木島日記 もどき開口

  • 27人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大塚英志
  • KADOKAWA (2017年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042212

木島日記 もどき開口の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさか2017年になって新作が出るとは思わなかった『木島日記』。本書で完結編となる。
    文庫の新装版でひさしぶりに前2作を読み返し、新作に手をつけたのだが、一番驚いたのは文体の変化だった。前2作は良くも悪くも『漫画版を読んだ人』向けのノベライズという印象が強かったのだが、本書はシリーズの特徴を踏襲しつつも、『小説』として完結している。そこが一番の違いだろうと思う。
    ※どちらが良い・悪いという話ではない。

    ところで、旧版の単行本はどちらもハードカバーだったので、本書と並べるとちょっと統一感が無いのが残念。まぁ、この厚みの本をハードカバーにすると、重たくてかなわないのも事実なのだが……。

全1件中 1 - 1件を表示

大塚英志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木島日記 もどき開口はこんな本です

木島日記 もどき開口の作品紹介

「父を、殺しに行くのだ」

民俗学者・折口信夫の元に居候する美少女・美蘭がつけはじめた「明後日の日記」。そこには未来の予言が記されていた。大量の水死体発見、折口に依頼される謎の映画脚本、黄泉から蘇るアナキスト――。死者と生者が交錯する世界に、折口、美蘭そして仕分け屋のはずの木島までが巻き込まれてゆく。シリーズ史上最大の「仕分け」をするのは、折口の師・柳田國男。
挿画:森美夏

木島日記 もどき開口のKindle版

ツイートする