九十九怪談 第七夜 (角川文庫)

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 木原浩勝
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041038048

九十九怪談 第七夜 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズをはじめて購入。
    個人的にはそこまで怖く感じませんでした。
    収録されているお話も怖いよりも不思議なお話の方が多かったです。

  • 他に読んでいる長編のものと並行して、合間にちょくちょく読み進める。短編だし読みやすいので、暑い夏のお供にぴったりです。

  • 眠れなくなる

  • 2016/06/21

全4件中 1 - 4件を表示

木原浩勝の作品

九十九怪談 第七夜 (角川文庫)の作品紹介

自衛隊駐屯地の兵舎内トイレから夜半に響く銃声。工場の無菌室の床から生えてきたものとは? 日本全国で起きた恐るべき怪異の数々! 読むと朝まで眠れなくなる、本当にあった怖い話99本!!

九十九怪談 第七夜 (角川文庫)の単行本

九十九怪談 第七夜 (角川文庫)のKindle版

ツイートする