望み

  • 887人登録
  • 4.01評価
    • (89)
    • (137)
    • (70)
    • (8)
    • (0)
  • 135レビュー
著者 : 雫井脩介
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041039885

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

望みの感想・レビュー・書評

  • 自分の家族が行方不明になり
    関連していると思う殺人事件が起きる。
    加害者なのか被害者なのか分からず
    ネットで色んな憶測が飛び交う中
    加害者のわけがないと信じるか?
    でもそれは死を意味すること…。
    加害者としてでも生きていて欲しいか?
    どちらにしても不幸で
    事件とは無縁に普通に生きられることのありがたさを思う。

  • 少年犯罪、犯人とされた少年の余りにも悲しい人生の最後、加害者家族の苦しい胸の内、人を殺しても生きていてほしいのか殺されてしまったほうが良いのか、それで望み通りのこととなるのか、殺された少年の身内、友人、加害者とその家族が果たしてどういう気持ちになるのか、追うマスコミへの対応、ネットの掲示板や情報に嘘か真実か錯綜し、翻弄されたり、様々な思いが交錯しその狭間で苦しんでしまう気持ちなど、様々なことを考えさせられた。被害者家族、加害者家族の苦しい思い、潔白を証明したい思い、命の重さも感じられる。

  • 重くそして苦い。
    心情に訴える作品。

  • 帰ってこない息子。
    加害者なのか、被害者なのか。
    どちらでも、状況は最悪。

    先が気になって、一気に読めますが、どうにも暗い気持ちになりました。

    私には子供がいなくて良かったとつい思ってしまう。

  • 本を読んで久しぶりに泣いたぞ。

    「生きていてほしい」から加害者でもいい、と思う気持ち。
    「息子を信じる」からこそ被害者になっている、と思う気持ち。

    どちらも否定できないよ、親として。
    辛すぎる、親として。

  • 殺人事件が起こり、自分の息子がそのグループに関わっている事がわかった家族の葛藤。
    息子は加害者なのか、被害者なのか。

    自分の立場、家族のこれからを考え、息子が被害者であることを望む父親。
    加害者であろうとも生きていてくれることを望む母親。
    自分の未来のために、兄が加害者であっては困る妹。

    父と母の気持ちを交互に描く展開のため、結果に至るまでには助長気味ではありましたが、終わりが来るのは正直怖かったです。

    生きていて欲しいけれども自分の子供は信じたい。
    だからこそ、加害者なんだと信じこもうとしている母親が辛かった。
    どちらの立場も有り得ることだし、真実にたどり着くまでの時間こそがこの物語のキモだと思いますが、キツイです。

    高一の子が、夜帰宅しないことを、もう少し気に留めていたら、違った展開になったかもしれないのでは、と、これは物語のテーマにはそわない意見ですが、その時期を無事終えた親としては思わずにはいられません。

  • 被害者なのか加害者なのか。 鋭い視点のストーリー。 人間って結局自分が一番大事なのよね。 ある意味考えさせられた。

  • 被害者でも加害者でも、どちらもイヤですね。ただ、親として子どもを信じていてあげたいです。

  • ああ、予想と逆の展開だった。色々思い悩んでいたことが突然ブツッ、と断ち切られた感じ。逃亡者が二人で行方不明が三人。自分の息子は加害者なのか被害者なのか…どちらも絶対嫌だと思いながらも、やっぱり…生きてて欲しかった…。
    被害者側、加害者側どちらの気持ちも味わった気分。どちらになっても地獄なのに、世間の好奇の目にさらされて二度殺された気持ちになる。読んでてつらかった。

  • 長男が帰宅せず事件に関連していることがわかるが・・・

  • 2017.5.24. 中高生に必読書に家族の思いを知ってほしい。

  • どちらの結果でも辛い究極の選択の中に置かれたら、気がおかしくなると思う。気丈になんて振る舞えないな。同じような年の子供がいるとリアルさが増して自分ならどう思うかを考える。究極の選択

  • 建築家石川一登とその妻貴代美、高1の息子規士と中3の娘雅。

    平和に暮らしていた4人家族。
    しかし、ケガによってサッカーを奪われた規士は外泊をするようになり、そして、行方不明になった。

    同じ頃、ある事件がおこる。
    乗り捨てられた車のトランクにリンチによって死亡したと見られる少年の遺体。
    その車から2人の少年が逃走するのが目撃された。
    事件から行方不明になっている少年は3人。

    事件発覚からたった数日間の物語だけど、SNSでは、根拠のない噂がとびかい、瞬間を撮りたいマスコミの人々の容赦ない取材。顔の見えない人々からの嫌がらせ。
    家族は、何の情報もないまま翻弄される。



    息子は加害者なのか、被害者なのか。

    加害者であれば、殺人者。
    被害者であれば、死んでいるかもしれない。


    母親は、加害者でもいいから生きていてくれと願う。

    父親は、息子の無実を信じる。

    妹は、犯罪加害者の妹にはなりたくないと願う。


    なんて、切実な、苦しい願いだろう。
    自分なら…と考えてしまう。

  • 2017/05/04
    移動中

  • 設定や序盤の展開は面白いと思ったのですが、その後がなかなか進まない。
    1つの謎でラストまで引っ張ったのはさすがに冗長に感じました。

    疑心暗鬼になっていく家族と明かされる真相、そこからの感情の変化は読み応えがあり。

  • 親として身につまされる。ただ、自分が子どもの立場だったら、信じて欲しいと思う。
    事件の報道を目にするたびに思うのは、無関係の人たちの「義憤」もどきの八つ当たりの醜さ。それがないだけでずいぶん生きやすい世の中だろうに。自分も犯罪者になっていることを自覚させるべきだろう。

  • 殺人を犯し逃走した少年グループに、自分の息子が加わっていた。行方不明の少年の中に被害者がもう一人いるという。息子は殺人犯なのか、それとも被害者として死んでいるのか…。二つの運命に翻弄される家族の物語です。どちらに転んでも不幸しかない未来に、父は息子の矜持と家族の将来の為に正義を信じ、母はどんな苦労をしようとも息子の生存だけを祈りました。どちらが間違いでもなく、二つに分かれた両親の想いはそのまま息子への愛情だったのだと思います。私は第三の結末を祈りながら読みました。苦い後味です。

  • ごく普通の家族のごく普通の高校生の息子。
    怪我をしてサッカー部を辞めてから、謎の行動が多くなった息子がある日突然失踪。

    息子の友人が殺害され、犯人と思われる少年が二人逃亡。息子を含めて三人が行方不明。

    息子は加害者なのか、被害者なのか。

    父はもし息子が加害者だったら自分の仕事が全てダメになると嘆き、妹も自分の未来を悲観する。

    母はもし息子が加害者だとしても生きていて欲しいと切望する。

    冷たい世間の目、しつこいマスコミ、やりきれない結末。
    重い重い話だった

  • やりきれない結末ではある。
    どちらに転んでもやりきれない結末にしかならない物語だったが、事件の謎解き、誰が犯人なのかということを推理する作品ではない。
    家族が事件に巻き込まれた時、家族が遭遇する、外を取り巻く環境と、内面の精神がさらされる嵐。

    母は、人を殺していても、息子が生きていることを望む。
    母性とはそういうものだ。

    父は、自分たちが人殺しを育ててしまったという事実を肯うことはできない。

    妹は、身内から犯罪者が出たとしたら、自分の人生はどうなるのかを心配する。

    はたして、行方不明の家族は、被害者なのか加害者なのか。
    どちらを望むかと言われれば、どちらも望まないのだが、その選択は無い。
    どちらを望んだとしてもそれは『望み(希望)のない望み』だ。

    ていねいに、細やかに描写され、誰の気持ちも分かるだけに、結末が近づくのを恐れた。
    マスコミの迷惑さは、いつものことだが、それよりも悪質だと思うのは、何も分からないうちから犯人を勝手に決め付け、自宅に玉子を投げつけたりペンキを吹きかけたりした輩だ。
    明日には自分の軽犯罪を反省することもなくけろりと忘れて次の興味の対象に湧いてしまうのだろう。
    ストーリーに直接関係は無いが、そんなことも考えてしまった。

  • なかなかスリリング

     ユニークな物語だ。ミステリーというより、揺れる親の気持ちがテーマだ。行方不明の息子の本当の姿として、息子父は死と引き換えの被害者を、母は生と引き換えの加害者を期待する。どちらも苦渋の選択だ。

     待つ身の辛さが全体の場を支配する。それがピークを迎えるころ、物語は唐突に終わる。本当に唐突で無慈悲なエンディングだ。私はこの終わり方があまりフィットしなかったけど、これ以外の終わり方も想像できないし、犯人の家族という風景が斬新だったからよしとしよう。

  • 泣けました。加害者か被害者か。加害者であったとしても生きててほしいと思う母の気持ち。すごく伝わりました。なんともせつなかった。心理描写がよくかけていた。

  • 書誌などでも評価が高いので読んだが、正直自分には評価2でも多いくらいだった。
    どこかで聞いたような内容をしつこい程の言葉の羅列で繰り返していく小説。

    主人公が加害者になるか被害者になるか…。ここまで書き込まないと想像できない世界だと思わないし、時折出てくる断定的な物言いにも辟易。

    ナイフの件はミスリードすれすれだし…。

  • 人間は身勝手だなと思った。

    被害者でも、加害者でも、その後の人生は、重く、苦しいものとなる。
    本人にとっても、本人を取り巻く周りの人達にとっても。

    事件は、巻き込む側の人生も巻き込まれる側の人生も狂わせる。

    些細なすれ違いが思いもよらぬ結果をもたらすこともあるのだと、考えさせられた。

  • 息子が外泊をして帰って来ない。
    そのタイミングで、近所で事件が起こる。息子が巻き込まれているか心配していた両親、巻き込まれているのはほぼ確実という状況で、加害者側なのか、被害者側なのか、両親はどちらを望んでいるのか。

    この葛藤と息子を信じる気持ち、とても感情移入できた。自分ではないのね、どうだろうかとも考える。読み始めは、加害者になるなら、被害者の方がいいかなと考えていたが、やはり生きてるのが第1なのかという気持ちにもなった。これは答えが出ない。


    ストーリー的にすごく映像化されそうだなと思った。

  • 夫婦二人の望みは全く別の方向を向いている。しかもそれらは、どちらを向いても望みなき望み。明るい光を放つものではない。二つの可能性の狭間で、望みなき望みの間で、心は翻弄され続ける。どうすれば良かったのか、いくら考えても正しい答えは出てこない。考えれば考えるほど奈落の苦境に落ち込んでいく。少しずつ明らかになっていく真実にも、悲しくただ受け入れるのみ。厳しい現実の前に人はどう向き合っていくべきなのか。深く考えさせられた。

全135件中 1 - 25件を表示

望みに関連するまとめ

望みを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

望みを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

望みの作品紹介

あの子は殺人犯なのか。それとも被害者なのか。揺れ動く父と母の思い――。

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(かずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。
息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。相反する父と母の望みが交錯する――。心に深く突き刺さる衝撃の心理サスペンス。

ツイートする