女が、さむらい (角川文庫)

  • 39人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 風野真知雄
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041038253

女が、さむらい (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長州藩系の良家のお嬢さまが女だてらに剣術をモノにしていて…系。
    で、お年頃なんだけど、親が決めた許嫁には興味が持てず、好きにしている間にいろんな騒動に巻き込まれるわけだ。

    今回は名刀:村正絡みでお嬢さまは薩摩藩やら江戸城御庭番やらと知り合って、ちょっと気になる人もできました…ってところで終わっていました。

    たぶん続編があるな。
    読みやすいけど頭に残る話ではないので、ちょっとした時間潰しの娯楽に良さそうなお話でした。

  • 風野真知雄 著「女が、さむらい」、2016.1発行です。著者の本は「くノ一」を読んだことが(読みかけたことが)ありますが、その時は失速しました。今回は最後まで読了しました。シリーズのようなので、第2巻も読んでみようと思います(^-^)妖刀村正、名刀正宗にかかわる女剣士の物語です。

  • 今一だろうな と 思って読んでたんですが
    やっぱり いまいち・・・
    ここに出てくる人物は ほぼ現代人ですね。

  • 新シリーズですね。続きが楽しみ。

  • 2016.7.7

  • シリーズ第一弾
    強い女が二人!、そしてだらしない男と妖刀村正、幕府と倒幕勢力、内部での対立も含めどうなるのか!江戸の有名道場も絡んでくるのか?

  • 隕鉄から作った刀って、睦月さんの小説にもあったような?

  • 2016年1月刊。文庫書下ろし。シリーズ1作め。女性剣士が二人登場し、妖刀村正にまつわる事件が動き出す。伝奇もののような、面白そうな登場人物と展開です。次巻が楽しみ。

全8件中 1 - 8件を表示

女が、さむらい (角川文庫)のその他の作品

風野真知雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女が、さむらい (角川文庫)はこんな本です

女が、さむらい (角川文庫)を本棚に登録しているひと

女が、さむらい (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女が、さむらい (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女が、さむらい (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

女が、さむらい (角川文庫)の作品紹介

近頃、男が弱くて仕方がない――平和が続く江戸で千葉道場の筆頭剣士となっていた秋月七緒。
長州藩邸用人の娘である彼女は、親に強制された縁談の席で強盗事件に遭遇。犯人を成敗し、瀕死の男・猫神創四郎を助ける。
惹かれ合う二人だが、猫神の正体は、徳川家に不吉を成す刀<村正>に纏わる密命を受けたお庭番だった!
江戸では、刀に関する事件が頻発しており……。

私が貴方の剣になる――。
強く美しき剣士と、剣術を失った腕利きお庭番の出会いが波乱を巻き起こす!

これが風野真知雄の真骨頂!

ツイートする