新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)

  • 24人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 角野栄子
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031872

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017年10月7日読了。最後の2章が感動的で素晴らしかったです。この2章のためにそれまでの章があったと言っても過言ではないくらい。キキととんぼの子ども(双子の女の子と男の子)の話です。キキが一気にお母さんになっちゃいます。とんぼものんびりしたいいお父さんです。たくさんの人に見守られながら双子ちゃんは成長していきます。内容は語らないようにしますね。ただ最後が素晴らしかったことはお伝えします。6巻に渡る作品でしたが、児童文学にしてはちょっと長いかも知れませんが、考えさせられるいい内容だと思います。

  • 魔女の宅急便シリーズ最終巻。今回はキキとトンボさんの双子の子供たちをとりまく話。男の子だから魔女を継げないというトトの戸惑いから旅立ちまでがよかった。シリーズはここで終わりだけど、また続編を期待してしまうような幕引きなのでどうなるかなー。続編があるならまた読みたい。

全2件中 1 - 2件を表示

角野栄子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 洋子
宮下 奈都
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)はこんな本です

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)の作品紹介

キキととんぼさんが結婚して15年。13歳になって旅立ちのときをむかえる双子の姉弟と、キキをはじめおなじみのコリコの町の人たちの新たな旅立ちが、さわやかに描かれる。大人気シリーズついに完結!

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)のKindle版

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)の単行本

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち (角川文庫)のAudible版

ツイートする