明日の食卓

  • 562人登録
  • 3.69評価
    • (26)
    • (75)
    • (67)
    • (3)
    • (2)
  • 89レビュー
著者 : 椰月美智子
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041048

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

明日の食卓の感想・レビュー・書評

  • ユウという子が虐待されているシーンから物語は始まります。


    そのあとに3人の母親と3人のイシバシユウくんが登場。
    母は年齢も環境もそれぞれ異なるのだけど、息子は同姓同名で同い年の3人。この中の誰が虐待をされるのか…?と思いを馳せながら読み進める。


    読み進めていると、3人のなかで留美子があれ?もしかして…。と感じたりするんだけど、結末は違ったなあ。


    でも母3人のそれぞれの葛藤もすごくわかって、子育てやしつけってほんとに難しいなと思う。
    子によって違うし正解もないし。


    自分も母になって思うことは、ほんと探り探りだしわかんないことだらけ。今はまだ赤ちゃんだからいいけど、話したり自分の意思をもったりしたら大変なんだろうなと思う。
    成長はうれしいけど、自分の思い通りにいかないことも多々あると思う。
    冷静に対処しなきゃと思ってもできないことも多いだろうし。


    でもそういう色々を乗り越えて、子供も親も成長するんだろうなーと考えてる。

    かっとなって一時の感情で叩いたり殴ったりすることは簡単かもしれないけど、自分は大人って言い聞かせて深呼吸して落ち着くことが大事なんだろうな。


    日常的に虐待が行われていたわけじゃないし、虐待死させてしまった母親も本当に我が子を殺すつもりなんてさらさらなくて、その時制御できなくていきすぎてしまっただけだって、思った。


    この事件を通して、同姓同名の子をもつ母親たちも我が子との関係だったりを見直したりして、少しよい方向に進めてるのが何よりだった。


    それにしても、結末は本当に意外だった!

  • この人の本はこれまで1冊しか読んだことがなくて、その印象はちょっと独特な世界観と文章を書く人・・・?だったので、これは思いのほか読みやすいと思った。
    話自体が自分の好きなミステリー調だったからかもしれない。

    この本は冒頭に「ユウ」という子供が親に虐待されている様子から始まる。
    そして、続く本文では「ユウ」という子供をもつ3人の母親の様子が入れ替わり立ち替り描かれていく。
    だから、最初にひどい虐待を受けて、もしかしたら死んでしまったかもしれない「ユウ」はこの3人の子供の内の誰なんだろう?となる。
    それこそがこの物語を読み進める原動力になり、ラストを知った時はちょっと作者のあざとさを感じてしまった。
    まあ、それはそれとして・・・読んでいてひしひしと伝わってきたのは女性であり、母親であることの難しさ。

    3人の女性の内、最初に登場する女性は経済的に恵まれていて子供も聞き分けが良い子で、彼女自身も子供が好き。とても幸せそうに見える。
    所が、いい子だと思っていた息子が友達を虐待しているという疑いがもちあがる。

    次に登場する女性はライターの仕事をしている女性で、ほぼ休業中だったのに、ある時次々に仕事が入って来るようになる。その頃、皮肉にもカメラマンの夫がメインの仕事を失う。
    彼女には2人の子供がいて、2人はいつもケンカをしていてヤンチャ。
    家はハチャメチャだし、失業したダンナはもう一人の子供のようで、仕事をしながら青筋を立てて仕事をする様は見ていても「これじゃ、気が休まらないわ・・・」と思う。

    最後に登場する女性はシングルマザーで朝、昼、夜、1日13時間仕事をしている。
    誠実に仕事に取り組む彼女は、子供2人とささやかながらちゃんとした暮らしをしている。
    それが絶縁状態だった実家とまた交流をもつことになり、ある事件がー。
    さらに、子供に同級生のお金を盗んだという疑いがもちあがる。

    最初は経済的に一番苦しい3番目の母親が一番しんどいし、大変だ・・・と思っていたが、話が進むにつれてその印象が変わっていく。
    もちろん、大変は大変だけど、それがまだ見えているだけまだましなのかも・・・と思った。
    何といっても彼女が貧困に流されず、とてもきちんとした考えをもって地に足つけて生きているというのが将来の明るさを感じる。
    それに比べて、最初の女性は習い事をするくらい経済的にゆとりのある暮らしをしているが、いつも現実から目をそらしている。
    子供にもダンナにもバカにされているが、その現実を認められない。
    そして、そんな彼女の行きつく先はー。
    2番目の女性はとにかく気持ちがよく分かる。
    こんな状況だったら「あーーー!!!」と叫んで何もかもメチャクチャにしたくなる。
    可愛くてたまらない子供なのに、ある時は憎いし、計算高い一面がチラッと見えたりもする。
    母親だからこそ分かるその感覚・・・。

    3人それぞれ、全く違う個性と人生を生きている女性で、共通するのは「ユウ」という子供がいるということ。
    実はどこかでつながりがある・・・というありがちなパターンもなし。
    だけど、3人とも自分なりに子供を愛して自分なりに必死に生きている。
    必死に生きているんだけど、それがいい方向にいくのかどうなのか分からない。
    そんな3人の明日の食卓はーどうなるのか?とタイトルを見ながら思った。
    例え貧しい食卓でカップラーメン、菓子パンひとつしかなくても、それを囲む家族の心がつがなっていれば幸せだし、もしかしたら食卓を囲む人がいるだけでも幸せなのかもしれない。
    だけど、そんな当たり前のことはあって当たり前とおざなりにしてしまいがち。
    本当に苦しくて泣きながら一人で食卓に向かってた時のことを思いだして、そんな見当違いの感想をもった。

  • 読みながら、これはよくあることなのではないかと、身につまされながら読み進めました。散らかしっぱなしでケンカ後ばっかりする兄弟、サイコパス(?)の優も全然いないことないと思います。ごく普通の家で起こりうること。現実はこれより厳しいかも。

  • 男の子2人になったらこうなるのかなぁ、小学生になったらどんな子に育つんだろう、、、など色々と考えてしまった本。
    子育てママにオススメ!特に男の子のママ。

  • 他人事とは思えない、ぞっとするような感覚。うちにもこんな時期があった。あの時、もし一線を越えてしまっていたら、取り返しのつかない事になっていた…。
    子育てしている沢山の人に読んでもらいたいと思う。
    この本に出てくるお母さん、皆、一人で頑張りすぎだよ。私もそうだったかもしれないけど…。

  • 【最近イヤミスばかりを欲し心が腐ってしまったシミズが読んだ人にだけ分かる配慮あるネタバレ】
    「加奈さーーーーーん!」

    【配慮のないネタバレ】
    加奈さんと離婚した英明は人生最大の過ちを犯したと言えよう。

  • 小学3年生の男児のいる3家族。男児は3人とも同姓同名のイシバシユウくん。
    それぞれの子育てがえがかれている。
    でも、イシバシユウくんは虐待死する。
    辛すぎる、一番最初でちょっと読むのやめようかと思った。

    子どもの小さい頃は、自分も通ってきた道だ、
    本当に偶然と幸運で今がある、ということを思わされた。
    もちろん、今も継続中。
    母であることはずーっと続く。

    寝ない、飲まない、食べない、泣き止まない、
    娘はそんな乳幼児だった。
    あの頃の私はホントにしんどかったよ、
    と今も思う。

    いろんな母が出てきたが、
    常軌を逸することは誰でもあることなのかもしれない、
    という怖さがヒタヒタとにじり寄ってきた。

    男がみんなダメダメだったけど、
    母がこうだとそうなるのか・・・
    やっぱり、みんなに元気で生きてほしいな。

    宗教にはまる母とサイコパスな子ども、優くんちが気がかりだけど。

  • 子育てをしている人は、似た感情を持つこと多いのではないかな。ヒヤリと。家族の問題はどの家庭にもあると思う、その一面(三面)を捉えています。
    母親は毎日頑張っていますよ〜。

  • 他人事ではないのかもしれない。
    特に二人兄弟の家庭の話。あるあるだよね。。。と思った。

  • ユウという名の子供を持つ3軒の話。途中暗い話が続くが、最後はいい話で終わる。ちょっと陰気な小説。

  • ユウという男の子が虐待で亡くなったという話のあとユウと同姓同名の息子をもつ3つの家庭の物語が描かれる。どの家庭にも問題があり、虐待ギリギリの状態になっていくので、どの家庭の母親が起こしたのだろうかとちょっとミステリーっぽくなっている。最後に答えは出るがそれよりも、とにかくこの3つの家庭の話が今の母親から見れば共感することばかりなのではないだろうか。そして父親のふがいなさ。最後に救われる話もあるがやっぱり気持ちはちょっと沈んでしまった。

  • 小学3年生ユウ君のいる三者三様

    ◆静岡の太一の実家を建て直し同じ敷地内に義母と同居するあすみ。レオン君の母から「優に怪我をさせられた」と言われる

    ◆やんちゃな悠宇と巧巳兄弟に振り回されるフリーライター留美子。仕事が増えてきたら夫のカメラマン豊の仕事が激減。プライドの高い夫は仕事も家事もしない

    ◆朝夕コンビニ、昼は化粧品会社と仕事づくめのシングルマザー加奈。クラスの子の給食費が無くなり勇の机から出てきたと連絡があった


    ◆どの母でも、どれがわが子でも、想像すると辛い…。そして出てくる男がみんなクズで泣ける

  • とりあえず 旦那さんが
    もーダメダメ
    意気地がなくて
    そのくせ プライドが高い

    ええ年して
    なに甘えてんえん
    としか 思えない
    浮気したり ふてくされたり

    生活っちゅーものはなぁ
    そんなに甘いもんじゃないねん
    と説教したくなります

  • 少し重い本です。

    冒頭で子供を虐待死させてしまった件からはじまり、その後、3つの家の子育て事情が書かれています。
    どこのおうちの事件だったのか?興味から3つの家の中に入り込んでしまいました。

    どこにでもありそうな家庭の事情。

    優等生の優君を育てるあすみ一家。
    義母の認知症と重なったうえ、優君はサイコパス的な少年。

    フリーランスで在宅で仕事をする留美子は、悠宇と2歳下の弟、巧巳のやんちゃぶりになかなかに負担が大きい。

    離婚により母子家庭になってしまった加奈と勇は、貧困家庭だけれども、親子仲良く一生懸命にくらしている。


    子供も子育ても家庭環境も人それぞれですが、書かれている内容は多少大げさだとしても共感してしまう部分もありました。

    子供はかわいいけれど、ある時、なんであんなに大人げない態度(手でも口でも)を取ってしまったんだろう、、ということはおそらく誰にでもありそう。
    だけど、子供が心底憎くてそうした態度を取ったわけではなく…と思うので…なんだかみんな幸せになればいいなと思いつつ一生懸命読んでしまいました。

    読後感がいいとは言えないのですが、興味深い1冊でした。

  • どんどん追い詰められていく3家族にハラハラした。ちょっと極端な気がしないでもないけれど、「絶対にない」があり得ないこと。
    男の子の名前が、おいっ子と同じというところでも、ハラハラでした。
    2017/4/4読了 2017年の20冊目

  • 作中での出来事、家族間での事件、子育ての難しさ、父親の協力、ママ友や学校の友達との関係、子育ての悩みを一人で抱え込んでしまうことなど、一見、普通のどこにでも家庭内で起こりゆることであり、他人事では済まされないだろうなとヒシヒシと伝わって来る。三つの家族の共通点が事件と大きく関わるかと思ったら、別の同名の子を持つ家族が出てきて、それに重ねてしまった留美子の気持ちが悲しくなってしまう。抱え込まずに余裕を持った子育てができるその中であって欲しいと願う。置かれた状況にめげずに前向きに子育てする勇の母親が良い。

  • どの母親が冒頭の殺人を犯すのかとハラハラしながら読み進めた。最後は希望も見える終わり方だけど、これから子供を産むのがこわくなるお話。

  • 同姓同名同い年の三人のイシバシユウくんのお母さんの話

    加奈さんと留美子さんはこれからなんとかなるなって終わり方だったけど、あすみさんのところは解決どころか別の問題が出てきてるよこれ…心配だ
    どの家庭も旦那さんがもうちょっと寄り添ってくれてたらちがったのにな

  • 別の場所で小学3年生の3人の石橋ユウを育てる3人の母の話。

    どの家庭も、少しずつ不幸に苛まれていき、母達はギリギリのところで子育てをしている。
    最初に提示されていた虐待しているユウの母親は誰なのかを考えさせる展開です。

    子育ては深い愛情と大変さの両方を持つもの。
    事件となってしまった虐待は、どこの家庭でも起こった事だったかもしれないと思わされます。
    子育て終了間近ですが、母達の気持ちは思い当たることもあり、興味深い読書でした。

  • 同姓同名の子供たち。
    ユウと名付けられた子供たちのうち、いったい誰が母親の手にかかってその短い命を終えたのか。
    推理と心理。
    恐怖と祈り。
    どうか、この子でありませんように。
    この母親でありませんように。

    怒りの持続時間はとても短いものだそうだ。
    そしてそれを暴力によって解決すると、人の頭はスッキリするようにできているらしい。
    だから暴力は繰り返されるのだと以前どこかで読んだ。
    それを知ったことで、子供を叩いていうことを聞かせてはならないと心から思った。
    いい加減にしろ、と手が出てしまった後のなんとも言えないスッキリ感と、その後から襲い掛かる苦々しい気持ちを私は確かに、今も、知っているからだ。

    あすみの子、優はまさに優等生。
    しかしレオンくんママの電話で、その評価は一変する。
    留美子の子、悠宇は兄と一緒になって大暴れ。
    とにかく全く言うことを聞かず、周りからの視線が彼女を追い詰める。
    加奈の子、勇はシングルの母を気遣う心優しい子。
    大変ながらも二人きりの生活を愛情深く育んでいる。

    それぞれの家庭の問題は、理解できるところ、共感できるところが多い。
    特に悠宇は息子と同じタイプで、母親の心労が自分と重なって辛く、同情溢れる。

    さて、結末はあまりに意外すぎて驚いた。
    あすみの家庭については全くもって予想外すぎて「その後」を何度も読み直した。
    加奈については物足りなかった。

    結末については疑問点が残るものの、母親の苦悩、父親の姿に現代日本の育児環境を強く憂えることとなった。
    一方で光一の母親は登場回数こそ少ないものの、「子どもを受け容れる」ことの大切さを感じさせる秀逸な人物であった。

  • +++
    息子を殺したのは、私ですか?

    同じ名前の男の子を育てる3人の母親たち。
    愛する我が子に手をあげたのは誰か――。

    静岡在住・専業主婦の石橋あすみ36歳、夫・太一は東京に勤務するサラリーマン、息子・優8歳。
    神奈川在住・フリーライターの石橋留美子43歳、夫・豊はフリーカメラマン、息子・悠宇8歳。
    大阪在住・シングルマザーの石橋加奈30歳、離婚してアルバイトを掛け持ちする毎日、息子・勇8歳。

    それぞれが息子のユウを育てながら忙しい日々を送っていた。辛いことも多いけど、幸せな家庭のはずだった。しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていく。無意識に子どもに向いてしまう苛立ちと怒り。果たして3つの石橋家の行き着く果ては……。
    どこにでもある家庭の光と闇を描いた、衝撃の物語。
    +++

    「ユウ」という名の子どもを虐待する母親の描写から物語は始まる。それに続いて、「イシバシユウ」という名前を持つ子どもを育てる三組の家族の日常が交互に描かれている。三組の家庭環境はさまざまで、抱える問題もそれぞれ違っているのだが、幼い子どもを育てる日々の大変さや慌ただしさには現実感が溢れていて、どこの家庭でも多かれ少なかれ経験があることと思われる。それが虐待へと繋がってしまうのは、ほんの少しのすれ違いや歯車のずれなのだが、渦中にある時には、とてもではないがそれに気づくことができない。客観的になれれば起こらないはずのことも、そのときにはそれが精いっぱいだということもあるのだ。世の中には、ほんとうに子どもが可愛くなくて虐待に走る親もいるかもしれないが、少なくともこの三組はそうではない。それなのになぜ、と痛ましい思いに駆られる。そして、ラスト近くに挟まれた「イシバシユウ」という子どもが母親の暴力によって死亡したという新聞記事。どの石橋家のことだろうと、胸がどきどきしてくる。このラストには、賛否両論あるところだと思うが、個人的には、ちょっとほっとさせられた。まったくの他人事と放り出せない切実さに満ち溢れた一冊である。

  • 母親目線の子育て系は苦手な上に三人も…としんどく読んでいたが、優の本性が見えたあたりから俄然面白くなった。キライじゃないよ、優。

  • 切羽詰まった母親たち。空恐ろしい話が描き出されている。 「息子を殺したのは私かもしれない」と母親が本気で思ってしまう。読み進めるうちに「誰であってもおかしくない」と思える。母親たちを追い詰めているのは社会?家族?子育て経験のある母親なら多少なりとも思い当たる節がありそうで。子育て期なんて過ぎてしまえばなんということもなく。「あの頃は可愛かった」だけが印象深く残っているものなのだけど。どうか母子とも無事に子育て期を過ぎてしまうことを祈ろう!

  • 美味しいご飯が出てくる話かと思っていたら全然違った。3人の母親の物語。苗字は全部「石橋」。そしてそこには9歳の息子「ゆう」くんがいる。そういう設定が好きじゃないからマイナスからのスタート。サイコパスの優くんの話は読んでて嫌な気持ちになるけど、そういう変な子もいるかもしれない。でも、悠宇くん巧巳くんの兄弟の話はあまりに大げさすぎて読むのがしんどい。加奈ちゃんの章が始まるとほっとする。勇くんがお母さんを守ろうとするシーンにはじーん、としてしまった。加奈ちゃんの夢を応援したい。

全89件中 1 - 25件を表示

明日の食卓を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明日の食卓を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日の食卓の作品紹介

息子を殺したのは、私ですか?

同じ名前の男の子を育てる3人の母親たち。
愛する我が子に手をあげたのは誰か――。

静岡在住・専業主婦の石橋あすみ36歳、夫・太一は東京に勤務するサラリーマン、息子・優8歳。
神奈川在住・フリーライターの石橋留美子43歳、夫・豊はフリーカメラマン、息子・悠宇8歳。
大阪在住・シングルマザーの石橋加奈30歳、離婚してアルバイトを掛け持ちする毎日、息子・勇8歳。

それぞれが息子のユウを育てながら忙しい日々を送っていた。辛いことも多いけど、幸せな家庭のはずだった。しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていく。無意識に子どもに向いてしまう苛立ちと怒り。果たして3つの石橋家の行き着く果ては……。
どこにでもある家庭の光と闇を描いた、衝撃の物語。


ツイートする