虎の王子様 (角川ルビー文庫)

  • 23人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 天野かづき
制作 : 海老原 由里 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027653

虎の王子様 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年下攻 人外 高校生(受) 虎(攻) 主×従 ケモミミ

  • (感想)

    ファンタジーは好きなのですが…

    可愛いけれど物足りない。

    就職活動中に異世界にタイムスリップ。
    虎の王子の世話係としてしばらくは頑張ることに。
    虎の姿で世話をされてるまでは可愛い、可愛いで良かったのですが
    人の姿になれるまでに成長してからは
    申し訳ないですが飽きてしまうほど興味が薄れてしまいました。

    最後までは読みましたが2人が番になるのに反対はなく
    (途中悪役となるメスの存在がありましたが、パッとせず)
    あれよあれよとゴールイン。

    どうせなら虎の赤ちゃんの部分をもっと長く読みたかったです。

  • 職探しをしてた18歳の受けが突然異世界の獣人国に召喚され、産まれたばかりの虎の王子様のお世話係をする事になり、成長した彼に番い認定されハッピーエンドという展開のBLです。
    本文が200頁もない薄さなので、さらっと読めました。
    一応、攻めの母親が王子を産んだ後に不審な死を遂げているという重い話があったり、受けがその事件に巻き込まれたりするのですが、事件自体は呆気なく解決するので読んでいてそんなに重く感じませんでした。(^_^;)
    しかし、まだ赤ん坊だった攻めが、何故受けを番いと認識したのかという明確な理由が知りたかったです。
    一目惚れ…?

全3件中 1 - 3件を表示

虎の王子様 (角川ルビー文庫)のその他の作品

虎の王子様 (角川ルビー文庫) Kindle版 虎の王子様 (角川ルビー文庫) 天野かづき

天野かづきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

虎の王子様 (角川ルビー文庫)の作品紹介

就職活動中、突然異世界に召喚され子虎の王子様のベビーシッターをすることになった青。ところが数日で獣人に成長した王子に早く交尾したくて頑張って成長したと言われ…?

ツイートする