惨敗の理由

  • 14人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 戸塚啓
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023976

惨敗の理由の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 足りなかった「勇気」。
    戦術でもフィジカルでもなく。
    僕も同じように感じた疑問。
    だが考えてみると納得した。勇気。それは経験に裏打ちされた覚悟。「勝者のメンタリティ」も同義だと思う。
    それの獲得には、甘えの余地のない場で闘いの蓄積しかない。それが文化になる。その文化が世界との差。
    文化の違いといわれ続けてきたし、そう言ってしまうのは安易かもしれない。
    でも、やり続けるしかないんだと思う。
    地道でも、進んだり後退したり、きっとどこも同じなんだろう。
    正解はない。だから面白い。
    そして、初戦を落としたリオ五輪代表。
    このタイミングで読み終わったことに運命を勝手に感じる僕。
    ここが、勇気の見せどころ。

  • 著者がイタリアのW杯を終えたザッケローニに直接取材し、W杯でのそれぞれの試合について、あのような采配をなぜしたのか指揮官に直接尋ねている。指宿のコンディショニングの失敗ということが通説になりつつあるが、日本人のメンタリティである勇気のなさ、相手をリスペクトしすぎることに問題があるのかもしれない。

    インテンシスタのあるサッカーをするためには、日本代表が海外でアウェイの戦いを経る中で、自分の立ち位置を少しずつ感じていくことしか、本当の意味での強化はできないのかもしれない。

    全てをザッケローニに同意することはできないが、ある部分は共感や今後の強化について考えさせられることが多かった。

  • 当然のことだけど、最近になってワールドカップの総括がいくつかまとめられてきててなるべく読んでいる。サッカーに限らずスポーツは試合もたのしいけど、ゲームの前も後もたのしみ方はあると改めておもいます。

全3件中 1 - 3件を表示

惨敗の理由のその他の作品

戸塚啓の作品

ツイートする