あとは野となれ大和撫子

  • 237人登録
  • 3.89評価
    • (10)
    • (13)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 宮内悠介
  • KADOKAWA (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あとは野となれ大和撫子の感想・レビュー・書評

  • 舞台は中央アジアの沙漠の国・アラルスタン。後宮の少女たちが主役。かなり異国情緒あふれるラノベ?エンタメ系で今までになく読みやすい。(そのぶんSF要素が少なく物足りない)。今までこんなことなかった…登場する飲み物や食べ物がおいしそうで、お茶やスパイスなど香ってくるようなこういう情景を描くのも珍しいな…と感動。とあるお菓子の行方が気になる。これは続きありでしょ、これは。宝塚っぽいところもあり夢落ちならぬ劇落ちじゃなくてよかった…とホッとした。

    面白いんだけど想像が追いつかない展開や場面が多々あって、奇想天外すぎて呆気にとられてしまったところもある。ロシア(元ソ連)と周辺諸国の力関係や水や油田などの利権…たくさんの要素が絡み合い、ジャミラの故郷の場面ではつい涙がこぼれてしまった。わからないことがあったので検索しながら読んだけどショックなことが多かった。あまりに現実に近い要素もあったので物語なのか実際にあった事件(または存在していた人物)なのか、少し混乱しながら読了。

    『カブールの園』では日系人強制収容所に触れ、この『あとは野となれ大和撫子』では主にロシア(ソ連)とその周辺国について取り上げている。私は今まで何も知らないで生きてきたんだな…と、そう思ってしまった。

    ナツキがよく口にしていた「やることはやった、あとは野となれ」ってセリフが、とても遊牧民っぽく強さやしなやかさを感じた。若さっていいな。沙漠も国も政治も恋も文明も地球の再生力もみな未知だ。表紙もタイトルも内容も色彩豊かでいいなと思った。個人的にはSF作品の方が好みなので評価は星3.5で。続きがありそうな終わり方なのでぜひぜひお願いします。(直木賞候補作品)

  • 気になっていたけれど、SFなのかな?純文学よりなのかな?と手に取っていなかった作家さん。こちらはエンタメということで初読み。一気読みで面白かったです。
    微妙に実在の国や国際事情が混ざっていたり。主人公が掴み所ない感じなのになぜか読み進められる。程よいドキドキ感も個人的好みに合っていました。

  • 洒落た題名だ。
    ありそうでなさそうなアラルスタン。スタンに弱い。

  • 考証にはうなるものがあるんだけど、ハッピーエンド志向すぎて座りが悪いと思った。ハッピーエンド志向が無理なく入ってくるようにするためには、もう少しキャラがぶっ飛んでくれたほうがいい。

  • 現実に近い架空の国アラルスタンを舞台に後宮のお嬢さん方が躍動する.魅力いっぱいの主人公たち,かなりご都合主義的なところもあるが,その目指すところや理念は深いところを突いていて考えさせられるところも多かった.それに何と言っても面白い!

  • 請求記号:913.6/Miy
    資料ID:50087047
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 題名から想像されるような女性のくどさはあまりなく、でも政治の重さが少し軽減されて読めるのは女性だからなのか。途中で明かされて行く事実にちょっとやられた気持ちになり、ついつい読み進めてしまった。

  • 戦乱に巻き込まれ異国の後宮でひとり生きることになった日本人少女の物語。
    王が暗殺され政権を託された後宮の少女たちが国と民と世界を守るべくけなげに立ち上がる。友情と裏切りと恋。国際情勢アドベンチャーのはずなのに、詰め込まれた甘酸っぱいアイテムのために全寮制女子高物語みたいなノリになっている。

  • あらすじ読んで、買おう!と決めていた作品。

    中央アジアSF、抱えているものが重い割にはナツキ達が明るい分、軽くも思えたかなー。
    後宮という場所が女性の高等教育機関となり、そこで育てられた居場所なき側室達が、アラルスタンという脆弱な国を守るために立ち上がる。
    この点だけ見るとエンターテイメントなんだけれど、核開発の犠牲者であったり、環境問題へのアプローチであったり、何より復讐ではなく自立の道を歩んでゆくキャラクター達が格好良い。
    もっと、深みに嵌っても良かったくらい。

    個人的にはアフマドフパパ、ナジャフとナツキの三者三様がなかなか素敵に感じました。
    ただ、エピソードの必然性があまり、、、そこがライトと言われる所以かも。
    国と宗教と人の関わりの描き方はすごく上手い。
    読めて良かった。

  • 架空の国という設定なのだけれど、実在する民族や国交間紛争なども交えてありフムフムと世界地図をつい広げたくなる。民族や宗教の違い、既存の政治意識の交差などフィクション的な楽しみ方もできたけど、まさしくこれは少女たちの活劇!後宮の女性たちの政治参加…良くも悪くも読む人の想像を裏切ってくれてかえって胸のすく思い。
    真犯人は?真相は?なぜ?といったミステリー的な味わいも楽しめた。自分的には合間合間に描かれる彼女たちのファッションにもうっとり。

  • アジアの小さな国の物語。大統領が暗殺され、議員たちは逃げだし、残された後宮の女の子たちが国を守ろうと立ち上がるエンターテインメント小説。架空の国のラノベ的ストーリーではあるが勇ましい女子たちの潔さが気持ちよい。登場人物もキャラが立っているし、閑話休題のように出てくる観光で来た日本人の目から見た話が状況をわかりやすく教えてくれるのでスムーズに読めた。架空の国とは言え、周辺のテロリストや世界情勢はリアルなので、時に軽く、時に重くも感じる物語だった。

  • 傑作です!スピード感あり、風呂敷の広げ方の雄大さあり、魅力的な登場人物あり。それを支える中東諸国への目の確かさ。新境地では。

  • ナツキの大冒険ー三少女大活劇!楽しかったよ ♪
    カドカワさんに勧められたのでしょうか、カブールやヨハネスのような硬質な哀しみとは一線を画したエンターテインメント作品。

    砂漠の国アラルスタンの大統領が暗殺される。有事に国を支えるはずの大人達は我先に逃げてしまい、テロリストに占拠されるか?周辺国に支配されるか?という瀬戸際に、ハレム(の衣を被った高等教育機関) の女子たちが立ち上がる。
    アイシャ、ジャミラ、そしてナツキの3人組はこの難局をどう乗り切るか!
    これなに?ラノベ?アニメ?

    とはいえ、そこは宮内さん、
    干上がったアラル海も、廃棄船も、
    油田があるらしいことも、
    ウズベクの アンディジャン事件も
    ソビエトの生物兵器実験も
    テレコネクションも
    サクサウールも
    プロフやハルヴァやカラカルパクスタンのウォトカも

    全部あるのよ、ほんとにあるのよ!!
    検索しながら読むんで進まなくて、あーじれったいぃぃと思いながらも、実物写真見ると一層楽しくて、じれつつも検索しながら読んだ。

    宮内作品にしては、メインの女子3人の内面の書き込みが浅め、むしろ脇の吟遊詩人イーゴリやテロリスト ナジャフ、影の権力者ウズマ の来し方と個性が印象的。
    成長期に紛争に翻弄され異なる文化にひきさかれる人々の辛さや強さは、いつもながら魅力。

    展開もちょっと有川浩的で意外なんだけれど、揺らぐことなく徹底してエンタテインメントな底には平和を焦がれるように願う祈りも感じる。

    中高生に勧めたい。
    アニメ化は must ですね♪

  • タイトルに惹かれて!劇がはじまってからは本当に一気読みでした。章と章の間の旅行記がすきです。

  • 詞先・曲先ならぬ題先かというくらい、タイトルと内容が良くはまっている。中央アジア、アラル海のシビアで重たい現実を描きながらも、脳内に映し出される映像は見事なエンタメ作品。アラルスタンという大きな虚構の上に綿密なリアルを乗せる、フィクションの醍醐味が存分。
    国体と信仰と人権の三権分立というオリジナリティ溢れる夢想。
    演劇パートからのテンポは実に映像的。

  • 一気読みできちゃう本って好きだな~。
    宮内悠介はマストバイリストに登録。

  • 身寄りがなかったり、行き場所を失ってしまった少女達を後宮に集めて様々な教育を施していた中央アジアの小国アラルスタンの大統領が暗殺された。
    周辺諸国やテロリストとの争いを恐れた官僚たちが一斉に逃げ出し、舵取り役のいなくなってしまったアラルスタンを守るために後宮の少女達が立ち上がる。
    その中には紛争によって技術者の両親を失った日本人の少女がいた…。

    架空の国が舞台とは言え、もう設定からしてワクワクする。
    この事態が実際に起こったとして、絶対にこんなに上手くは事は運ばない。きっとそれは誰にでも予想がつく。
    ただそれでも、現実の厳しさと歴史の中の傷跡をちらつかせ織り交ぜながら、この話は希望と情熱の目一杯詰まった爽快な冒険物語だった。
    ナツキもアイシャもジャミラも、そしてアフマドフ大佐やナジャフも最高に格好良い。
    彼女達と共に激動の数年を駆け抜けました。
    頁を繰る手が止まらず一気読み。

  • 「アラルスタン」という国を知っていますか?
    場所は、カザフスタンとかウズベキスタンとか、「~スタン」(~の土地という意味)という国名が多い中央アジア、アラル湖が灌漑のために干上がった場所にできた、「はみだしものたちの国」。
    時代は現代。

    わたしは知らなかった。
    読み終えてネットで調べた。
    ・・・・なかった。
    ないのかー・・・。
    びっくり。

    大統領が暗殺されて、建国間もない国の国会議員は逃走、空になった議会と、迫りくる敵の前に、後宮の「女子」が国を運営するために立ち上がる。

    書いてみたら、ライトノベルにありそうな設定だな。
    これがライトノベルで出版されていたら、「ライトノベル以上の出来だ」とか言われそう。
    ライトノベルって分野だけで、小説の質は決められないと思うんだけど・・・。

    友情とか、恋愛とか、いろんな要素がてんこもりで、でもけんかしてない、いい味になっている。
    読み終わったら、国とはなにか、民族とはいったいなんだろう、って考えたりもしたし・・・。

    キャラクターも立ってたな。

    一気読みしてしまった。
    おもしろかった。

全18件中 1 - 18件を表示

あとは野となれ大和撫子を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あとは野となれ大和撫子の作品紹介

かつて中央アジアに存在した海。塩の沙漠となったそこは今、アラルスタンという国だ。だが大統領が暗殺され残ったのはうら若き後宮の女子のみ。生きる場所を守るため、ナツキたちは自分たちで臨時政府を立ち上げ!?

あとは野となれ大和撫子はこんな本です

あとは野となれ大和撫子のKindle版

ツイートする