南十字星の誓い (角川文庫)

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森村誠一
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031667

南十字星の誓い (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シンガポールでの日本軍の所業の数々は許し難いものであり、当時の軍政に腹正しさを感じた。
    武士道の崩壊と明治維新が悔やまれる

  • 史実に基づく創作。ということで、戦時下のシンガポールの話であっても、やはり物語、という感じがあり、でも切実に訴えかけてくる平和への想いを感じ、その入り混じった感じが、さすが森村誠一、と思った。いかにも戦争をテーマに、という作品よりも、こういった作品がもっとテレビとかで放映されて、幅広い層に訴えかけられるといいのにな。

全3件中 1 - 3件を表示

森村誠一の作品

南十字星の誓い (角川文庫)の作品紹介

1940年、外務書記生の繭は、赴任先のシンガポールで華僑のテオと出逢い、植物園で文化財を守る日々を過ごす。しかし、太平洋戦争が勃発し、文化財も戦火にさらされてしまい――。

南十字星の誓い (角川文庫)のKindle版

南十字星の誓い (角川文庫)の単行本

ツイートする