江戸裏日月抄 浪人・岩城藤次 (5) (角川文庫)

  • 14人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小杉健治
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027059

江戸裏日月抄 浪人・岩城藤次 (5) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全ての事件が解決したようですが、このシリーズは終わりかな?

  • 面白かった。最後はあっけないというかちょっと物足りない感もあったけど、それなりに楽しめた。

  • 第五弾
    前巻からの続きの事件と、お京の行方、そして極悪非道の人物と、過去の贖罪生きる人々
    最終話?

  • 第1巻~第3巻のヒロインお京と野末市次郎の関係が明らかになる一方、脇谷伝一郎の宿敵の正体も判明する。訳あり剣術道場の謎と併せて、すべて大団円を迎える展開は面白かったが、このシリーズの区切りも付いた気がする。

  • 39

全5件中 1 - 5件を表示

小杉健治の作品

江戸裏日月抄 浪人・岩城藤次 (5) (角川文庫)はこんな本です

ツイートする