記憶屋 (角川ホラー文庫)

  • 682人登録
  • 2.95評価
    • (7)
    • (44)
    • (85)
    • (50)
    • (9)
  • 87レビュー
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035542

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

記憶屋 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 嫌な記憶を消してくれるって凄いけど、遼一のように好きだった人に忘れられてしまうのはかなりショックで悲しいよね。
    別に嫌われてるわけではなく、違う事を忘れたかっただけなのに。

    記憶屋を探し出す遼一だけど、まさかの人が。
    本当にまさか過ぎるわ。

    記憶を食べるってフレーズは、ちょっと怖かった。

  • ストーリーは好きでした。高原先生の話は好きだったのですが、何度読んでも登場人物がぼやーとして変な感じでした。人物の描写は少ないけどちゃんと書いてあるし、心情もストーリーにのせてあるのに。これも記憶屋の仕業かも!(たぶん私の読解力の問題です)

  • 忘れたい記憶を消してくれる『記憶屋』。真相を探り始めた遼一の周りで都市伝説の怪人が動きだす。

    積読の山から発掘し読み出した本書は、本当に面白い。
    誰にでもある忘れたい、消したい記憶。嫌な記憶を消し、新たに歩き出すのは悪なのか?記憶を抱え傷付きながらも乗り越えるのが善なのか? 自分で忘れられないなら、死ぬ程辛いなら消してしまえばいいと思ってました。辛さは自分にしかわからないんだから。けど、そんな単純な事ではないんだね。忘れられた側の気持ちとかね。それぞれの立場で、言い分があり、それが間違いだとは誰にも言えない。
    高原の言葉にすんなり納得。私もそう思うよ。善悪では割り切れない事もあるよね。

    ホラー文庫だけど、怖くはないです。ただ切ない。
    積んでる間に続編出てたんですね。それも納得の面白さです。急いで読まねば。

  • ホラー小説として受賞しているけれど、読んでみるとホラー小説とはとても思えなかった。
    かえってホラー小説として銘打ったことで読者層を狭めてしまっているのでは?とも感じた。
    「記憶屋」と呼ばれる記憶を消す能力を持つ怪人。
    本気で「記憶屋」に依頼しようと思っている人間以外は、たくさんある都市伝説のひとつだという認識しかない。
    もちろん信じてもいないし、何よりも依頼したことのある人間の記憶も消されてしまうので証言もない。
    遼一は「記憶屋」が都市伝説ではないことを知っている。
    何故なら「記憶屋」によって消された記憶の中に自分に関する記憶も含まれていたからだ。
    昨日までは親しげに話していた人から突然「知らない人」扱いされた衝撃は、たぶん想像できないほど悲しく悔しく無念なことだろう。
    遼一は幼なじみの記憶を、大好きだった人の記憶を消し去った「記憶屋」を肯定することができない。
    どんなに辛い記憶であっても、そのひとつひとつが生きてきた標であるからだ。
    記憶とはいったい何だろう?
    辛い経験が次へのステップになることもある。
    哀しい出来事がそれからの人生を大切に思うきっかけにもなる。
    でも、自分ではどうにもできない理不尽な目にあった人にとっては。
    生きていくことが辛くて、耐えられなくて、こんな記憶さえなかったら生きていけるのに。
    記憶が前向きに生きていく邪魔にしかなっていないものなら、「記憶屋」にも存在する意味はあるのだろうか。
    途中までは答えが出ないまま読み進んでいた。
    とくに、高原をめぐるエピソードには心を動かされた。
    自分を忘れて明るく生きていってほしい。
    自分を忘れずにいつまでも憶えていてほしい。
    どちらも本心で、だからこそ良いも悪いも言えなくなってしまう。
    だが、最後まで読んで残ったのは「記憶屋」の未熟さだ。
    記憶を消すことの怖ろしさや重大さを理解せずに能力を使っている。
    能力を使わなければ何のために与えられた能力なのか。
    「記憶屋」としての存在を自身が納得し肯定するために他者の記憶を消す。
    依頼されれば調査をし、納得できたものだけを消していると。
    それだけを聞くと正しいことをしているようにも錯覚する。
    それならば、自分に対して厳しくなければ意味がない。
    自分の歪んだ想いのために望んでもいない人の記憶を消した時点で、「記憶屋」としての資格を失っているように思う。
    ボロボロに疲れ果て「記憶屋」によって傷つけられ悲しんでいるようすを目の当たりにしながら、それでも自分の気持ちを優先させる。
    そんな人間に「記憶屋」としての存在意義を語られても説得力がない。
    題材はとても興味深いものだった。
    だから余計に「記憶屋」としての未熟さが残念に思えた物語だった。

  • 忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人?記憶屋をめぐる話。

    人は本当に辛い体験をした時、記憶障害に陥ることもある、らしい。それは、自分を守るためのギリギリの選択なのだと思う。
    今回のお話、2つめの弁護士のエピソード以外はそんなに大層な理由じゃないので、いまいち共感しにくくて、正直自力でなんとかしろよ、と思ってしまった。

    辛い記憶を乗り越えて生きていくのか、最初からなかったことにしてしまうのか。どちらが正しいとは一概には言えないけれど…。

    渦中にいる時は辛くても、それを越えた時には笑って、あるいは苦い思いを抱えながらでも懐かしく思い出せる日が来るかも知れない。
    私自身消してほしいほどの記憶なんてないけれど、自分で乗り越える道を選びたいな。

  • 大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れてしまう。記憶屋など存在しないと思う遼一。しかし他にも不自然に記憶を失った人がいると知り、真相を探り始めるが…。記憶を消すことは悪なのか正義なのか?泣けるほど切ない、第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。

  • 消したい記憶を消すことができるとしたら、自分はどうするだろうかと考えさせられました。(by T)
    (866490/913.6/O/大学図書館書架)

  • まあまあ面白かった。弁護士の話はちょっと悲しい。続編もあるらしいので,続編では成熟した記憶屋の話が読めるのかもしれない。

  • どのエピソードも記憶屋に依頼してまで消したかった記憶とは
    何だったのかという事と、納得しきれない遼一の気持ち。
    弁護士のエピソードが一番優しくて切なくて感動した。
    記憶を消したい理由はそれぞれで、その事に関しては
    なるほど!と思ったんだけど、遼一がちょっとシツコイ?
    しかも最後がちょっとね・・・
    おかげで消化不良なんだけど、どうやら3巻まで読んで
    初めてわかる作りになってるらしい。
    これは、ちょっと無理かも・・・

  • 吉森遼一は先輩の澤田杏子が夜道を帰宅できないのを助けて色々なアイデアを試すが上手く行かない.ある日,突然杏子が遼一のことを知らない人と言い始めた.杏子の中で遼一の記憶が消えたのだ.そこで遼一は都市伝説として噂されていた「記憶屋」について調査を始めた.遼一には幼馴染の河合真希がいて,家も近所だ.遼一が調べると記憶を消された人が次々に出てきた.遼一自身も高原に絡む記憶を消された.最終的に記憶屋を突き止めた遼一だが,その追及の過程が楽しめる.次作がある由.すぐにでも読むつもりだ.

  • 主人公の遼一は大学生。同じ大学の先輩である杏子にひそかに想いを寄せていましたが、ある日突然、杏子は遼一のことを忘れてしまいます。
    遼一は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」の噂を聞き、その存在を確かめようと動き出します。
    ところが行動を起こしたとたん、遼一の周りで不自然に記憶を失う人々が続出。まるで彼が「記憶屋」の正体に近づこうとするのを阻むかのように。
    這い寄る恐怖。でも、もはや彼は引き返せない…

    つらい体験を乗り越えて、人生を渡ってゆける人もいる。
    トラウマに苦しめられて、それが出来ない人もいる。
    遼一は自身に問いかけます。記憶を消すことは、悪なのか正義なのか?

  • 事前の期待が大きすぎたのか、結末に不完全燃焼感。。。主人公が記憶屋の正体を追うあたりは引き込まれていき、最後まですっと読める。高原弁護士のエピソードは綺麗でグッときた。
    結末は、これはありきたり過ぎてないよなーと、最初に想像したものだったので、なんだか物足りなく感じた。

  • 全部読み終える10ページくらい前がドキドキの最高潮でした。まさかまさかまさか。ホラー小説と書いてあったから常識では考えられないフィクションがあるのだろうとは思っていたが、こうなるとは。忘れたい記憶を消す。忘れた本人は楽かもしれない。でも忘れられてしまった人は?高原先生の言葉が印象的でした。私ならどうするだろう。このお話は続くのか。最後の1ページ。喪失感から出たようなため息が出た。
    h29.5.15

  • 面白いからと貸してもらった本。

    読み口はライトノベルだけど、良かった。
    イヤな記憶が消えて、めでたしめでたしかと思いきや、記憶を消したことで別人のようになってしまう、そのことに傷付く人間もいる、と。

    当初は記憶屋によって記憶を消された人間は三人いると出てくるのに、なんか巻末では、記憶が消えていた人間がワサワサ(笑)
    そういう意味のホラーなのかしら。

    肝心の記憶屋の正体をどう思うか。
    とりあえず続きは気になる。

  • 頼めばつらい記憶を消してくれる”記憶屋”という都市伝説をめぐるお話。図書館で借りたんだけど、表紙を見たときのラノベ感どおり(笑)や、ラノベを否定する気はないけども…「うん、ライトだな」という感想^^; 記憶屋という設定自体は悪くないんだけども、誰もかれも本当に消したいほどに切実な”つらい記憶”とは思えず…。共感できないので感動もできないというか…まぁ記憶屋はつらいんだろうな、とは想像できるけど。ていうか、検索してパート2・3が出てることに驚いた。

  • 記憶を消してくれる記憶屋
    忘れたい、なかったことにしたい記憶なんて沢山あるけど、
    それを忘れることによって、大事な人達もことも忘れてしまう
    記憶屋は正義なのか悪なのか

    ライトノベルだと思って軽くみてました
    ごめんなさい
    面白かったです

  • 帯にさぁ、「最高に感動する」とか書いてあるから・・・
    こういう余計な煽り、やめたほうがいいねw

    掴みは悪くなかったんだけど、読み進めるうちにだんだん退屈になってしまった。

  • 東京の立川を舞台にしたホラーミステリー小説。主人公の男の子が1つ年上の先輩に恋をするもある時記憶屋という都市伝説によって本当に記憶がなくなった彼女。そして自分の事も忘れられ原因を突き止める。
    人間は『記憶』があるから存在する。
    ただの思い出や勉強した事だけが記憶なのではなく、自分が自分の存在を意識して認めるのも記憶があるからである。
    記憶を他人によって消されたら、消された事も覚えてないにしてもそれは違う気がする。

  • ラストはそっちを選ぶのか、と切ない気持ちにはなりました。ホラーではありませんでした。

  • 記憶を消してくれる記憶屋が本当にいる世界の話。いやな記憶、思い出したくもないことを消してくれるというのは一見すごく魅力的。私も消したい記憶はひとつふたつじゃないのでいたらいいなと思いましたが読んでいく内に、消すということは自分だけのことじゃないかもしれないんだとだんだん実際にいたら少し薄ら寒くなりました。ただ話としては、最初は気になってどんどん読み進めたんですが正直最後の最後迄追いかけ続ける描写が続いてしまうのでもう少し記憶屋側の描写を多く書いてほしかったような気もします。

  • 記憶と向き合うのがいいのか、
    辛すぎるのなら目を背けてもいいのか、
    難しい。
    主人公の考えはエゴなのかどうなのか
    この先の続編を読めば作者なりの答えが書かれているのだろうか。

  • 記憶を消してくれる記憶屋は都市伝説ではなく実在する。その正体は⁈
    描かれている消したい記憶が、どれも共感出来るほどの強さがなく、今一つ…。若さ故の安易さ、なのか?

全87件中 1 - 25件を表示

記憶屋 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

記憶屋 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

記憶屋 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

記憶屋 (角川ホラー文庫)の作品紹介

もしも「記憶屋」が、つらくて忘れたい記憶を消してくれるなら、あなたはどうする――?

夕暮れ時、公園の緑色のベンチに座っていると現われ、忘れたい記憶を消してくれるという怪人、「記憶屋」――。大学生の遼一は、そんなものはただの都市伝説だと思っていた。だが互いにほのかな想いを寄せ、一緒に夜道恐怖症を乗り越えようとしていた先輩・杏子が「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れ去ってしまう。まさかと思う遼一だが、他にも周囲で不自然に記憶を無くした人物を知り、真相を探り始める。遼一は、“大切なものを守るために記憶を消したい”と願う人々に出逢うのだが……。

「記憶」を消せることは、果たして救いなのだろうか――? 
そして、都市伝説の怪人「記憶屋」の正体とは――?

衝撃的で切ない結末に、きっと涙こぼれる。
二度読み必至の青春ノスタルジックホラー!


★第22回日本ホラー小説大賞 読者賞受賞作★
書店員さんの支持No.1!! 「泣けました…」と感涙・絶賛の声、続々!!

・ノスタルジックホラーの名作になる予感がします。泣けるホラーとして推したいです。
――中目黒ブックセンター 佐藤亜希子さん

・一ページも目をそらすことのできない心のゆさぶられかたでした。
――オリオン書房 所沢店 高橋美里さん

・ミステリー要素も濃密でとても自分好みの作品でした。
――TSUTAYA 三軒茶屋店 栗俣力也さん

・恐怖感やせつなさ悲しさなどいろんな感情がこみあげてきました。
――八重洲ブックセンター 本店 鈴木貴之さん

記憶屋 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする