汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―

  • 69人登録
  • 4.15評価
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 門田隆将
  • KADOKAWA (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035382

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりの書評ブログです。

    今回の書籍は、尊敬する門田隆将先生の新作「汝、ふたつの祖国に殉ず」であります。

    台湾人の日本びいきは知っている人は知っていると思いますが、それはもう彼の地では日本ファンが多く、東日本大震災の時もゴールデンで被災地への募金のテレビ番組が放送され、GDP比では多分一番寄付をして頂いた国家です。

    そんな、台湾には凄い(陳腐な表現ですが)台湾人がいました。

    名前は酒井徳章(日本名)・湯徳章(台湾名)さんといいます。

    彼は、台湾南部の台南に生まれ、警察官になり、警部補に30代でなり将来を約束されたのにも関わらず、来日し当時日本の最難関試験の高等文官の「司法科」(現在の司法試験)と「行政科」(現在の国家公務員総合職試験)の両方の試験に合格し、台南で弁護士業を営む傍ら、台南の参議院(台南市の議員のようなもの)を勤められていた方です。

    なぜ、湯徳章さんが門田先生の著書の題になったかというと、門田先生の書籍の対象である「心身共に鍛えられ、曲がった事はしないリーダー」であるという特徴があるからです。

    詳しくは本書を手に取って読んで欲しいのですが、徳章さんは幼少時代から頭脳明晰で柔道黒帯とというスーパーマンでありながら、つねに台湾及び日本の為に生きてきたという事実がありました。

    そう書くと「おまえ、たんなるエリートの権力への反対人生だろ?」と思われる方も多いと思いますが、そうではないのです。

    徳章さんは、弁護士という職業柄常に冷静に考え、実行に移すという行動をとり、命を落とすまで、それを貫き通したところが美談になったのです。

    つまり、彼はドン・キホーテではないのです。
    ご存知の通り、台湾は日清戦争後から第二次世界大戦終了まで、日本領でした。

    その後、蒋介石率いる中国国民党の領土となりました。

    その台湾で、外章人(元中国人)と本省人(台湾人)の間で、第二次世界大戦終了直後何度か対立がありました。その対立で、台湾の本省人の人々は多くの血を流します。

    徳章さんは、その中で英雄化されました。何故なら彼の死にざまが立派であったからです。

    彼の住んでいた台南では、台北や高雄で国民党が本省人を武力弾圧したという情報が入って来たのですが、徳章さんは英雄によくありがちな「武装蜂起」を指揮したのではなく、台南の人々に平穏を求めました。しかし、そんな彼の行動にも関わらず、国民党は彼を拘束し、拷問を行い、最後には銃殺を行ったのです。

    現在、台湾は民進党を率いる蔡英文女史が台湾総統職に就いています。

    しかし、中国は台湾を国家として認めてはいません。所謂「一つの中国」認識です。

    世界の諸国も台湾を正式に国家として認めてはいません。日本も含めてです。これはとても残念なことだと思います。特に日本は台湾の人々に大変お世話になっております。

    台湾人が好きな国ランキングでは、本書によると日本が55%でダントツだそうです。

    湯徳章さんの最後の言葉「台湾人、バンザーイ」(と彼は日本語でこう突然叫んだ)。
    という言葉とともに、日台友好を希求します。

    とにかく、台湾好きな人には台湾のルーツを知るのにとてもいい本だと思います。

    激しい音楽が好きな人は、台湾のブラックメタルバンド・ソニック(Chthonic)なんかに親しむと、台湾がもっと好きになるのではないのでしょうか?

    最後に私も叫びます。「台湾バンザーイ!!!」

  • 積読

  • 門田隆将の最新作ということで読んだ。
    ニニ八事件の概要は知っていたが、主人公(父親が日本人で母親が台湾人)のような人間が、形だけ裁判をとったとは言え、虐殺に近い形で殺害されたという事実は知らなかった。
    フィクション(主人公がどう思った)とノンフィクションの境がなく、筆者の推測を事実であるかの様に書いているのはマイナス点として認識すべきなのだが、それを差し引いても、筆者の主人公への愛情・情熱を感じ入る。力作である。
    同時に、主人公のような有為の人間を罪もないのに為政者側の都合だけで殺害してしまったのは、国民党政権にとり明らかに失敗だったと言える。唐代、則天武后の専横に対する反乱軍の檄文(「一抔之土未乾、六尺之孤安在」(一抔(いっぽう)の土 未だ乾かず 六尺(りくせき)の孤 安(いづ)くにか在る」(先帝の陵墓の土が未だ乾ききらず、先帝の二歳半にしかならぬ遺児は一体何処へ行ってしまったのか」)を読んで思わず感嘆してしまった則天武后が、「このような才能ある者を用いないのは宰相の過ちである」と言ったというではないか。
    二二八事件を描いたという映画「非情城市」も観ねば!!

  • 今年最大の感動でした。著者の作品はすべて拝読させていただいておりますが、またもやられた感じです。ニニ八事件の概要は知っておりましたが、このような裏面史があったとは。筆者の対象者への溢れんばかりの情熱と、それを全て伝え切りたいとの怒涛の筆致には圧倒されます。「非情城市」も観なければ。

  • ノンフィクション作家門田隆将氏の最新刊。雑誌記者らしい歯切れ良い文章は今回も健在だ。
    日中台の複雑な歴史の中で、自らの信念と国・家族への想いを貫いた、父親が日本人、母親が台湾人という男性が主人公。台湾では敬われているとのことだが日本では全く無名。このような人物をテーマに、世に出すことだけでも意義がある。
    戦後台湾の現代史、二二八事件なんて言葉だけ知っていたが、あまりの凄惨さんに驚いた。
    一方で、よく調べられてはいるものの、会話などは裏付けがないであろう。その点、フィクションが混じっている。
    戦前の日本について、中国との比較ではあろうが、少しよく書きすぎている気がする。

  • 日清戦争以降の日台関係は、現代人が考えるよりも濃く、深い。

    国民党=外省人政権の軛を逃れた今、「一つの中国」に束縛されない台湾と台湾人の歴史が始まる。

    我が国でも改めて日台関係とその歴史を再認識すべきだろう。

  • ウチの甥っ子も日台ハーフなので、
    本が読めるようになったら貸してあげたい一冊。
    門田さんの熱い文章が苦手で無ければ、
    ルポルタージュとして面白く読める筈。

全7件中 1 - 7件を表示

門田隆将の作品

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―を本棚に「読みたい」で登録しているひと

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―を本棚に「積読」で登録しているひと

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―の作品紹介

台湾で、その命日が「正義と勇気の日」に制定された日本人がいた――。日本と台湾の絆を表す「英雄」が歩んだ苦難と感動の物語。史上初の「日台」同時発売ノンフィクション!

1895年、ひとりの若者が台湾を目指して故郷・熊本をあとにした。台湾の治安維持と発展に尽くすためである。やがて台湾女性と家庭を築いた彼は、のちに「英雄」と呼ばれる男の子をもうけた。しかし、戦後の台湾の悲劇は、一家を動乱に巻き込んでいく。日本と台湾の“絆”を表わす「5代120年」にわたる壮大な一族の物語――。

「私には大和魂の血が流れている」「台湾人、万歳!」。台湾最大の悲劇となった1947年の「二二八事件」で、そう叫んで、永遠の眠りについた英雄がいた。坂井徳章弁護士(台湾名・湯徳章)である。父親は日本人、母親は台湾人で、生まれながらにして日本と台湾の“絆”を表わす人物である。父を早くに亡くした徳章は、貧困の中、辛酸を舐めながら勉学に励み、ついに当時の最難関国家試験である高等文官司法科と行政科の試験に両方合格する。

帝都・東京から故郷・台南へ帰り、台湾人の人権確立のために活動する中、徳章は国民党政府の「二二八事件」弾圧から台南市民を救うために奔走する。自らの身を犠牲にしながら、多くの市民を助けた徳章は、50年後に忽然と“復活”する。苦難の道を歩んだ台湾と、なぜ今も台湾人が日本と日本人をこれほど愛してくれているのか、その根源を解き明かした感動の歴史ノンフィクション――。

(プロローグより)
私は、蔡英文女史の姿と、歓喜で彼女の勝利を讃えた台湾人たちを見ながら、ここに辿りつくまでの「苦難の歴史」に思いを馳せずにはいられなかった。この勝利がもたらされるまでに、一体、どれほどの犠牲が必要だったのだろうか、と。そして、これまで流されてきた多くの、そして貴重な、血と涙を決して忘れてはいけない、と。勇気、信念、忍従、闘志、正義……先人たちが示しつづけた無形の財産こそ、台湾人の誇りだ。その多くの先人たちの中で、際立った光を放ち、日本人であり、同時に台湾人でもあった「一人の英雄」のことを、私は考えていた。もし、生きていたら、「この日」を彼は、どう迎えただろうか、と。

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―はこんな本です

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―のKindle版

ツイートする