スペシャリスト1‐2 (角川文庫)

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 戸田山 雅司  相田 冬二 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033579

スペシャリスト1‐2 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戸田山さんの脚本は本当に好きです!!
    ドラマ・スペシャリストの大ファンです\(^o^)/

    小説は、宅間と姉小路の一人称で進みます。
    一人称だとどんな気持ちでそのセリフを言ったのが分かって楽しいです(≧▽≦)
    ドラマ版も小説にならないかな?

  • テレビドラマの脚本のノベライズ小説。この手の小説は往々にして面白くないケースが多いのだが、この小説は抜群に面白かった。

    ドラマも見たが、何よりも主人公の背景が面白い。冤罪で10年間、服役していた警察官の宅間善人が、服役中に様々な犯罪の手口や犯罪者の心理を記憶して特別捜査係の刑事として復職するのだ。

    異常な動機から犯行を重ねる犯罪者に迫る推理にも主人公の背景からすれば、大いに納得出来る。

  • 主人公、宅間善人が至極魅力的に描かれている作品
    文体が短いのでテンポよく物語が進んでいく
    読んでいて映像が出てくるのはテレビドラマだからか?
    本書は先にドラマがあってノベライズしたものだから読みやすく軽妙な会話も分量的に多い
    さて、すぐに続きを読もう

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スペシャリスト1‐2 (角川文庫)はこんな本です

スペシャリスト1‐2 (角川文庫)の作品紹介

冤罪で10年服役し、犯罪者の心理を知り尽くした「元受刑者」刑事の宅間善人。彼は記憶したすべての犯罪データをもとに難事件に挑む! 異色の警察ミステリー、スペシャルドラマ第1&2弾、待望のノベライズ!

ツイートする