僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)

  • 924人登録
  • 3.93評価
    • (64)
    • (118)
    • (71)
    • (4)
    • (1)
  • 56レビュー
著者 : 三部けい
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036754

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

  • リハビリを開始した悟はついにアイリと再会する。
    記憶が取り戻せず、もがき悩んでいた悟は、アイリとの出会いをキッカケにかつての自分を取り戻すことはできるのだろうか?
    そして…アイツも動き出して!?

    アイリとようやく再会! とはいえ、過去が変わっている今となってはアイリは完全に他人のようで、記憶もないみたいだけど。
    とりあえず彼女との接触で断片的とはいえ記憶を取り戻しはじめた悟の巻き返しが気になる。けどその一方で犯人もしっかり悟の動向を探っているのが怖い。
    お母さんの暖かなモノローグがいつの間にか犯人のにシフトチェンジしてて本当にゾッとしたし。
    花火大会が決戦の場になるんだろうか? 先が気になる。

  • ちょっと中だるみかな。
    話のめだまがなかった感じ。

  • 「もしもあの時ああしていれば」が意図せず実現する、タイムリープ・サスペンス。

    最初はどっかで聞いた事ある設定だな~と思って読み進めてたけど、ヒントがほとんどない中で過去をどう修正するか手探りするしかない緊張感、くじけそうになる主人公を勇気づける台詞づかいの味わい、狡猾で利己的な犯人と予想外に振り回される急展開が読み応え満載だった。

    アイリとの再会、記憶の復活、忍びよる犯人との対決が次巻からのイベントになるんだろうなと思いつつ、小ぎれいにまとまらない、助手席ドボン級の衝撃がもう一回ないだろうかと期待してしまう。細かい事いうとおかしくないかという点もあるけど、懸命に運命を変えようとする主人公が困難を乗り越え、平和に暮らせるようになってほしいと思わせる当たり作。

  • 文句のつけようが無いくらいに面白いです。
    悟は段々と過去の事を思い出し始め、真犯人にたどり着こうとする中、真犯人もまた自分の過去との因縁に決着をつけるべく悟を殺しに行く模様...
    いよいよ最終決戦!!
    色々なことがあったけど漫画史に残るやもしれない名作のラストの立会人に慣れる事を僕は誇りに思います。

  • 毎巻毎巻読み応えがある。
    毎巻毎巻登場人物が誰かのことを想ってる熱さが好きだ。
    ノイタミナ枠アニメにも期待!

  • 先輩に「最近オススメのマンガありました?」と聞いて出てきたマンガです。1月からアニメ化、3月に藤原竜也主演で映画化される話題作のようで、最新7巻まで一気読みしました。

    …が、私の評価は辛口です。
    過去に戻ってしまうループ設定は最近よく見かけるし、6巻までが第1章のような感じなのですが、その展開にそこまでの意外性はなく、推理小説好きなら先読みできてしまいました。
    人間性とは何かというような哲学めいたものを描写しようとしている箇所はありますが、どこか流行を追っているような印象を受けてしまいました。

    とはいえ、一気読みしてしまうストーリー展開は上手だと言えるのだと思います。

  • 37話目では戦慄がはしりました。やっぱり…凄い。悟と先生とでは方向性は真逆だけどエネルギーは同等なのかな。1巻から読み直したい。

  • 愛梨を見つけることにより、記憶を取り戻した悟。

    真犯人との最後の攻防が楽しみだ。

  • 眠り続けた悟が目を覚まし、失われた記憶も少しづつ思い出していく。リバイバルのことは、まだ思い出せないがアイリとの接触で何かを感じはじめた。
    そして悟の目覚めとともに、なりを潜めていた犯人の殺人への衝動も目覚めてしまう。
    それにしても、犯人と澤田さんとの絵って似てますよね!?

  • 1~7巻まで一気読み。

    前巻に比べると、ストーリー的に勢いが落ちる気がするなぁ。
    登場人物は真犯人を探している訳だけど、読者はもう既に知っているのだから。
    早く気付けーー今回のルートは、悟が望んでいた未来だろうか?

    死ぬ予定だった友達は死なずに済んだ、
    母親も今の所殺されずに済んでいる、アイリとは全く接点がない状態。

    今の真犯人の不穏な動きからすると、
    またもや同じ結末が待っていそうな気がして、気が抜けない!

  •  ぐっと溜めた一巻。そして、ここで愛梨との記憶、彼女が悟に与えた気付き、希望の言葉が重要な意味を持ってくるのは、心憎い。

  • 悟が目覚めた事により、犯人もまた目覚めた… そして魔の手が悟たちに迫る! あのモノローグには唸るしかなかったわ… 名前が違うし職業も違うアイツはアレからどういった道を歩いてきたんだろう。負けるな悟たち!

  • ようやく出会えた「AIRI」。またすぐ混沌としてしまうけれど(^^;;
    悟の記憶を辿り「僕の記憶」とリンクする事はあいつに辿り着くための最善の道だ。しかしアイツの魔の手はすぐ近くまで伸びていた。母さん、ピンチ!

  • 「僕だけがいない街」の意味がようやく明らかに。ものすごく考えられ、計画的に描かれた漫画だということに改めてびっくり。悟が回復したことを喜ぶ八代の描写が怖すぎます。

  • 物語の最初から出てきた「先生」の正体。まあ、そんな気はしていたのだけれども。ただ、著者は顔の描き分けが微妙なので、15年後の世界での顔が誰が誰やら。「先生」と、サチコの元同僚のルポライターが同一人物に見えてしまって、一瞬ビックリした。基本的に髪型と服装でしか判別がつかないので、議員の格好からラフな格好に変装するシーンでは、完全に別人に見えてしまって混乱。ストーリーは面白いので、ホントそこだけもうちょっと頑張ってくれればなぁ。

  • 5、6巻をまとめ読み。
    予想外の展開。

    今までの流れを汲みつつ、主人公の能力をうまく使って展開された感じ。主人公の立場からすると苦しくもあるが、それが逆に良かった。とにかく予想外。

  • 続きが気になる。

  • 少しじつ記憶を取り戻していく主人公
    そして、犯人は意外と近くに潜んでいて、主人公のことを狙い始めた
    リハビリって時間かかるんだね

  • ちょっと引き伸ばしすぎ感を感じたが、クライマックスまで我慢。8巻で一気に決めてしまおう。

  • 病院で偶然会った愛梨。
    愛梨に会った事で突然あふれ出した記憶。
    まだ自分には取り戻さなきゃいけない記憶があると
    認識した悟は俄然リハビリに力を入れ始める。
    二つある悟の記憶。
    悟が目覚めた事で動き出す真犯人。
    真犯人は次の行動に出るが……
    次でどう決着が付くのか楽しみ(〃艸〃)ムフッ。

    どうでもいいけどアニメOPのアジカン「Re:Re:」凄くいいヾ(≧▽≦)ノ 
    これも"リバイバル"って事になるよね!(b^ー°)

  • 何気なく聞いていたあなたの足音だったけど、長い長い時を経て、今日聞こえてくるあなたの足音が教えてくれた
    「何気ない日常」こそが「宝物」なのだと

    足りない「何か」を埋めていくのが人生だ

  • 1~7まで一気読み。
    時をさかのぼるいわゆるリピート物。
    好きな時、好きな場所に戻れるわけでは無い事、過去と現在にわたる事件に巻き込まれている事により、ドラマティックな内容になってます。
    母や友への想いや、ヒーローへの憧れなど色々盛り込まれていて飽きさせない。
    絵柄もすっきりとしていて見やすいです。

全56件中 1 - 25件を表示

僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)の作品紹介

リハビリを開始した悟はついにアイリと再会する。記憶が取り戻せず、もがき悩んでいた悟は、アイリとの出会いをキッカケにかつての自分を取り戻すことは出来るのだろうか?そして…アイツも動き出して…!?

僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする