝澤鈴音から「癌で余命宣告を受けている」との連絡が。
    離島から鈴音のもとに帰る美和。
    そんな二人を取り巻く人たち。
    それぞれが抱える人生。
    いろんなことがあって、いろんなことに傷つくけれど…

    来年はもっと桜木さんの本を読んでみよう!
    そう思わせてくれた一冊です。

  • 安楽死事件を起こして離島に飛ばされた女医の美和と、友人で開業医の鈴音。二人の女性を中心に、孤独な人生を過ごす人々の絆と再生の物語。
    連作短篇集なので、主人公がバトンタッチするように変わっていく。個人的に、『おでん』のトキワ書店店長・亮太の恋の行方が心配で心配で。強く相手を想うことってやっぱり大切だと思った。ちゃんと『サトウ シオ』になって安心した。

  • 評価が高かったので読んでみたけれど、どうもしっくりこない作品。共感できないというか、心が震えないというか。

    それでも「十六夜」と「ワンダフル・ライフ」は心臓がちくりとしたり、心がざわざわして良かったけれど、あとの短編は「だからなに?」という感想しか出てこない。男女の機微が感じられず、予測可能な展開。
    特に最後の「ワン・モア」の大団円は酷い。これによって作品全体が安っぽいドラマのようになっている。

  • 恋だの愛だのを越えたところにあるような人間関係だと思った。昴の心の奥を思うと、辛い。

  • 多忙な仕事の合間をぬって、かなり時間をかけて読みました。
    今まで無かったの桜木紫乃作品のなかでは、前向きで、読了後に元気をいただけました。
    登場人物が、それぞれいろんな悩みや人生を抱えながら、一生懸命に生きている。
    小さな どこの街にもある、普通の医院に関わる人たちそれぞれが、人生の主役。
    桜木紫乃作品にしては、ドロドロとした、やり場のない感情が残らない、清々しい話。
    私てきには、桜木紫乃作品の中ではNo.1でした。

  • なんでしょう?全体的に湿度の高い話で、絶対アンハッピーエンドだろうと読み進めるのに、どれも良い結末。でもからりとしない、不思議な感じでしたが、好みです。
    この著者お初でしたが、他を読んでみたくなりました。
    (kindle)

  • 初の桜木さん。

    道東のK高理数科出身の柿崎美和、滝澤鈴音、八木浩一。
    美和と鈴音はH大医学部へ、八木は医学部をあきらめ放射線技師になる。市民病院で一緒になる3人。そこで美和は安楽死事件を起こし、離島へ飛ばされる。鈴音は親の病院を継ぐ。

    美和は離島で不倫をし、小さな町でよからぬ噂の的となる。そんな時に鈴音から自分の病院を継承してくれないかと連絡が来る。

    クールな美和と優しい鈴音。看護師の浦田さん。仕事、異性、家族。何ともない話だけど、女性の意固地な面が垣間見れた。

    安楽死を起こした女医は冷たいんじゃなくて、他人の心情を読み取ろうとするばかりに間違った方向に進んでしまったのではないか。美和のクールさ、遊び人ぽさが合わないなと思っていたのだけど、鈴音が素敵で読了感は悪くなかった。

  • まだ、直木賞受賞作も読んでいない私ですが、今まで読んだ桜木さんの作品の中では、これが一番好きです!
    巻末にあった北上さんの解説によると、この作品から桜木さんの第2ステージが始まるとか……その評価も頷ける作品だと思います。
    死がモチーフになっている連作長編なのに、重すぎず、どこか爽やかで優しい印象すら受けました。
    最初の美和さんが主人公の「十六夜」だけは、今まで読んできた桜木さんの作品らしい、やるせなさを感じ後味の悪さが残ったのですが、次の「ワンダフル・ライフ」最後の方の別れた夫を玄関で見送る場面で、ガツンとやられ、「ラッキー・カラー」のベテラン看護師さんには頑張れと内心で励まし、そして「ワン・モア」の最後のバーベキューの場面では、気になっていたトキワ書店の店長さんのその後を知ることができて、みんなで子犬のの誕生会をする平和な様子にじんわりと涙ぐみました。
    あまり正面から「頑張れ」と言われるのも辛い、この作品には、押しつけがましくない前向きさを貰えた気がしました。

  • 物語を紡ぐことに
    長けていますね。

    桜木さんの作品の中では
    ふうわり優しく
    幸福な物語でした。

    爽やかな読後感を
    得られるかわりに、
    ズンとした重みやアクが
    ない軽めの感触。

  • 連作長編。

    北海道の離島で医師をしている美和から話が始まり、その友人の鈴音、鈴音の離婚した夫、それぞれに個性的に描かれています。

    ストーリーはどうと言う話でもないけれど、それぞれの視点で描かれた物語は共感できて、読後感もいいです。

  • 2015/03/26

    終わりの大円団にがっかり。

  • 美和、鈴音、八木 高校時代の同級生たちが中年になってからの3人とその周辺の人々の物語。美和、鈴音は医師となり、八木は放射線技師になった。安楽死事件を起こし病院を追われた美和は離島でかつてオリンピック競泳選手でドーピングが原因で転落した男と逢瀬を重ねる。そこへ鈴音から余命半年で個人病院を任せたいという電話がかかってきて・・・。人生を重ねてきたが器用には生きられない人たちに温かいまなざしが注がれている。とくに看護師の浦田さんの物語はこれまでの人生に慣れ、幸せへの一歩を踏み出すことに憶病になってしまう気持ちに共感した。鈴音の犬リンのプラチナホワイトの子犬をもらった浦田さん。子犬の生命力にそっと背中を押される姿の大げさでないところもよかった。

  • 桜木紫乃さんの作品を初めて読んだ。登場人物の心理描写が詳細に書かれていない分、それを想像しながら読むことができる。個人的には少しそれが難しかったが、確かに味わいがある作品なのかもしれない。

全38件中 1 - 25件を表示

ワン・モア (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワン・モア (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワン・モア (角川文庫)はこんな本です

ワン・モア (角川文庫)のKindle版

ワン・モア (角川文庫)の単行本

ツイートする