プランダラ (4) (カドカワコミックス・エース)

  • 30人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 水無月すう
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041039137

プランダラ (4) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いわゆる過去編に入ったわけど、実際まだ300年前のメンバーが3人?しかでてきてないし、議会は現象というか空から落ちてきた異星人(オーパーツ?)。
    300年という月日でまるで現代が中世ぐらいに変わる出来事がこれから起こるんだと思うと楽しみデスね。

    あとはなぜ過去の人間が未来にたいして攻撃するのかも気になりますね。
    未来にいる人間が過去の人間をどうにかするってのはよく見ますが。そこらへんも『議会』と『300年前』が大事になってくるのかな?

全1件中 1 - 1件を表示

水無月すうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

プランダラ (4) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

プランダラ (4) (カドカワコミックス・エース)の作品紹介

上司から戦闘時の規則破りを指摘されたジェイル。部下の命を救う条件、それはリヒトーの逮捕!ジェイルの気持ちを悟ったリヒトーは逮捕されようとするが、逮捕を阻止しようとしたナナは“ある力”を発動した…!!

プランダラ (4) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする