小説 秒速5センチメートル (角川文庫)

  • 587人登録
  • 3.74評価
    • (37)
    • (49)
    • (44)
    • (12)
    • (2)
  • 64レビュー
著者 : 新海誠
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026168

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った2人は中学で離ればなれになり、それぞれの恋心と魂は彷徨を続けていく…。劇場アニメーション『秒速5センチメートル』では語られなかった彼らの心象風景を、新海誠監督みずからが繊細な筆致で小説化。1人の少年を軸に描かれる、3つの連作短編を収録する。

  • 名作アニメの監督によるノベライズ作品。
    第一話を少年の一人称、第二話を少女の一人称でほぼ映画通りに描いた後、第三話を三人称で、映画に描かれなかった部分を大きく取り上げた物語に。
    著者はあとがきで映画を未見の人にも楽しめるように描いたと仰っているが、果たして未見の人がどう読むのか。

  • 自分とリンクする部分もあり、実に切なく胸が締め付けられる想いでした。映像を含め、他の作品にも俄然興味が湧いてきました。

  • 思ったよりアニメっぽくなかったが、最後の方のじれったさ、ラストの意味深な出来すぎ感が、うーん。

  • 君の名はを含め初の新海誠。読んだ印象、村上春樹インスパイアでした。と思ったら解説にも影響受けたと書いてあった。
    主人公の世の中に馴染みきれていない、周りの優しい人々が次々と去っていってしまう。鈍感とも取れるけれど、圧倒的孤独。ノルウェイの森の主人公を思い出しました。
    ただ、この話はわりかしハッピーエンドだと思うし、大切な人と死別していないので、まだまだ救いがあるのかなと思った。幼いながらも必死で好きな人を求め、会いにいく道中の心情、あれは素晴らしかったです。

  • 言葉による風景描写が多い
    アニメや実写にすると良さそうと読み進める

    一人の男の子の目線で語られる
    東京に出てきた小学生時代
    仲のいい女の子
    その子が北関東に引っ越す事になる
    その子を追って北関東に行った日
    甘酸っぱい感じ

    今度は自分が種子島に引っ越すことになる
    そこでも仲のいい女の子ができる
    明らかに自分に好意を持っている
    仲良くしているが、最後の一言は言わせないようにした
    避け、女の子もそれを察知して言わなかった
    このあたりも甘酸っぱい

    大学時代の恋愛
    このあたりはサクっと進んだ

    就職
    IT系企業に就職した
    就職後の恋愛
    この辺りは仕事に忙しく彼女ともすれ違うという学生時代の恋愛とは違うよくある話

    最終的には会社もやめて
    なんのこっちゃという話

    巻末を読むと、この作品は既にアニメ化されているとの事
    というか、アニメを文書化したのが本作との事だった
    アニメ⇒小説の方向での作品化があるんだなぁと

  • 若き時の切ない初恋の思い出、自分も経験があるためついつい感情移入してしまった。
    彼が優しいが故に周りの人を傷つけてしまう、そんな想いの入ったストーリーだった。

  • 映像を見たことがないけれど、桜の場面は美しく描かれているんだろうな、と想像できた。
    タイトルに惹かれて購入。
    綺麗すぎるその思い出に囚われすぎて、前をなかなか向くことができない男の子の物語。

  • 再読2~3回目ぐらい。アニメ映画も2度鑑賞済み。3話目の話の内容が登場人物の心情も含めて詳しく書かれていて、小説版の方がお得な感じかな。(アニメは音楽に合わせてダイジェスト版みたいな感じで話が進んでいくので)。とにかく思い出は振り返るだけでやり直すことはできないから、辛くても自分を受け入れて前を向いていくしかない。貴樹が自分のこれからに対して前向きになったのは良かったなと思う。陳腐な感想しか出てきませんが感想はこんなところです。

  • 監督自身によるノベライズ。三部構成。

    第2話は、主人公を慕う種子島のサーファーの女の子の一人称ですすむ。波に乗れるようになろうと彼女が奮闘する海と波、そしてその気持ちの描写が良くかけている。特に初めて波に上手く乗れる時の気持ちの昂りは、青春波乗り小説という感じ。

    第3話の貴樹を中心とする中央線沿線の話も、映画では出てこない彼の人生の積み重ねが多く、味がある。

  • なかなか会えないところがもどかしく、甘酸っぱくてよかった。

  • DVDレンタル→地上波放送→本書
    で、楽しみました。

    小説の方を先に手に入れていたけど、なんとなく直感で「小説よりも先に映像」と思って少しあたためていました。
    予想通り、小説が原作映像を補完するような感じ。映像を知らなくても楽しめる内容になっていると思う。逆に、映像を先に観た人は敢えて読まない選択肢もある作品だと思った。もちろん読んでもいいけど。
    原作者と作者が違う多くのノベライズと違って、映画監督・新海誠さん本人による執筆だから、セリフが省略されていようが場面が付け加わっていようが間違いなく『秒速5センチメートル』の物語そのものだということは大変な魅力。

    第3話「秒速5センチメートル」が1番補完されています。映像だけだと何があったのかよくわからない貴樹の高校卒業後の様子とか、「水野」という女性とのやりとりとか。あと、第1話で渡せなかった貴樹と明里の手紙の内容。
    ああ、そういうことがあったのか、とわかったけど、そういうことを敢えて描かなかった原作映像の方が私は巧みだと思うし、好きだなぁとやっぱり思うかな。

    積極的にお勧めはしないけど、悪くないノベライズだと思います。でも美しい映像と音で情景描写に優れたあのアニメーションは観て欲しい。

  • 映像では語りきれない詳細な風景描写が実に素晴らしいです。
    もちろん人物の心理描写も見事なもので、言葉にしにくい感情を見事に表現されているのは感動されられます。

    と、上記のような感想は既に嫌というほど言い尽くされてそうですので、個人的に一番見事だと思った点を。

    この小説は大まかに3部構成で、1部の大雪の降った寒い日から2部の暑い南の島の場面転換の際の文の切り替えが見事で、読んでいるだけで1部は冬の寒々しさ、2部は島の暖かさを自然と思い起こさせてくれます。
    また、視点主によって地の文の語り方などがしっかり区別されているので、二人の人物が本当に語ってくれているのではないかと錯覚するほどです。
    小説家を目指すものとしては、こういった技術はただただ感嘆するばかりです。

  • 5年生のリクエストにより、蔵書として入れるかを考えつつ読みました。景色や、心理描写が心地良い。小学6年生から始まるが、高校、大学、そして17年後の日常の描写も多く、この小説の良いところを感じるには、小学生の経験では難しいと判断しました。が、悪い内容ではないので、私物を個人的に貸してあげるのも、リクエストをくれた子には良いかもしれない。
    “人生には、この小説よりもっとカッコ悪い、惨めな、恥ずかしい事がきっとあるが、常に目の前のできる事にしっかりと向かいつつ、相反して、自分を俯瞰して見る事を和田は薦める”という事も平易な言葉で言い添えたい。

  • アニメ映画の方はすでに見ていてこの小説版も夏ぐらいには買っていたのですが、今の時季になってようやく読みました。
    新海誠作品に一瞬で魅了された物語。
    アニメでもモノローグが印象的だったので世界観は同じなのですが、アニメよりも希望のあるラストだった。
    アニメはとことん貴樹の虚無感と喪失感をかんじさせてくれましたが、小説では明里の心情や水野理紗との関係まで丁寧に込められていて本当に救われます。
    明里は結婚相手を愛しているけれど、貴樹との想い出は、それとは別のところで、誰にも触れるのことのできない彼女の心の大切な一部になっている。
    もうそれが分かっただけでも、アニメのファンとしては読んだ甲斐がありました。
    貴樹は、きっと大丈夫。

  • アニメ映画の小説版。
    君の名は。と同じ作者。
    世間一般に君の名は。より評価されないのは、切なさ成分が多いから。
    純愛なんだろうけど、振り返るとそうでも無かったり……よう、モテよるしな!1回で気づけよホンマに……。
    居酒屋でこんな話聞いたら、
    仕事もできる。お金もある。何が不満?と半ギレで聞き返す自信があるわ。
    でも、すごくリアル。二人の手紙は中学生が書く手紙らしく素直で心が痛む。
    風景描写は美しく情景が浮かぶ。
    第三者の視点で描かれる文章。題名がいい。
    君の名は。よりコッチ派です。

  • 公開当時映画館で見たなー感覚的に合う人が人生の中でできるといいな。

  • 全然面白くなかった。

  • とても切なくてどうして2人は再び出会わないんたろうともどかしくなった。

  • 映像付きで小説を読んでいるような感覚。それもはかなさを持った綺麗な映像。小説としてどうかは別としてこんな映画的な物語を読むのも悪くない。

  •  アカリとの思い出を引きずりすぎたがゆえに諦観してしまったタカキくん。『大丈夫だよ』の一言だけを寄る辺にして。独白で出てくる『どうして誰かを幸せにできなかったのだろうか』という告白が悲しい。
     東京から鹿児島。再び東京へと戻ってきたが、どうしても『この場所じゃない』という違和感がぬぐいきれない。

     映像には映像の良さがあったけれど、小説版もとてもよい。やっぱり最後の踏切のシーンで、ようやく前に向いて進めるようになったのだろう。

  • 一番有名であるだろう、新海誠作品。「どれほどの速さで生きれば、君とまた会えるのだろう」のキャッチコピーが切なくてもどかしかったのを覚えている。SF長編だと思っていたので、現実のどこにでもあるような連作短編だと読みながら驚いた。けれど、この物語はだからこそ、この世の誰にでも訪れるような、幼い頃の理不尽な別れの切なさを普遍的に描いている。貴樹は私だし、私は明里であると思う。同時に香苗でもあるだろう。短すぎる愛しい人との邂逅の時間は、泣きたくなるほどほんとうに一瞬である。今を懐かしむ日がきっとくる。毎日会えていた人に一生会えない日がきっとくる。その刹那の大切さと儚さを教えてくれているのだと、思う。

  • 忘れられない人がいて、その人の言葉とともに大人になる感じが、羨ましくも切なかった。
    ふたりとも手紙を渡せていたら、違う人生をおくっていたんだろうなとつい考えてしまう。
    最後の再会のシーン。もっと先を読みたくなった。
    来年桜を見るときは秒速5cmだと思いながらみたい笑

全64件中 1 - 25件を表示

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)に関連する談話室の質問

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)に関連するまとめ

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)の作品紹介

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」。いつも大切なことを教えてくれた明里、彼女を守ろうとした貴樹。二人の恋心の彷徨を描く劇場アニメーション『秒速5センチメートル』を監督自ら小説化。

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)のKindle版

ツイートする