純愛ロマンチカ (8) (角川ルビー文庫)

  • 51人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 藤崎都
制作 : 中村 春菊  中村 春菊 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041032961

純愛ロマンチカ (8) (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • **BLがダメな方はお止め下さい**

    中村春菊&藤崎都のコラボ作品で ロマンチカの8作目。

    『中村春菊』氏の『純情ロマンチカ』の中の小説。
    大爆笑のマンガの中に登場する小説家のBL小説のゴーストライターを『藤崎都』氏が担当。
    なので…微妙に設定が違ってます。
    つか、美咲って男にしかモテないのが悲しい設定・・・

    春菊氏のマンガがチラッと載ってたり、マンガとリンクしてたり。
    笑えます。おかしいです…
    でも、本編のマンガとは違ってラブラブだったりするんですよ。これが可愛い!
    純情ロマンチカの中での作品で、ウサギさんのラブラブ妄想BL小説なんでね(^^;)

    8巻でパラレルとして、
    ウサギさんが吸血鬼な『バンパイア』
    美咲がオオカミな『赤ずきんちゃん』が掲載。

  • 久々小説版のウサギさんと美咲ですね。ウサギさんの願望がてんこ盛りの就活編、コスプレ編、パラレル編と入ってますが甘すぎる2人に砂吐くかと思ったわ(笑) 今回は久しぶり過ぎてかちょっとの違和感があったけど、まぁ、別物だもんなぁと最後は楽しみました。ケモミミ美咲が可愛かったけどヴァンパイアのお話も好きかな。巻頭巻末のコミックも楽しかったです。

  • ★3.4
    パラレル編の赤ずきんのお話可愛かったー!童話みたいな文章も良かったし、童話の赤ずきんちゃんとは違う設定も面白かった。純愛シリーズは、本編との美咲のギャップを楽しむ感じかな(笑)

  • 就活編、ヴァンパイア編、赤ずきん編

  • なんか、もうすっかり惰性で買ってる。
    でも、間違いなく楽しめるので、ま、いっか。

    パラレルワールドとか、お遊び系がいいね。

全5件中 1 - 5件を表示

藤崎都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

純愛ロマンチカ (8) (角川ルビー文庫)はこんな本です

純愛ロマンチカ (8) (角川ルビー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

純愛ロマンチカ (8) (角川ルビー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

純愛ロマンチカ (8) (角川ルビー文庫)の作品紹介

大学生の鈴木美咲は、超有名小説家で最愛の恋人の藤堂秋彦とラブラブ同棲中。周囲が就職活動を始めるなか、美咲も進路に迷い始めるが…? 描き下ろし漫画も収録!

ツイートする