猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)

  • 239人登録
  • 3.73評価
    • (9)
    • (29)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 河野裕
  • KADOKAWA (2016年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SFファンタジーなんだけど、「能力者の集う町」という特異な設定自体が伏線として緻密に張り巡らされているミステリー。ドミノが倒れるみたいに次々と謎が解けてすべてが繋がっていく展開の巧みさにグイグイ引き込まれた。どことなく哲学的な感情描写や淡々とした中に温かみを感じる文体も好き。マクガフィンという言葉を覚えました。

  • 能力者の集まる街「サクラダ」
    ともすれば危険な能力者たちは「管理局」によってしっかりと管理され平和な日々が続くサクラダの中で起こるちょっとした事件のお話。(が今後続いていくと思われる)

    主人公は過去のすべてを記憶できる能力の持ち主の男子高生と、時間を巻き戻せる(リセットできる)女子高生。
    しかし女子高生は時間を巻き戻したことすら記憶を失うので、この男子高生とコンビを組むことで初めて能力が意味を持つといった仕組み。

    非常によくできたSF作品でありジュブナイルだった。
    そして決して大事件にはならずあくまで登場人物のなかだけで収束する事件を描くのは、「ハルヒ」から続く角川文庫らしい作風といえる。

    僕はこういうの大好きです。
    続きも読んでいこう。

  • 機会があって一巻をいただいたので、読んでみました。

    ちょっと村瀬さんの能力の仕組みを理解するのに細切れに読んでたのもあって?となったところもあったけど、面白かったかと。

    まだこの巻だけじゃ分からないところもあるので、折角なので続きも読んでみようかな。

  • 力を持つ事、使う事。その意味と責任。取り返せない事。
    きっと優しい事ばかりじゃないけど、それを求めて進む強さ。

    哲学的な雰囲気だけど、優しい物語なんだね。

  • サクラダリセット原作本第1巻。
    映画を観て基礎情報を知っているからさらっと読んでも設定がわかったが、これが最初だとキツイのではないか。映画を観て魅力を知らなかったら、読まなかっただろうし、挫折していただろう。春埼のところはずっと黒島結菜が思い浮かんだ。それほどぴったりだったということだろう。野々尾や非通知くんもいいキャラだった。連ドラとかがよかったな。アニメも気になる。とりあえず、映画のDVDが欲しい。
    このシリーズはかなり好きだ。

  • 雰囲気が好きだ。優しくなりたいと思う。尖っているときはサクラダリセットを思い出すようになった。

  • この頃アニメが放映されているので楽しく視聴しているのですがちょっとん?と思う所を補完するために読んでみました。まあでも私はアニメの出来は結構良いと思うんですけどね~ 構成とかも。

    革命家村瀬さんのお話からスタート。…確かにこれ、一話でやったらワケワカランだわ…。私はスミレさん?が好きなので物語の大分初期に居なくなったのにも関わらずその後の影響力が強い彼女の今後の活躍に期待中。でも今時点では故人なんですけどね…

  • 河野作品らしいキャラで気に入った。元がスニーカー文庫なので敬遠してたけどだいぶ加筆修正入ってるのかな?タイムリープものは戻った後の記憶があるかどうかが重要だけど、報告義務があったりして面白い。全部覚えてるなんて疲れるだろうな。

  • 登場人物の“能力”や、時間の巻き戻しがあるため、読み始めはかなり混乱した。けれども、読み進めるうちに面白くなってきた。
    リセットに影響を受けない人物が存在することで、リセット後(やり直し)の世界が微妙に変化していくのが、面白い。

    浅井ケイ、春埼美空などの会話が哲学的?で不思議な空気感。

    浅井ケイの一度見聞きした事を忘れない能力は、便利な反面、可哀想。人間は辛いことがあっても、徐々に忘れることで生きていける事もあるのに、忘れることができないという能力は残酷だ。

    本作だけで物語は一応の完結をみるが、引き続き、2巻以降も読んでみたい。

  • アニメを見て、ああこれは文章だったら耐えられるかなと思って読んでみた。もういいかな。

全30件中 1 - 10件を表示

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)に関連するまとめ

河野裕の作品一覧

河野裕の作品ランキング・新刊情報

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)の作品紹介

「リセット」という一言で、世界は、三日分死ぬ――能力者が集う街、咲良田(さくらだ)に生きる時間を巻き戻す少女・美空と、記憶を保持する少年・ケイ。繰り返す日常は、若者たちに何をもたらすのか!?

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)のKindle版

ツイートする