全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)

  • 32人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 黒木あるじ
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033784

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
名梁 和泉
又吉 直樹
小野不由美
羽海野 チカ
宮下 奈都
米澤 穂信
京極 夏彦
小野 不由美
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 怪奇現象から逃れられる県なんてなかった。

    自分の住んでいる県はたわけが怖いめに遭った話だった。
    たわけは一生治らんのかな。

    前作があるようだからそれも読みたい

    話の最後にある場所や風習の解説が凄く興味深い

  •  都道府県ごとに一つずつ怪談が綴られており、短いのと長いのがあって、自分の地域が短かったらがっかりしないだろうか。新潟はどうかなと思ったらまあまあの分量だった。作者さんが東北在住のせいか九州など西日本は短めであった。

     子どもを寝かしつけた後読んでいて、子どもに背中を向けていたら、とても怖くなってきて、どんなことでも起こりうるような気持ちになってきて、今背後で寝息を立てている子どもが別のものになっていたらどうしようと思うと怖くて振り返ることができなくなった。

     また、夜中ランニングをするのだが、ある時道に迷ってうろうろしていたらお墓に出てしまいとても怖かった。この本を読んで怖くなってまたお墓に出たらどうしようと思うと恐ろしくて、走りに出かけられなくなった。

     昼間読んでいたら、夜ほど怖くなかった。

  • 怖いものもあるけれど、その土地の歴史や風習、土着の信仰が見える不思議な話が多くて面白かった。
    すべての話に短い解説があって、ちょっと勉強にもなった。

  • 怪談後に一口インフォがあり各地の心霊スポットや用語などが知れてお得。
    バリエーション豊かな怪談集。
    これの前の作品、読んでないので探してみようっと。

  • 場所が限定されてかなり怖かった。

  • 怪談オトリヨセ2弾目。
    前作同様、怪異と土地が結びついて生み出される怖さ。読んだ後におもわず、その土地について調べこんでしまう。

  • 最近読んだ拝み屋怪談逆さ稲荷同様面白かった。

    怪談というより世にも奇妙な物語みたいな感じ。面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)の作品紹介

北海道を学生仲間が旅した際、トンネル内で友人が叫んだ言葉の意味。沖縄で生まれ育った祖父の法要中に起きた怪異を収束させた物。全国47都道府県で収穫した怪談実話を産地直送でお届けする、世にも奇妙な見本市!

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)はこんな本です

全国怪談 オトリヨセ 恐怖大物産展 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする