最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)

  • 462人登録
  • 3.71評価
    • (27)
    • (72)
    • (65)
    • (6)
    • (0)
  • 48レビュー
著者 : 椹野道流
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033722

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 兵庫県芦屋市。警察署と教会の間にある小さな店、それが夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。元イケメン俳優の五十嵐海里は、料理見習いとしてここに居場所を見つけた。不仲だった兄・一憲との関係も修復中のある日、突然一憲が店を訪れる。しかし海里は、一憲の親友だという刑事・涼彦を見て絶句する。なんと涼彦には、「マフラーの幽霊」が巻き付いていた。謎のマフラーの理由とは?泣いて笑って心が軽くなる、お料理青春小説。

  • このシリーズは新刊が出たらすぐに読んでいる。

    日常ミステリーとしても複雑でなく、ストーリー展開も類型的で、さほど感動するわけではない。

    しかし、少しずつ成長する主人公が、彼に関わるすべての人(若干一名、人でないやつもいるが)の心を、自分ではそうと気づかないままにほぐしてゆく。それが心地よい。

  • 夜しか営業していない「ばんめしや」の店主と霊が見えてしまう元タレントの青年と彼らの食堂に関わる人々とのお話の第4弾。
    毎回、料理がキーワードになるのだけれど、今回は「ハンバーグ」
    そして新たな登場人物を加え、主人公の海里の兄との関係をまた一歩踏み込んだものにできそうな予感。

    いつもながら基本的に霊も悪いものではなく、むしろ生前にいろいろ考えたり伝えたりしたいことがあって見えているという感じではある。
    そしてやはりほろっとするような感じです。

  • つ、
    ついにゲイ登場!?
    方向性大丈夫かな?
    5巻からそっちにいかないよね?

    裏表紙に「マフラーの幽霊」ってありますが、
    幽霊なんですか?
    水子?
    ではないか?
    ん?

    次巻は夏神さんの奥の方に迫っていくのかしら?!

  • お姉さん思いが届いて良かった

  • 最後の晩ごはん第4巻。お兄さんの親友登場。メインのハンバーグよりも肉団子甘酢あんかけのが食べたいー

  • やっときたか(笑)という感じ。

    キャラの深堀が進んでみんな魅力的になってきました。

  • 芦屋にこんなお店あったらいいな。
    ロイドが好きです。
    想いは成就しないほうが強いのかも。
    気持ちがこめられたごはんはあったかい。

  • ちょっと順番前後したから、登場人物とかに??ってなったけど、今回も良かった!
    定食屋メニューだけじゃなくて、海里が洋食つくるようになってたから料理のレパートリーが増えててお腹すく!笑

  • 今回もまた個性的で魅力的なキャラクターが!
    さっぱりした性格の仁木さん、すごく好みでした(笑)

  • シリーズで読み始めて4冊目。
    ようやく面白くなってきたかも。今回の内容は人を想う気持ちについて考えさせられるところがありました。

  • 表紙の絵の顔の向きが気になります…すみません(笑)

    兄弟の仲が親展していくのが
    ほほえましいです。
    兄の高校時代の話が意外だったり
    真面目具合がこんなに面白く見えるとは…!笑

    次は夏神さんの話がすすむかな?
    期待です(*´∀`)

  • やはり同性愛ネタ(健全にしても)になってしまうのですね~(苦笑)
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14682883.html

  • ■ 16103.
    <読破期間>
    2016/12/19~2016/12/22

  • 兄が店に訪れた日、再会した兄の友人に憑いていたのは
    マフラーの幽霊。

    相変わらず美味しそうです。
    そして最後の方にある、兄の忠告…。
    ものすごく、心の底から受け取れる忠告です(笑)
    そしてついに『風』ではなく、本物がご登場。
    とはいえ、幽霊とは関係ない…状態です、一応。

    読んでいてすごく思ったのは、ストーカーは
    撲滅すべき、かと。
    感情が高ぶるのはいいのですが、妄想もいいのですが
    どこをどうしたら、それが『真実』になるのでしょう?
    最初に屁理屈こねてたストーカーも、最後には…ですし。

    今回、ようやく(?)隣の職場が活用されました?w

  • お兄ちゃんの友達のまさかの秘密(笑)

  • ああー・・・。
    面白い。著者のシリーズはどれも好きやけど、このシリーズが一番好きかも・・・。
    あーイガ可愛い。イガめっちゃ可愛い。
    こんな後輩がおったらそら可愛いやろうなー・・・。この場合、夏神さんがうらやましい(笑)。

    でも、夏神さんもええわー。
    著者は関西人(しかも兵庫県民)やからか、表記する関西弁がすっごい馴染みやすい。
    くどすぎず、でも温かみは残したままの方言をうまく書くなあと思います。
    イガと夏神さんの会話に(もちろんロイドを含め)ちゃんとツッコミやオチが含まれているのも、好きです。

    (巻末についてるまかないレシピにすらツッコミとオチがあるもんね・・・)

    イガのまかない飯、真似してみたいなー!
    でも、パスタはチンなんや・・・と、思った(笑)。


    仁木とマフラー、「彼女」の関係は
    「あ・・・やっぱり・・・」
    と、思えたけど、仁木の「本命」が

    「そっち!?」

    と、叫んだ。笑

    大丈夫。この方向に行って大丈夫なん、角川文庫。

    (角川文庫なら大丈夫か)

    仁木さん、今後もレギュラーよねえ。
    1冊ずつレギュラーが増えていくのって、いいな!
    各キャラのバックグラウンドを忘れ去らないうちに、ぜひ、続編をお願いしたい!!


    今回は一憲さんが結構出張っていて、要所要所で
    「おおー・・・」
    と、思うような言動があった。

    あんまり好みじゃないキャラやと思ってたのに、海里と仁木のおかげでまあ、かっこいい人に見える見える(笑)。
    ここまで屈折していたせいか、ここにきて突き抜けたブラコンぶりも素敵です、五十嵐兄弟。


    そして、確かに夏神さんが夜にだけ「ばんめし屋」を営業しているのかの理由はクローズアップされてなかったね・・・。
    店名も「ばんめし屋」やし、あたりまえの設定すぎてサラリと流してたわ。

    夜に営業する理由もさらりと説明してくれたし、夏神さんの過去と併せてこのあたりはこれで終わりなんかな。
    アッサリしてんな。笑

    そこがええねんけどな。

    著者の作風ってほんま、あっさりしてんなー。


    しかし、ディスるって、何・・・?
    若者用語?

    あと、お父さんはほんまに海上関係のお仕事をしてはったね。(そういえば初期のころにちらりと語られていたのかも)
    しかも船員て。事故死って。ヒ―

    そら、芦屋の一等地にお屋敷を構えられるわな・・・。


    ■■■■

    ■テクスチャ―

    texture

    織り方、織地、生地、(皮膚・木材・岩石などの)きめ、手ざわり、肌合い、性格、(食べ物の)かみ具合、歯ごたえ


    (2016.05.21)

  • 椹野道流氏が、兵庫出身なので、芦屋近辺も詳しいところが、関西人にしたら、スーッと会話に入りやすい。

    五十嵐海里の兄 一憲の友達 仁木涼彦が、テーマになっている。
    学生時代に、ふとしたことで、喧嘩別れした2人は、その後、色んな人生で、このばんめし屋で、再会することになる。

    涼彦の、目に見えないマフラーの正体は、、、、?
    海里とロイドには見えるのだが、、、
    ストーカー被害の女性とのつながり、どちらも身を引く結果が、悪い結果となってしまった。
    後悔の念だけが、涼彦を取り巻いていたのだ。

    海里の作ったハンバーグで、一挙に解決。
    そして、兄との思いも知ることになる。

    海里も、兄の存在が、自分への愛情が、理解できるようになるのだが、兄弟同士の会話が面白い。

  • なんかやっぱりちょっとほろりとやられてしまうんだよなぁ。
    お兄ちゃんとの件がなんか良かった。
    そしてシチューを食べたくなった。

  • 2週間前に奈津と兄貴が入籍、「ばんめし屋」にきた兄貴が店の外でバッタリ出くわしたのは高校時代の同級生で芦屋警察生活安全課の刑事・仁木涼彦だった。カイリとロイドは仁木にマフラーの霊(?)を見たといって仁木を激昂させる―

    ◆つくづくイラストが残念…。ストーカーに対してヒートアップするんだから、そういう理由なんだろうとは思ったし、幽霊もそうなんだろうけど、なんでマフラー…。「胸に秘めた想い」で気を使って離れて殺されたら残ったほうは罪悪感にさいなまれるよなー…。慇懃無礼で涙もろいロイドとの主従関係がすき。

  • 兄の親友が隣の警察で働いていて、お店に来たときにちょうど兄と高校以来の再会。ただ、今回は人ではなくマフラーがとりついていて、これはいったいという状況。
    読んでいるうちにもしかして、と思いましたが予想通りでした。

  • 今回もほのぼの。ちょっと不思議。今回の料理も美味しそうだなぁ。ハンバーグ大好きなの。

  • 海里と一憲の兄弟の距離も縮まりつつあると感じる。今作は刑事の涼彦と一憲とのサッカーをやっていたという繋がり、涼彦が刑事を目指すようになったエピソードが感じられる。ロイドさんも久々に登場し、物語を円滑に進める役割を果たしている。幽霊と、鈴彦が突如体調の変化に見舞われた時も、ばんめし屋の面々が気持ちを汲み取り、慮っている様子に優しさと思いやりの気持ちが感じられて良かった。夏神が「ばんめし屋」の由来とやろうと思ったきっかけを語った思いからも来るお客様への気遣いに心温まる。巻末のレシピも美味しそうで作ってみたい。

  • 兄の友人?(笑)の話し。
    兄と海里の距離感もまた変化。

全48件中 1 - 25件を表示

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)に関連する談話室の質問

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)の作品紹介

元イケメン俳優で料理人見習いの海里が働く定食屋「ばんめし屋」に、海里の兄の友人で刑事の涼彦がやってきた。兄と涼彦は20年ぶりの再会だという。しかし海里は涼彦に巻き付く「マフラーの霊」をみてしまい……。

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)のKindle版

ツイートする