完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

  • 1659人登録
  • 4.09評価
    • (164)
    • (204)
    • (85)
    • (14)
    • (3)
  • 182レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 実は私、オードリーのファンです!
    特に若林君がいい!!

    そんな若林君おススメの本ならきっと好きなはず!
    と、【教団x】にチャレンジして、挫折したという、苦い経験があるのですが…
    しか~し、ファンと公言するからには、若林君のエッセイは読まなくちゃね!
    普段、「人見知り芸人」、「女の子苦手芸人」と自称している彼。
    オードリーがブレイクした当初は、春日の存在感の陰に隠れ、「じゃない方芸人」と言われていた彼。
    自意識過剰な彼。
    そして、自他ともに認める「読書芸人」でもある彼。
    「帯が書きたい!」と言っている彼。
    最近は又吉先生にすっかり持っていかれていますが…

    そんな彼のエッセイ。
    面白かったです!
    ますます若林君から目が離せません~(笑)

  • テレビ出始めた頃は、「じゃない方芸人」なイメージだったけど、最近はテレビやラジオで話してるの見ると、この人絶対頭いいし、なんか好きだなと思ってて。読書好きでもあるし、どうしても読んでみたくなりました。

    人見知りで中二病だった彼が、本当にタイトル通り社会人として成長していく様が分かって、とても面白かったです。大人になるのを良しとする部分と、それと引き換えて何かを失う寂しさと。とてもよく分かります。

    被害妄想気味だし、ネガティブで考え過ぎなタイプだと思いますが、自分と似てる部分もあって、共感しまくって。でも私も同じようなこと感じてたけど、こんなに言葉にはできない。自分でこれだけの結論に達する彼はすごいなと思います。

    読書好きなだけあって、文章も読みやすいです。文章が上手いのか共感からなのか分かりませんが、何度か泣きそうになりました。

    エッセイでこんなに共感したことないかもしれないってぐらい面白かった。彼がこれを書いたのと同じぐらいの歳で読めたのも、大きいかもしれないです。

    歳を取ったらこんなに共感できないだろうし、近いうちにまた読みたいなと思います。

  • とにかく共感の連続。
    移動中暇になるから…と、読み終わったら即売ろうと買った本だったのですが、これからずっと本棚に並べておきたい一冊になってしまいました。

  • ここまで共感できた本、久しぶり。

    若林ってどこか斜に構えてるというか
    冷めた自分に酔ってるイメージがあったんだけど
    (若林のことは好きですよ、誤解なさらぬよう。)

    この本読んで見方変わった。
    頭の中でかなりあーだこーだ考えて悩んで試行錯誤して、その結果があの姿なんだと。

    地頭の良さがうかがえる、文章構成。
    そして面白さはお笑い芸人とあって保証済み。

    自分も相容れる部分が多く、
    現代っ子にはかなり勉強になるんじゃないかな?と思いました。

    社会人目前にした大学生とか、是非読んでみてほしい。

  • こんなにも共感できるエッセイは他にない、と思っているお気に入りの一冊。
    単行本でも買って読んでいたので、追加収録された部分が文庫版の楽しみでした。この追加収録分がまたとても良くて、毎回「神回か…?」とうなりながら読み進め……「読み進め」といっても、ひとつ5〜6ページ程度のエッセイなのに、ひとつ読み終わるごとに「うわああ」となるので本をとじて気持ちを落ち着けていると全然読み進まない。

    特に、「人間関係不得意」のT君の話は、T君の社会的不器用さと、若林がT君にかける想いと、その結末に涙が出ました。

    4年間にわたって書かれていると、若林の考え方も変わってきていて、その変化も読んでいて面白くて。

    色んなことが「なんとなく」流せない、いちいち自分が納得しないと進めない、人に興味がない、人見知りで自己肯定感が低くて承認欲求が強くて芸人をしていて熱かったり冷めてたり…それが全部文章に入っていて、この人すごいな、と改めて思いました。

  • オードリー若林さんのエッセイ。同大学同学部に通っていたとは。内容も文章も面白くて驚いた。付箋を貼りたくなるような名言が多数(面倒だから貼らないけど)。読書大好き芸人は伊達じゃない。
    タメにタメてからの相方の章はムネアツ。いじられキャラの人もいじられたい人も必読。

  • オードリー若林さんの傑作エッセイの文庫版、と言うか連載すべてまとめられた完全版。
    やっぱり注目してしまうのは、笑いのカイブツ・ツチヤタカユキ関連の人間関係不得意3部作。
    結局大阪に帰ってしまったが、その最後に出てきた「宝物」とその直撃を避けるのに必死立ったという話と、涙ですわ。
    さらにその後についてはcakesで、とすごく良いタイミングだww

    「社会」に対して角が取れたけど、それが丸くなったというか、やっぱり良い距離感をいまもった、ということなのかなぁ。
    まさに「社会人デビュー」したところから、社会人としての所作を身につけるまでの、ホントに貴重な話だし、小中学生に読んでもらいたいけど、結局「オトナの都合」と思ってしまうから、分かんないかも知れないなぁ。

  • これを読んだからと言って、生きる活力がモリモリ湧いたり、生きるヒントをもらったりするわけでは、決してないのだけど、読んだ後になんか肩の荷が降りたような気分になる一冊。
    色々好きなエピソードはあるのだけど、オススメは「牡蠣の一生」
    P253 ぼくがお笑いをやっていることに使命のような大仰な意味なんてもちろん無い。意味なんて無いからこそ、せっかくだからおもしろいことをやりたくてやっているだけ。もしそれが持続できなくなったとしても、ぼくには牡蠣のように生きる権利が圧倒的に残っている。

  • 読むか、読まないか、読むか、ずっと迷っていて、ついに読んでみた。

    最初の、どんがってるな、という感覚は時間と共にゆっくり削られていって、視界?が広がってゆく感じがする。
    社会なんてどうせ、と、そうは言うけど自分だって結局、の応酬から少し抜け出たりする。
    慣れること、拒否感が鈍ることは、この人にとって怖いことではないのかな……と思った。
    それは、自信なのかもしれない。

    中盤、よりとんがっているT君という存在が何度か登場する。
    私としてはT君のエピソードが、一番心打たれた。
    彼は、拒否感を鈍らせずに帰ってゆく。
    でも、だからこそ、彼は引き止められるべき存在なんだろうなーと思った。

    かくいう私も、エッセイを読んでいて、分かる分かると思って、ハッとすることが多い。
    そうか、私も、人見知りだった!
    そして、指摘に耐えられない自意識の持ち主だわ!
    でも、筆者は、私よりよっぽど特殊な空間の中で、世間というものと対峙しているんだよなぁ。
    そう思うと、素直にすごい。

    ただ、最後の一文をあんまりきれいにまとめようとするものだから、そういうのが、ぶってるって言われちゃうんだろうな……とついつい、ニヤニヤしてしまうのだった。

    自意識万歳!

  • 長い間、中ニ病 こじらせてたんだな^^;
    社会人になってからの、とんがりっぷりに少しハラハラ。
    だけど、
    人見知りだろうが、
    自意識過剰だろうが、
    自分の頭で、
    きちんと考えることができて、
    答えに近づく勇気を持ってる人は、
    なりたい人生、掴めるんだな。

    紡ぎ出す言葉は、
    読み物としても、人としても、
    魅力にあふれてる。

  • 読書は、ビートバンや杖にしかならない。
    この本を読んでもそうだし、
    この本から学んだことでもある。

  • ジャカルタ行きの飛行機で久々の読書。
    オードリー若林のエッセイ。
    赤裸々で、隠してない。だからなんか、くらーい側面が現れてる。
    リアル過ぎて、若林の社会人としての順応がものすごいリアルに綴られてて、リアルすぎてなんか辛い。
    悲しいような、でもそれが事実で、そうやって、私も生きてるなー、と思ったりする。


    そこに流れるなんだか悲しい感じ、暗い感じが、なんか、人生幸せだけで生きてけない、という性質を持ってる人っぽくて良い。
    私には。


    『落語家』が良い。ちょっと泣ける。


    「わざわざ怖い思いをするために時間をかけて並ぶ。
    絶叫しながら乗る。
    二度と乗りたくないと思う。
    でも充実感がある。
    だからまた次のジェットコースターに並んでしまう。
    仕事がそれに似ているという。」p105今、幸せですか?

    「これまで僕は起きもしないことを想像して恐怖し、目の前の楽しさや没頭をおろそかにしてきたのではないか?
    深夜、部屋の隅で悩んでいる過去の自分に言ってやりたい。そのネガティブの穴の底に答えがあると思ってんだろうけど二十年調査した結果、それただの穴だよ。地上に出て没頭しなさい。」p142ネガティブモンスター

    「自分に自信がつくと一人で生活ができる。一人で生活ができるようになってやっと人と付き合えるんだなってことに初めて気付いた。」p259十年ぶりの失恋


    「よく自意識過剰に関して「お前のことなど誰も見ていない」というアプローチをする人がいるか、違うな。狭いところにぎゅうぎゅうに集まってどっちがいけてるか、マシか気にしあっているな。お互いに揚げ足を取られないように気をつけあっているな。でもそれは一画の中だけのことで宇宙全体のことじゃないんだ。なーんだ。早く言ってよ。この広大な渓谷からの視点を僕は絶対に東京に持って帰って保存し続けるぞ!と意気込んだ。そして、こんな気持ちにさせてくれる場所が世界にたくさんあるならもっともっとでかけたい。もっと一画の中だけだって、もっと小さなこのなんだって感じさせてくれ。」p282グランドキャニオン

    「真壁選手が対戦相手に「勝った?負けた?そんなことはどうでもいいんたよ。生き様刻んでこい!」と言っていて、ここまで正面切って勝ち負けどうでもいいって言えるものがこの世の中に存在することに興奮して、そして安心した。」p319プロレス

    2016.05.01 ジャカルタ

  • 自分にも心当たりがあるところがいっぱいで面白かったです。学生の頃だったら読みづらい本だったかも。心当たりがありすぎで自分と向き合わなければならないし、後半は共感できなかったかもしれない。
    でも、私はそういうところは既に通り過ぎてしまったようです。完全に通り過ぎるまで結構時間はかかりましたが。
    それで、ではそういうところを通り過ぎた自分は、次にどうすべきなんでしょ。大人って大変。卒業したくないってのもわかる気がする。
    イラストもおもしろいですね。絵の上手いイラストレーターがわざと下手に書いているのかと思いましたが、ご本人の手によるものです。ヘタウマっていう言い方があるけど、彼の絵はウマヘタな感じ。習えば上手になると思いますが、そうするとこの味はきっと失われてしまうでしょう。本人の描いたイラストが本人の印象そのままっていう絵はなかなかないですよ。
    この本は共感できない人もいるだろうってことで、星ひとつ減。

  • 慣れだよ慣れ

    の一言を言うのに随分長い文章だなとも思いますが…
    長い目的の見えない時間と迷走をへて、はじめて何か確かだと思えるものがぼんやりと自分に染み込む経験・感覚を一度でも体験したことのある人なら、自然としみいる文章です。


    僕は学生ですが、社会に出たあと、順当に未来に自分へ起こりそうな心境の変化をこうまで素直に書かれると…
    んふっ笑
    って笑えますね。
    面白かったです。


    未来で自分がこうなると分かっていても、それを本当に自分が分かるどうかは別の話です。
    しかし、それを分かった上で世に放たれたこの本には、学生も社会人も共に共感し合える多くの言葉が含まれていると感じました。

    おっさんと腹割って話したらこんな感じなのかなぁ

  • 若林さん、面倒くさい人だな!
    でも嫌いじゃないです。いや、実際目の前にいたら面倒くさいんでしょうけどね。
    彼のことをあまり知らずに、テレビで見かけるとなんだか卑屈そうな人だなーと思っていた。
    けれど、今回この本を読んですごい人だな、と思った。
    何がすごいって、コラムを書く上でものすごい自己分析をしていること。前に進める人はこういう人かと。

    性格とは形状記憶合金のようなもの。
    ネガティブを潰すのはポジティブではなく没頭。
    愛のない他罰をする人は自分を肯定できていない。
    悩むには体力がいるから若いときにしかできない。

  • タイトル+オードリー若林が書いた本とのことだったので、興味を惹かれて手に取った。
    あまりエッセイは読んだことが無かったが、人の考え方や思考をそのまま読めるので、エッセイも面白いなあと感じた。
    文章もしっかりしていて、オチまであるので楽しみながらサクサク読めた。
    経済的な悩み等、人の生死・生活を脅かすような本質的な問題を除いた場合、人を苦しめるのは『高過ぎる自意識』を起点にする悩みがほとんどなのではないかと感じた。
    自分の「自己ベスト」を追求するという姿勢、自分が考えていた結論と一致している。
    一つ一つの仕事に対し、自分の意識よりも一つ高いレベルの努力を積み重ねて行きたいと思う。

    <印象に残った言葉>
    ・自力では抜け出せない程のネガティブな感情に嵌った時、一番初めに起動しなきゃいけないのは心だ。
    ぼくはこの先ネガティブな感情から抜け出せない仲間がいたら、ぼくの想像力が及ばなかろうが、経験値が及ばなかろうが、保身せず「大丈夫」だと言い張ろうとその時決心した。(P90)

    ・ この世に存在する理由は二つあって。一つは何かをしているから存在していいということ。例えば、会社にいてちゃんと働いているからその会社に居ていいって思えるみたいなこと。二つ目は生きて生まれてきから、なんの理由も無くこの世界に存在していいということ。
    リストラされたりして自殺しちゃったりする人は一つ目の理由が全てだと勘違いしている。(P251)

    ・天才は「結果が全てだ」と言えばいい。自分にはそれは関係のないものなのだ。そんな自分の自己ベストを更新し続けていれば、「結果」があとからやってこなかろうがいいじゃないか。特別な才能がないから自己ベストを更新し続けるしかないという諦めは、ぼくにとって自信になった。(P345)

  • 自意識過剰だけではないな、この意識レベルの高さは。凄く共感できるってことは良いこと?

  • 単行本からの著者の変化がよく見える。尖りまくっていたのも少しまるくなっている。何でも客観的に見て、感情の変化もわかりやすい言葉で書くのは、本当に上手い。出会った人の言葉や実践に基づく処世術のようなもの、lineやプロレスなどの時代と流行に沿ったエピソードは、多くの人の共感を呼ぶだろう。私も試してみたい。
    意味もなくこの世に現れた自分は、何か世の中とか世界というような仕組みにガチガチに縛られていて、それでも楽しくなりたいからあがく。そのうち、縛っていたのは自分自身だったと気づくようなイメージが浮かぶ。
    まさしく中二病の人にこそ読んでほしい。今は共感できなくても、ヒントにはなるはず。

  • 自意識過剰ゆえにまわりのことが気になり、あげくに身動き取れなくなってしまう著者の成長の過程が手に取るようにわかるエッセイ。著者の相方への愛、不器用な者への愛も随所にちりばめてあり心がほんわかとする。人見知り大学卒業後の続編を早くも読みたくなった。

  • 「そのネガティブの穴の底に答えがあると思ってんだろうけど、20年調査した結果、それただの穴だよ。」

    若林は行動力のあるネガティブだと思う。私はネガティブで、怠惰。
    ネガティブってだけで感性が近い気でいたけど、違う。行動力のあるネガティブはキラキラして見える。あと話題に事欠かないので話が面白い。

  • オードリー若林のエッセイ
    若林が社会に出て思ってきたことが書かれている。
    共感できる部分が多かった。社会を形成している人と人の関係性の根っこのようなもの、核心、真理のようなものが含まれているのかなと感じた。
    そういう意味では私も社会人大学出身、いや未だ在学中かもしれない。

  • ハードカバー版に書き下ろしを足した文庫版!書き下ろし部分がいっぱいあって楽しかったーー!!ラインの話しとか人見知り、人嫌いの話とかめっちゃわかる…って思いました。人間関係ってこういうとこあるよなーって部分を、的確に言葉にしていて、こんな風に表現できるのってすごい!って思いました。個人的に人見知りだからこそ表舞台に立ちたがる、っていうのと自分に自信があるひとをスターと呼び人は憧れる、っていうのに納得しました。あと高校野球とプロ野球の違いのことを書いていてなんだか泣きそうになってしまった…。友だちに借りた本なんだけど自分でも欲しくなりました。

  • あ〜〜、そこ責めないでほしい(≧∇≦)

    すべての厨二病患者にオススメ。

    「そのネガティヴの穴の底に答えがあると思ってんだろうけど、20年調査した結果、それただの穴だよ。」

    「ぼくは本当の人見知りこそ人前に出てくるものだと思っている。」

    相方に対する憧れなどなど、泣ける本です( ^ω^ )

  • 若林は客観的に自分を捉えることを常にしている。売れる前の自分、売れてからの自分。変わってしまったとわかっているけど、それを良しとする自分。
    お酒の場で上の人にお酌をしなければいけないこと、高級な芸術品を持っているお宅訪問で、お宝を見たときの驚いたリアクション(本当はどうでもいいと思っている)、編成会議でいまいちなアイディアを出してくるスタッフにワンクッションをいれての円滑なディスカッションなど、理解できなかった世の中一般の常識を受け入れて、心を開いていく話。
    あんまり円やかになりすぎると面白くなくなるんじゃないか、と思うものの、結構器用な人なんだと思う。
    「ずっと一緒に仕事をしていた芸人仲間が、が、ある日を境に姿を消す」と書いてあったが、生き残るだけの情熱と知恵を持っている人だと思う。

  • 若林正恭という人はたいへん面倒臭い人だなあ
    と思ったが
    共感した部分がたくさんあったので
    わたしも面倒臭い人なんだなあ と思った

    いちばんグッときたのが牡蠣のおはなしで

    存在する理由はふたつあって、
    ・何かをしているから存在していいと思うこと
    ・生まれてきたらなんの理由も無くこの世界に存在していいということ

    ひとつめの理由が全てではなくて
    何もしていなくてもこの世界に居てもいい

    何かをしているのに意味が無いのではなくて、
    意味が無いからこそ せっかく だから楽しいことをする

    ふたつも生き方がある
    そういう考え方をすると とても生きやすくなった様な気がした

    ネガティブを潰すのはポジティブではなく、没頭

    性格を変えるのではなくコントロールすればいい

全182件中 1 - 25件を表示

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)に関連する談話室の質問

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)の作品紹介

単行本未収録連載100ページ以上! 雑誌『ダ・ヴィンチ』読者支持第一位となったオードリー若林の「社会人」シリーズ、完全版となって文庫化! 彼が抱える社会との違和感、自意識との戦いの行方は……?

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)はこんな本です

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)の単行本

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)の単行本

ツイートする